FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

平成31年度第55回卒園式

昨日は暖かな春らしい日差しの中、平成31年度第55回卒園式を全卒園児出席の下、無事に終えることができました。
新型コロナウイルスの感染を考慮して、例年と違う運営で式典を行いました。また3月上旬より卒園式前日まで自由登園ということもあり、園児たちも練習することなく今日の式に臨みましたが、それぞれの成長を垣間見ることができ胸が熱くなりました。
また先日のブログでも「手渡し」ということを触れましたが、人間の営みが見えにくいSNS等情報化の時代だからこそ、新しいスタートのお祝いとして、人間同士が相対で向き合い、言葉を交わして人間らしい形の式にこだわりました。
人間は言葉を話し、会話できる唯一の動物です。

私は壇上で卒園児一人ひとりに保育証書を手渡しながら、「頑張ってね」とささやきました。「頑張る」とは、誰かのためとか人と競うというよりも「色々なことがあるかもしれないけれど、自分の心に負けないで欲しい」という意味です。

式辞の中で園児達に「いのち」や「気持ち(心)」の大切さまた「小学校の楽しさ」を話しました。
「いのち」や「気持ち」はお金を出して買うことはできませんし、目に見えるものではありません。だからこそ価値ある尊いものです。
また人間が社会で生活していくうえで、必要不可欠な物であり、子ども達にその価値を是非体験を通して学び、知ってもらいたいと思います。
幼稚園同様小学校も楽しいところです。私は学校は楽しい場所であるべきと思います。「楽しい」というと誤解を生みやすいのですが、「学ぶ楽しさ」を知るところです。

保護者の皆さんには、園を温かく見守ってくださったり建設的なご意見をいただいたことへの感謝を述べさせていただきました。
台風15号によるポプラの倒木から新しいブランコの設置、認定こども園への移行、最後は新型コロナウイルス対応と思い出深い年度になりましたが、正直忙しい日々でした。そうした中で力をもらったのは園児の元気に遊ぶ姿、保護者の皆様の励ましまたスタッフの協力のお蔭と深謝しています。
ポプラの木をどうするかまたブランコの設置など、先の見通しがたちにくい中で、子ども達の遊び場として活用しようというコンセプトが心を奮い立たせてくれました。
処分してしまうのは、ある意味とても簡単ですが、良いチャンスとして前向きにできたのは、子ども達の常日頃の遊ぶ姿が大きかったと思います。

保護者の皆様には、僭越ながら本園同様、小学校も温かく見守って欲しいとお願いしました。
小学校の先生達も皆さん一生懸命教育に携わってくれていますので、建設的な意見ならともかくそれ以外でしたら、子どもと向き合う時間が少なくなり、結果的には子どもにとっても不利益です。
本園同様、いやむしろそれ以上に温かく見守ってあげていただければ、子どもさんにとっても何よりです。

2月末の音楽劇発表会実施については、スタッフでも色々な意見があったのも事実です。
私なりに考え、判断で行いましたが、席上話しの中で私事として大変失礼と思いながら、音楽劇をはじめ園の不備で園児が感染したら、私は園長を辞職するつもりでしたし、その時に備えて後任としてお願いする人とも面談したことをお話ししました。
もちろん、長としていつでも何かあれば責任はとるのは当然ですが、今回のコロナウイルスの対処は未知な情報も多いだけに色々悩みました。
式辞として内容あるお祝いの話を順序だててと思いながら、話し始めた途端にこの半年の色々なことが走馬灯のように脳裏によみがえり言葉を失い、結果的には的を得ない支離滅裂な話になってしまいました。この場を借りて深くお詫び申しあげます。

1年、2年または3年前の入園式式辞の中で、慈しんだ家庭を離れ、最初の社会生活に本園を選んでくださった保護者の皆さんに感謝のお話させていただきました。今日のこの卒園式まで「子どもとともに」を合言葉にスタッフとともに力を尽くしたつもりですが、もしかしたら十分お応えできなかったことがあったかもしれません。そう思われたら、それはスタッフの責任ではなく、私の責任です。
また他園のようにPTAといった保護者の組織がない中で、おやじの会をはじめ保護者の皆さんから有形無形の形で色々とご支援や協力をいただきました。心から感謝申し上げます。
子どもさんを通して、「ご縁」をいただけたことは、本当にありがたいことと思っています。
皆様の温かなお気持ちのお礼は、これからも園として「こどもとともに」を合言葉に、子ども達の最善の利益を第一に、教育方針を変えることなく、より質の高い幼児教育に向けて研鑽することだと思います。
どうぞ今後とも引き続きご支援ご鞭撻をどうぞよろしくお願いいたします。

DSC_0264 (800x533)
子どもさんの益々のご成長とご家族皆様のご健勝をお祈りいたします。
「いつも にこにこ お元気で」
「運動会・卒園生レース」や「オータムフェスタ・小学校3年生からはお手伝いもどうぞ」に顔を見せに遊びに来てくださいね。

DSC_0269 (800x532)
  1. 2020/03/22(日) 18:01:58|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

平成31年度音楽劇発表会

昨日は暖かな日差しの中、無事に終えることができました。当初予定から新型コロナウイルス感染対策を念頭に急遽運営を変更させていただきました。ご理解とご協力に感謝申し上げます。

今年も来賓をお招きしてご覧いただきました。
次年度以降の保育の質向上を見据えて、今回の音楽劇をテーマに幼稚園と小学校の学びの連続性の研究を念頭に元公立小学校長で現公立幼稚園園長のF先生や千葉明徳短期大学保育創造学科3名の先生(うち1名の先生には劇のテーマで助言をいただきました)、元職員で今回の劇の副監督をしてくれたK先生、長く沖縄に在住され「漆工房ニライカナイ」を主宰活躍され、昨年秋より千葉県に移住された漆工芸家Nさんご夫妻、保育園のK先生、他2名の学生さんをお迎えして、力強い温かな応援をいただくことができました。
ご多用の中、ご来園いただきありがとうございました。この場を改めて感謝申し上げます。

また子ども達の演技を温かく見守り、応援してくださった保護者の皆様にこの場をお借りして改めて感謝申し上げます。園児達の気持ちを考えると常日頃から練習して慣れ親しんだ遊戯室が一番適していますし、発表する場としてこれ以上ふさわしい場所はありません。ご賢察に深謝します。
ある来賓の方が、子ども達がのびのびと子どもらしく楽しそうに表現している姿が印象的でしたと話してくださいましたが、行事は普段の保育の積み重ねなので、やはり日々の保育の充実を考える再認識になりました。

本来であれば当初の予定通り2部制にして、それぞれの年少(3歳)、年中(4歳)、年長(5歳)の年齢ごとによる成長の違いを「劇」をとおしてご理解いただけるように演目をご覧いただきたかったのですが、こうした状況ですので、残念ですが来年度以降に持ち越しです。

いつもながら拙い滑舌の悪い司会で、お聞き苦しい点も多々あったかと思いますが、園の音楽劇への思いはプログラムの冒頭に書かせていただいた「音楽劇発表会にあたり幼稚園からのメッセージ」の中に書かせていただきました。機会ありましたら再度ご一読いただけると、ありがたいです。
席上申し上げましたが、私は子ども達に幼児期に必要な勉強をたくさんして欲しいと願っています。これからも勉強好きな子どもたちと教育熱心な保護者が集える園を目指して、頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

毎回のことながら劇をとおして「子ども達は何を学び、成長するのか」といつも自問自答してきました。従来の良くある劇や大人の感覚(目)で評価しがちな昨今の劇にいつも「子どもは本来はその年齢にあった伸ばせる力があり、園や大人の都合でつぶしてはいけない」という思いをもっていました。市販されたCD劇にあわせたり、時には夜なべをしながら作ったきらびやかな衣装を着たり、自分の立ち位置まで細かく指導されたり、一糸乱れぬ振り付けまた園生活とかけ離れた題材を使った保護者向けの劇は、日々の練習と先生の厳しい言動を使えば可能です。でもそこには、子ども達の生き生きとした表情やさせられている感じが見えがちです。主役はあくまでも子どもです。
本来の子ども達の持つ特性を考えた時に、劇を通してもう一歩成長ができることが可能です。ご覧いただいたように園や保護者のための劇ではなく、自分たちの劇という思いが今日演じた園児達の表情からも読み取っていただいたことと思います。
劇中で、子ども同士で注意しあったり、緊張していた友達の手を握ってあげたり、劇を通して子ども同士で助け合ったりする姿も見れました。そうした面も行事を通した成長過程のひとつといえるのではないでしょうか。

今日の劇の出来栄えもさることながら、この場に至るまでの過程やそれを通しての子どもさんの成長ぶりに目を向けてあげることも大事です。劇で使用したエンディング曲はオリジナルの作詞作曲です。作詞はクラス担任が中心となり、作曲は本園の専任音楽講師が担当しています。特に年長組のエンディングの曲には、作詞したクラス担任が卒園していく子どもたちへの思いやクラスの絆またこれから卒園して小学校へ進級する子ども達への未来を切り開いていく激励へのメッセージも込められています。
今はとかく見えるものだけに価値や評価を求めたり重視しがちですが、人間がともに生活をしていく中で、目では見えにくいが、豊かな社会を送るうえで大事な価値(友情や命)の素晴らしさを歌詞に謳っています。
このことは幼児が初めて集団(幼稚園)としての園生活の中で育んで欲しいという思いでもあります。

副園長(音楽専任講師)は1月から2月の2か月間は文字通り寝食を忘れて曲作りに没頭し、担任も限られた期間で曲をマスターしなくてはいけません。それだけにやり終えた今、充実感とほっとした気持ちが交差していることと思います。ある意味大変な作業ですが、子どもへの思いと日々の子ども達の成長する姿が原動力だと思います。

このブログでも取り上げましたように、青組は成田市台方の麻賀多神社、緑組は市内の国立歴史民俗博物館に勉強に出かけました。歴史民俗博物館では見学する様子に驚かれたようです。それは自分たちの劇だから、より良い劇を創ろうという気持ちも大きいと思います。

毎年のことながら、子ども達の想像力や斬新な考えには驚かされます。私達保育者も子ども達から学ぶことも多かったようです。
また、こうした劇への取り組みを通じて、幼児期の年齢に応じた学びと幼稚園という学校集団での学びの場を考えるきっかけにしていただければ大変嬉しく思います。

これからも前述しましたが「自ら学ぶ力をつけ、学ぶ力を育める幼稚園」を目指していきたいと思います。狭義の「勉強」ではなく意味のある勉強が育める園を目指していきたい思います。
幼児だからこそきちんと向き合い、子どもだからと見下げたり、親受けだけをするような保育には常々疑問を持っています。園生活はあくまでも子どもが主役であり、大人(保護者)ではありません。

今年の劇をご覧いただき、お気づきの点など教えていただければ嬉しく思います。そうした建設的な意見をいただけることは、保育へ還元される幼稚園への応援メッセージであると、常々前向きに考えていますので、是非ともクラス担任あてに忌憚なく教えていただければ嬉しく思います。

今日のこの劇を演じてくれた園児たち
応援してくれた保護者の皆様
応援に来てくださった来賓の皆様
劇のために力を貸してくれた皆様

全ての皆様にスタッフを代表して御礼申し上げます。

DSC_0185 (800x533)

DSC_0196 (800x518)
今年の園児達への激励を込めたおやつ
青組「ポプラ」(木の葉のチョコレート・北海道)
緑組「寺子屋」(ペンシルチョコ・筆に見立てる・東京)
黄組「泥団子」(トリュフ風チョコレート・東京)
赤組「雪だるま」(雪だるまチョコレート・北海道)
桃1・2組「カエル」(カエルクッキー・東京)
  1. 2020/03/01(日) 23:59:37|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

続・節分2020

今日は立春、暦の上では春の始まりです。このところ暖かな陽気ですが、今週末からは寒気が入り、寒さも戻るようです。空気も乾燥しています。ご自愛ください。

さて昨日3日の節分で、遊戯室から退散した鬼ヶ島太郎以下7匹の鬼達が、ツリーハウスを占拠し最後の決戦の場を園庭に選び、園児達と戦った記録を紹介しよう。
結論から言えば、鬼達は園児とスタッフの勇気と頑張りに負けて退散し、鬼ヶ島にすごすごと戻ったようだ。
私はその場にいなかったが、連絡を受け勝利の美酒に酔いしれました。さる方からは、自分だけ安全圏で高みの見物とは、男として情けない卑怯な振る舞いと、有無を言わさずにいきなり多量の豆をぶつけ、本気モードの投げ方と形相に鬼ヶ島太郎より手ごわいかもしれないと思いその場から逃走しました。私には安住の地はないのかと、酒場をふらふらさまよい、自問自答している今日この頃です。

満を持して、リベンジをはかる鬼達だ。
DSC_0798 (800x566)

DSC_0800 (800x533)

DSC_0805 (800x533)

DSC_0806 (800x533)

DSC_0807 (800x565)

DSC_0808 (800x533)

DSC_0809 (800x533)

DSC_0813 (800x533)

DSC_0812 (800x533)

DSC_0814 (800x565)

DSC_0819 (800x533)

DSC_0821 (800x533)

ツリーハウスから戦いを俯瞰してみよう。
DSC_0816 (800x533)

DSC_0817 (800x533)

DSC_0818 (800x533)

鬼を追い払った後は、園児達の勇気と頑張りを称え、福の神(お多福)が園に舞い降りました。
DSC_0878 (800x533)

DSC_0883 (800x533)

今年は負けたが、来年こそは負けないぞ。
DSC_0823 (800x533)
  1. 2020/02/04(火) 22:10:40|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

平成31年度音楽発表会

昨日は冷たい氷雨が降る天候でしたが、音楽発表会を終えることができました。残念ながら全園児での参加はできませんでしたが、友達の分まで頑張って歌ったり演奏してくれたことと思います。
手狭な会場の中、最後まで温かく見守り惜しみない声援を送ってくださった保護者の皆様にも感謝いたします。
また優先席や入れ替え制の運営にもご理解やご協力いただけたことにも重ねて御礼申し上げます。

途中桃2組の保育室でリアルタイムで舞台を生中継しているプロジェクターの映像が、原因不明ですが乱れて映像が一時見れなかったようです。この場をお借りしてお詫び申し上げます。

以前はたまに保護者の方から音楽ホールや公民館等利用の提案をいただいたこともあったのですが、舞台に立つ園児のことを考えると自園の遊戯室でできるにこしたことはないと思っています。
・常日頃の練習時から慣れ親しんでいる場所(特に年少児)
・保育室という待機できる場所があること
・舞台と観客席の距離がちかいことで、子どもたちの息遣いをはじめ一挙一動が伝わりやすい
・合奏や歌をマイクをつかわなくても、生の音(歌)が聞こえる

しかしながら、運営等でまだまだ改善の余地があるかもしれません。お気づきのことなどありましたら、担任あてにご連絡いただければありがたいです。

席上お伝えしたように、合奏曲は発表会の3週間前ぐらい前の11月に入ってから、子どもたちに伝えて練習をはじめます。先ずは楽器選び、パートごとの練習、10日前ぐらいから各パートを集めて全体での合同練習に入ります。
もちろんスタッフは1学期のうちから曲を考え、夏休みぐらいから園の専任音楽講師のK先生と相談しながら曲をしぼり、2学期に入るとK先生が試行錯誤しながら学年ごとの曲のアレンジをして、最終的に決めていきます。
この曲のアレンジは演奏する人数や園が保有する楽器を勘案しながら考えていきます。
もちろん音楽発表会があるからといっても、主活動に音楽が入るだけで、普段から大切にしている自由遊びの時間は確保しています。時々いつ練習しているのですかと問われる時があるのですが、短期間で集中してやるために、思われるかもしれません。以前このブログでも話したように、遊びに取り組むことは他の時間も同様です。音楽も音楽遊びですから原点は同じです。
もちろん子どもたちが自由遊びの時間を使って自主的に練習している光景が日常的にみられました。それも先生に言われたからするのではなく、自らやりたい気持ちがあるようです。

舞台上の子ども達をご覧になってわかるように、緊張気味の子どもさんもいましたが、大半の子ども達は楽しそうに演奏したり歌っていたように思いますが、いかがでしたか。練習の時から先生にやらされていると感じると、そうした表情にはなりません。
こうした発表会での子ども達の表情やしぐさを通して、その園の行事への取り組みや思いが見え隠れする時があります。

初めて出会う「音楽」だからこそ、無理せず楽しんで欲しいと願っています。だからこそ幼児にも市販の曲をそのまま使うのではなく、きちんとアレンジして合奏しやすい曲や歌いやすい曲をクラスや学年ごとの子ども達の常日頃の園生活も考慮しながら、選曲することが大切です。また放任でなく指導すべきところはきちんと指導することも大事です。それが子ども達のやる気や興味にもつながると思います。
これからの長い人生の中で、音楽のある生活を楽しんでもらえるきっかけになったら嬉しく思います。

DSC_0307 (800x533)
  1. 2019/12/08(日) 15:01:06|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オータムフェスタ2019

秋日和の中、お蔭様で無事に終えることができました。
「子ども達に伝えたい遊びと文化」をテーマに電子ゲームとは違う人間同士相対で会話を楽しみ、気持ちのやり取りができる遊びの楽しさを子ども達に伝えることをコンセプトにしましたが、いかがでしたでしょうか。
また小学校3年生からの手伝いを含めて、母園に戻って手伝いをしたり、卒園後進学先の小学校がそれぞれ別れるだけに、こうした機会を通して、同窓会のような形で久しぶりに幼稚園時代に戻って子どもたちはもとより保護者同士でも再会を楽しめるきっかけになれば嬉しいです。
13回目の今年もおやじ達や小中高生のボランティア等100名近くのお力を借りながら、運営できました。
助力(お気持ち)に感謝します。

佐倉東高校の生徒たち7名(1名は事情で先に帰りました)1日ボランティアで頑張ってくれました。
DSC_0282 (800x565)

おやじの会のおやじとスタッフで記念撮影。現役のおとうさんのみならず、子どもさんが卒園しても、「園」をご縁にまた力を貸していただけることに感謝です。
DSC_0288 (800x566)
  1. 2019/11/09(土) 18:25:49|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ