園長ブタゴリラ☆ブログ

続・秋祭り

今年の祭りもそろそろお終いのようです。先週同様に子育て支援事業「のびのびすくすく」の中でや露店を出して、未就園の子ども達と保護者の皆さんを楽しませてくれたようです。
1部は緑組が担当し、2部は青組でした。2部は急な豪雨の影響もあり、参加者もまばらのためにお店も手持無沙汰でした。
そのため急遽年少組にお客さんとして来てもらいました。7月に年少組や年中組も今日の様に年長組のお祭りの露店で楽しんだのですが、再度の食べ歩き巡りに年少組も大喜びでした。
神輿が練り歩き、賑わいの中で終えたようです。このように子ども達が園生活の中で発展させていく色々な遊びの中で、様々なことを学びます。

・言葉のやり取りを通して、言語面の発達を促す(言語)
・お店とお客さんの相対の中でお互いに相手の気持ちを読み取り、気持ちを察する力(人間関係)
・食べ物や屋台を作り、売れる為にはどういうものを作るとお客さんに喜ばれるのか(造形)
・自分たちで字や絵で看板やメニューを作る(言語・造形)

もちろんこれ以外にも色々な事を学びます。何故このようなことをお伝えするかというと、今は幼児教育を「遊び」と「勉強」という枠でわける傾向があります。また幼稚園も「お勉強系」「のびのび遊び系」というイメージだけで色分けしがちです。全く意味がないと思います。子どもの生活は全て勉強であり遊びです。表裏一体です。むしろ園庭(屋外)で勉強(遊び)できることと保育室(屋内)でできること、例えば机の上でしかできない勉強(遊び)が園の生活の中でどのようなやり方や時間をとっているかを考えたほうが良いと思います。
私は常々幼児期は勉強することが大事だと思っていますし、学ぶ意欲を育んでもらいたいと思っています。
もちろん狭義の勉強ではありません。
また幼稚園と小学校という同じ学校教育の中で当然つながっていることを踏まえた教育が大事です。でもそれは先取り教育とは全く違います。
幼稚園教育要領、小学校教育要領の中にそうした答えが出ています。本園もそれを踏まえながら、保育を行っています。

下記の文は幼稚園教育のエッセンスです。文部科学省の幼稚園教育要領の冒頭に書かれています。この文の中で「遊び」と「環境」という言葉が出てきます。前述した「勉強(学び)」と「遊び」を分けることにあまり意味がないかがご理解できると思います。
「勉強系」とか「のびのび遊び系」という色分けではなく下記の『幼稚園教育の基本』を保育の中でどうやって実践しているか、またこうした「ねらい」がきちんと達成しているかどうかという視点で園を判断されると良いと思います。

第1 幼稚園教育の基本

 幼児期における教育は,生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要なものであり,幼稚園教育は,学校教育法第22条に規定する目的を達成するため、幼児期の特性を踏まえ,環境を通して行うものであることを基本とする。
 このため,教師は幼児との信頼関係を十分に築き,幼児と共によりよい教育環境を創造するように努めるものとする。これらを踏まえ,次に示す事項を重視して教育を行わなければならない。

1. 幼児は安定した情緒の下で自己を十分に発揮することにより発達に必要な体験を得ていくものであることを考慮して,幼児の 主体的な活動を促し,幼児期にふさわしい生活が展開されるようにすること。

2. 幼児の自発的な活動としての遊びは,心身の調和のとれた発達の基礎を培う重要な学習であることを考慮して,遊びを通しての指導を中心として第2章に示すねらいが総合的に達成されるようにすること。

3. 幼児の発達は,心身の諸側面が相互に関連し合い,多様な経過をたどって成し遂げられていくものであること,また,幼児の生活経験がそれぞれ異なることなどを考慮して,幼児一人一人の特性に応じ,発達の課題に即した指導を行うようにすること。

祭りでの様子です。
DSC_1488 (800x534)

DSC_1497 (800x534)

DSC_1501 (800x534)

買ったお菓子は皆で仲良く食べたようです。
DSC_1503 (800x565)

本物みたいでついつい食べてしまいがちです。
DSC_1511 (800x534)

DSC_1512 (800x534) (2)

異年齢でやり取りしたり、相手の気持ち(心情)を思いやったりすることを経験を通して学びます。特に年長組と年少組のやり取りでは、年長組は年下ということもあり、だいぶおまけしてあげたようです。その優しい気持ちを育むにはこうした遊びを通してでしか学べません。
DSC_1520 (800x534)

綿菓子の大盛サービスが嬉しいですね。
DSC_1533 (800x534)

じゃんけんで勝ったら、もうひとつどうぞ。
DSC_1515 (800x534)

DSC_1529 (800x534)

クッキーも丁寧に作りました。想いがこもったお菓子です。
DSC_1505 (800x534)

DSC_1506 (800x534)

DSC_1543 (800x534)

看板やメニューも自分たちで作りました。文字もこうした遊びを通して学び、理解していきます。きちんとした筆順や持ち方は小学校1年生の国語の授業で学びます。

幼稚園での教育要領「言葉」については以下になります。この下記の文を読むと、いかに勉強(遊び)の中で言葉を育むかがご理解できると思います。

経験したことや考えたことなどを自分なりの言葉で表現し,相手の話す言葉を聞こうとする意欲や態度を育て,言葉に対する感覚や言葉で表現する力を養う。

1 ねらい
(1) 自分の気持ちを言葉で表現する楽しさを味わう。
(2) 人の言葉や話などをよく聞き,自分の経験したことや考えたことを話し,伝え合う喜びを味わう。
(3) 日常生活に必要な言葉が分かるようになるとともに,絵本や物語などに親しみ,先生や友達と心を通わせる。

2 内容
(1) 先生や友達の言葉や話に興味や関心をもち,親しみをもって聞いたり,話したりする。
(2) したり,見たり,聞いたり,感じたり,考えたりなどしたことを自分なりに言葉で表現する。
(3) したいこと,してほしいことを言葉で表現したり,分からないことを尋ねたりする。
(4) 人の話を注意して聞き,相手に分かるように話す。
(5) 生活の中で必要な言葉が分かり,使う。
(6) 親しみをもって日常のあいさつをする。
(7) 生活の中で言葉の楽しさや美しさに気付く。
(8) いろいろな体験を通じてイメージや言葉を豊かにする。
(9) 絵本や物語などに親しみ,興味をもって聞き,想像をする楽しさを味わう。
(10) 日常生活の中で,文字などで伝える楽しさを味わう。

小学校指導要領 国語 第1学年の中で「文字」についての取り扱いについて

ウ 文字に関する事項
(ア) 平仮名及び片仮名を読み,書くこと。また,片仮名で書く語の種類を知り,文や文章の中で使うこと。
(イ) 第1学年においては,別表の学年別漢字配当表(以下「学年別漢字配当表」という。)の第1学年に配当されている漢字を読み,漸次書き,文や文章の中で使うこと。
(ウ) 第2学年においては,学年別漢字配当表の第2学年までに配当されている漢字を読むこと。また,第1学年に配当されている漢字を書き,文や文章の中で使うとともに,第2学年に配当されている漢字を漸次書き,文や文章の中で使うこと。

(2) 書写に関する次の事項について指導する。
ア 姿勢や筆記具の持ち方を正しくし,文字の形に注意しながら,丁寧に書くこと。
イ 点画の長短や方向,接し方や交わり方などに注意して,筆順に従って文字を正しく書くこと。

DSC_1542 (800x534)

DSC_1539 (800x534)

DSC_1538 (800x534)

DSC_1535 (800x534)

DSC_1532 (800x534)

DSC_1531 (800x534)

DSC_1530 (800x534)
  1. 2016/09/13(火) 18:58:10|
  2. 幼児が学ぶ大切なもの~事例から~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

人前で演じること

今週末の木曜日、金曜日と祖父母参観が予定されています。
例年、参観では常日頃から日々の保育で親しんでいる歌や表現(遊戯)を祖父母の皆さんに披露する予定です。そのため今日はクラスまたは学年ごとにハレの場となる遊戯室の舞台で一度予行練習をしたようです。特に年少組にとっては人前で披露するのは初めての経験いわゆる初舞台になります。
毎年のことながら3歳児ですと個人差があり、一生懸命楽しそうに歌ったり踊ったりする子どもさんから、身じろぎひとつせず立ち位置からほとんど動かない子どもさん、場の雰囲気に高揚していつも以上に感情が高ぶってしまう子どもさん等実に様々です。実に3歳児らしいですね。わかっていて、ふざけてしまうのは少々困りますが、そうでなければ温かく見守ってあげましょう。また保護者の皆さんも我が子の初舞台の様子をご覧になった時に他の子どもさんと比較したりすることは、あまり意味がないように思います

学年があがり、4歳児、5歳児となるとまた少し子どもさんの舞台の様子が3歳児とは比較にならないほど変わります。
特に5歳児になりますと「人前で演じる」ということを意識し、歌い演じます。、もちろん先生もふざけたりしたら、理由を話してきちんと注意します。それはこの年齢になると自分が何のためにどういうことをするのかということが、子どもながらに理解しはじめているからです。それが「自律」といわれています。
3歳児で大人の目から見たような全員が整列し身じろぎもせず一心不乱に歌わせるのは、ある意味簡単なことです。私も教育のプロのはしくれですので、その気になれば簡単にできます。
でもそのようなやり方をすると自律心が育ちません。何故なら先生の目を意識して、先生から叱られないように歌うことが目的になってしまうからです。また時には本来であれば楽しめる音楽が、楽しくない苦痛以外の何物でもという悲劇が生まれがちです。
また場合によっては、自律心の芽を摘みとってしまいがちです。

先ずは音楽の楽しさを知り、皆で歌う喜びや踊る楽しさを経験するきっかけが大事です。もしかして気持ちの上で苦手な子どもも友達に感化されて楽しむ気持ちが芽生えるかもしれません。
そして5歳児で先生のためにするのではなくお客さん(観客)の前で演じることとはどういうことかを知ることで、意識も高まります。
またお客さんの喜んでくれる姿が自信にもつながります。
焦らず、時には温かく見守る教育も大事です。
祖父母参観でのそれぞれの年齢に応じた子ども達の様子を楽しんでいただけたら、嬉しく思います。

写真は年中組の合唱の舞台練習です。
DSC_1470 (800x534)
  1. 2016/09/12(月) 13:16:44|
  2. 幼児が学ぶ大切なもの~事例から~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遊びを通して学ぶ

梅雨に入りました。今年は空梅雨といわれ、水不足によるダムの貯水率が心配されます。
ここ城南川では空梅雨の杞憂もなく常に地下水から湧き出る水が大地を肥沃にし園の菜園にも流れ込んだり、また時には砂金採りさながらに泥をざるに掬いあげてその変化を楽しむ子ども達の姿も見かけます。もう少し暑くなるとパンツ1枚でサバンナに住むワニやカバのごとく川の水に全身を浸し、煮しめの様に土色に染まったパンツのみで、全身で泥水と戯れる園児達の姿を見かけるのも夏の馴染みの光景です。
さて先週そんな城南川で年長組のふたりの男児が時間をかけて楽しんでいた時の様子です。
湧き出る水の周囲をダムのように堤防を作り水をためていきました。水位があがったり固めている土が水圧でしみ込んで来たりするたびに、土を盛り補修していきました。
ダムの満水時のように貯めた後、一気に堤防(土手)を切り、水を放流しました。水は当然のごとく勢い良く流れます。その途端二人の男児が「ああ」という何とも言えない感嘆のような声を発しました。そして身じろぎもせず、流れる様子をしばらく見つめていました。
胸中はわかりませんし、あえて聞くことはしませんでしたが、心を揺り動かすことがあったと思います。大人から見れば一見何気ない遊びに見えるかもしれませんが、子ども達は真剣です。遊びを通しての経験が、小学校での学びの基礎になると確信しています。
川では良く水を堰き止めてダムをつくったり自分たちで水路を作り、川の流れを蛇行したりさせて遊んでいます。実はこうした経験が理科を勉強する時に役に立ちます。

川の全景
PHOTO283 (800x534)

ふたりで息をあわせて作っていました。
PHOTO291 (800x534)

PHOTO294 (800x534)

PHOTO295 (800x534)

PHOTO296 (800x534)

PHOTO297 (800x534)

浸水されそうな箇所に急いで土を盛り、補修をしていました。
PHOTO299 (800x534)

一気にダム(土手)を切り、水を流しました。
PHOTO301 (800x534)

PHOTO300 (800x534)

PHOTO304 (800x534)

PHOTO306 (800x534)

PHOTO309 (800x534)

PHOTO310 (800x534)

PHOTO313 (800x534)


小学校指導要領
理科
第5学年の一部を抜粋

B 生命・地球
(2) 動物の誕生
 魚を育てたり人の発生についての資料を活用したりして,卵の変化の様子や水中の小さな生物を調べ,動物の発生や成長についての考えをもつことができるようにする。 ア 魚には雌雄があり,生まれた卵は日がたつにつれて中の様子が変化してかえること。
イ 魚は,水中の小さな生物を食べ物にして生きていること。
ウ 人は,母体内で成長して生まれること。

(3) 流水の働き
 地面を流れる水や川の様子を観察し,流れる水の速さや量による働きの違いを調べ,流れる水の働きと土地の変化の関係についての考えをもつことができるようにする


ア 流れる水には,土地を侵食したり,石や土などを運搬したり堆積させたりする働きがあること。
イ 川の上流と下流によって,川原の石の大きさや形に違いがあること。
ウ 雨の降り方によって,流れる水の速さや水の量が変わり,増水により土地の様子が大きく変化する場合があること。
  1. 2016/06/16(木) 15:54:40|
  2. 幼児が学ぶ大切なもの~事例から~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

続・運動会を前に

今日も秋晴れの良い天気が続きます。
昨日、幼児期の運動についてふれましたが、文部科学省の「幼児期の運動指針」の抜粋を掲げます。ご興味ある方は前述の「幼児期の運動指針」で検索してみてください。詳細がご覧になれます。
また幼児教育の運動遊びの第一人者の東京学芸大学名誉教授の杉原隆氏、運動指針にもかかわった山梨大学教授中村和彦氏で検索されると 幼児期の運動能力の伸ばし方について科学的なデータを基に説明された興味深い話が検索できます。

(1)運動の発達の特性と動きの獲得の考え方(文部科学省HPより抜粋)
 幼児期は、生涯にわたって必要な多くの運動の基となる多様な動きを幅広く獲得する非常に大切な時期である。動きの獲得には、「動きの多様化」と「動きの洗練化」の二つの方向性がある。
 「動きの多様化」とは、年齢とともに獲得する動きが増大することである。幼児期において獲得しておきたい基本的な動きには、立つ、座る、寝ころぶ、起きる、回る、転がる、渡る、ぶら下がるなどの「体のバランスをとる動き」、歩く、走る、はねる、跳ぶ、登る、下りる、這(は)う、よける、すべるなどの「体を移動する動き」、持つ、運ぶ、投げる、捕る、転がす、蹴る、積む、こぐ、掘る、押す、引くなどの「用具などを操作する動き」が挙げられる。通常、これらは、体を動かす遊びや生活経験などを通して、易しい動きから難しい動きへ、一つの動きから類似した動きへと、多様な動きを獲得していくことになる。
 「動きの洗練化」とは、年齢とともに基本的な動きの運動の仕方(動作様式)がうまくなっていくことである。幼児期の初期(3歳から4歳ごろ)では、動きに「力み」や「ぎこちなさ」が見られるが、適切な運動経験を積むことによって、年齢とともに無駄な動きや過剰な動きが減少して動きが滑らかになり、目的に合った合理的な動きができるようになる。
 次に、目安として幼児期における一般的な運動の発達の特性と経験しておきたい遊び(動き)の例について示す。なお、幼児の発達は、必ずしも一様ではないため、一人一人の発達の実情をとらえることに留意する必要がある。

1) 3歳から4歳ごろ

 基本的な動きが未熟な初期の段階から、日常生活や体を使った遊びの経験をもとに、次第に動き方が上手にできるようになっていく時期である。特に幼稚園、保育所等の生活や家庭での環境に適応しながら、未熟ながらも基本的な動きが一通りできるようになる。次第に自分の体の動きをコントロールしながら、身体感覚を高め、より巧みな動きを獲得することができるようになっていく。
 したがって、この時期の幼児には、遊びの中で多様な動きが経験でき、自分から進んで何度も繰り返すことにおもしろさを感じることができるような環境の構成が重要になる。例えば、屋外での滑り台、ブランコ、鉄棒などの固定遊具や、室内での巧技台やマットなどの遊具の活用を通して、全身を使って遊ぶことなどにより、立つ、座る、寝ころぶ、起きる、回る、転がる、渡る、ぶら下がるなどの「体のバランスをとる動き」や、歩く、走る、はねる、跳ぶ、登る、下りる、這(は)う、よける、すべるなどの「体を移動する動き」を経験しておきたい。

2) 4歳から5歳ごろ

 それまでに経験した基本的な動きが定着しはじめる。
 友達と一緒に運動することに楽しさを見いだし、また環境との関わり方や遊び方を工夫しながら、多くの動きを経験するようになる。特に全身のバランスをとる能力が発達し、身近にある用具を使って操作するような動きも上手になっていく。
 さらに遊びを発展させ、自分たちでルールや決まりを作ることにおもしろさを見いだしたり、大人が行う動きのまねをしたりすることに興味を示すようになる。例えば、なわ跳びやボール遊びなど、体全体でリズムをとったり、用具を巧みに操作したりコントロールさせたりする遊びの中で、持つ、運ぶ、投げる、捕る、転がす、蹴る、積む、こぐ、掘る、押す、引くなどの「用具などを操作する動き」を経験しておきたい。

3) 5歳から6歳ごろ

 無駄な動きや力みなどの過剰な動きが少なくなり、動き方が上手になっていく時期である。
 友達と共通のイメージをもって遊んだり、目的に向かって集団で行動したり、友達と力を合わせたり役割を分担したりして遊ぶようになり、満足するまで取り組むようになる。それまでの知識や経験を生かし、工夫をして、遊びを発展させる姿も見られるようになる。
 この時期は、全身運動が滑らかで巧みになり、全力で走ったり、跳んだりすることに心地よさを感じるようになる。ボールをつきながら走るなど基本的な動きを組み合わせた動きにも取り組みながら、「体のバランスをとる動き」「体を移動する動き」「用具などを操作する動き」をより滑らかに遂行できるようになることが期待される。そのため、これまでより複雑な動きの遊びや様々なルールでの鬼遊びなどを経験しておきたい。

(2)運動の行い方

 幼児期は、生涯にわたる運動全般の基本的な動きを身に付けやすく、体を動かす遊びを通して、動きが多様に獲得されるとともに、動きを繰り返し実施することによって動きの洗練化も図られていく。また、意欲をもって積極的に周囲の環境に関わることで、心と体が相互に密接に関連し合いながら、社会性の発達や認知的な発達が促され、総合的に発達していく時期である。
 そのため、幼児期における運動については、適切に構成された環境の下で、幼児が自発的に取り組む様々な遊びを中心に体を動かすことを通して、生涯にわたって心身ともに健康的に生きるための基盤を培うことが必要である。
 また、遊びとしての運動は、大人が一方的に幼児にさせるのではなく、幼児が自分たちの興味や関心に基づいて進んで行うことが大切であるため、幼児が自分たちで考え工夫し挑戦できるような指導が求められる。なお、幼児にとって体を動かすことは遊びが中心となるが、散歩や手伝いなど生活の中での様々な動きを含めてとらえておくことが大切である。
 これらを総合的に踏まえると、幼稚園、保育所などに限らず、家庭や地域での活動も含めた一日の生活全体の身体活動を合わせて、幼児が様々な遊びを中心に、毎日、合計60分以上、楽しく体を動かすことが望ましい。また、その推進に当たっては、次の3点が重要である。

1) 多様な動きが経験できるように様々な遊びを取り入れること

2)楽しく体を動かす時間を確保すること

3) 発達の特性に応じた遊びを提供すること

   なお、運動の在り方に示した内容を推進するに当たっては、次のような配慮をすることが望まれる。
•幼児期は発達が著しいが、同じ年齢であってもその成長は個人差が大きいので、一人一人の発達に応じた援助をすること。
•友達と一緒に楽しく遊ぶ中で多様な動きを経験できるよう、幼児が自発的に体を動かしたくなる環境の構成を工夫すること。
•幼児の動きに合わせて保育者が必要に応じて手を添えたり見守ったりして安全を確保するとともに、固定遊具や用具などの安全な使い方や、周辺の状況に気付かせるなど、安全に対する配慮をすること。
•体を動かすことが幼稚園や保育所などでの一過性のものとならないように、家庭や地域にも情報を発信し、共に育てる姿勢をもてるようにすること

屋外で遊ぶには良い季節、実りの秋、心身を育める秋。
DSC_0708 (800x534)
  1. 2015/10/04(日) 15:22:30|
  2. 幼児が学ぶ大切なもの~事例から~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨空に思う

今日は朝から雨が降り、午前10時前ぐらいでしょうか。かなり激しい雨が降り、園庭もたちまち水溜りができ始めました。今このブログを書いている時にも、また雨が強く降り始めたようです。
いつも以上に強く激しい降りしきる雨に園児達も興味や関心を持って園庭を眺めたり、雨を触ろうとしています。
普段遊んでいる場所が水溜りが瞬く間にでき、一筋二筋の川となって流れていく様を見るのも興味深いようです。
そうした自然の様子を見るのも学びです。私が園庭は土が一番良いと思うのはこうした光景も身近に見聞できることも理由のひとつです。芝生やゴムチップなどの舗装では見れません。今でもたまに園庭の芝生化の誘いがありますが、中学校や高校などはともかく、幼児期はこうした学びの機会も大事にしてあげたいものです。
大人は今朝のそうした光景はあたりまえだと思いがちですが、それは幼児期にこうした様子を体験しているからです。
幼児の五感を通した一見何気ない日常にありふれた見聞も子どもの気持ちにそって尊重してあげたいと思います。
ひとりの年長の男児が池の水が溢れて金魚が死んでしまうと訴えてきました。過日池の水が溢れた時に金魚が流されて、水が引いた時に亡くなった金魚を目にしたことを思い出したようです。
私もどうすることもできず、大丈夫だよと答えるのが精一杯でした。
子どもの金魚を思う優しい気持ちとどうすることもできず見守るしか術のないことにいたたまれない気持ちです。
自然は時には残酷です。でも私たちは自然の中で生かされています。
こうした自然事象を通じて、自然を知りそれについて学ぶ芽生えになればと願っています。大人はそうした子ども達の学びを阻害する権利はありません。
土と水とおひさま大事にしてあげたいものです。

DSC_0596 (800x533)

園庭に川ができます。
DSC_0597 (800x533)

DSC_0604 (800x533)

DSC_0607 (800x533)

DSC_0608 (800x533)
  1. 2015/07/03(金) 23:50:43|
  2. 幼児が学ぶ大切なもの~事例から~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ