FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

入園募集を前にした説明会

掲載していたつもりがまだアップしていなかったようです。だいぶ時間が経過してしまいましたが、幼稚園選びの内容もあるので掲載いたします。

本日午前中に佐倉市南部児童センターで佐倉地区の私立3園慈光幼稚園、千成幼稚園、本園(佐倉くるみ幼稚園は諸事情で欠席)公立3園佐倉幼稚園、弥富幼稚園、和田幼稚園の計6園が来年度の入園募集を鑑みて、各園による合同説明会がありました。
今年で5回目になります。
主催された南部児童センターの方によると、とても盛況なようで予約で一杯でキャンセル待ちの状況とのことでした。センターのスタッフの皆さんのご努力に敬意を表します。
各園10分ほどの説明の後は、ブースに分かれて保護者から相談する形です。
土曜日ということもあり、おかあさんのみならずお父さん達ご一緒の夫婦での参加も多かったようです。
我が子の大事な初めての学校選びをされるにあたり、こうした機会に参加されることは子どもさんにとっても何よりのことです。
私は説明会の中で下記のことを主に説明させていただき、後は質疑応答の時間の中や実際に園見学をしていただけるとありがたいことをお話ししました。

・実際に子どもさんをつれて見学して、遊ばせて園の雰囲気を感じること。

・色々と園選びで迷うこともある思いますが、子どもさんに選ばせるものひとつの見識です。子どもさんは大人が考えている以上にそうした力があります。まして幼稚園は親が行くのではなく、子どもさんが行く学校です。その時に子どもが○○幼稚園に行きたいといった時に、親が違う幼稚園に行かせてたいと思ったら、その違いを親が納得できるかどうか大事です。その理由が単に親の利便性だけでしたら、子どもさんの意見を尊重してあげたほうが良いかもしれません。また違いを各園に聞いてみても良いかもしれません。
子どもが「何故○○幼稚園に行ったの」と聞いた時に「あなたが自分で選び、私たち(親)もあなたをしんじ、その意見を尊重したんだよ」と答えたら、子どもさんはとても嬉しいと思います。親を誇らしげに思うでしょう。初めての学校選びを任せてもらった信頼感は何にも代えがたいものです。今度は我が子が家庭を持ち、親になった時にそうしたことをする可能性は高まります。
それには子どもさんを園見学に同行して、園で思う存分遊ばせてあげることが前提です。

・来年から認定こども園移行を前提に各クラスを20人前後にして、よりきめ細かい教育体制をめざします。園全体の定員数も少なくします。
今でもそうですが、全スタッフで全園児を見ていく体制にすることで、より一人ひとりを丁寧に見れるようにしたいと思います。人数が大きくなればなるほど、集団としてまとめるためには必然的に子ども達への負荷や規制等があるのは仕方ありません。これは良し悪しの問題ではないので、誤解ないようにしてください。
先ずは入園した子どもさんが「素のままあなたで良いんだよ」という園が温かく迎えることを大事にしたいと思います。それには一人ひとりの顔が見える人数が妥当かなと思います。

ある程度集団としての規模を確保することはもちろん大事ですが、現在は少子化とも相まって子どもさん一人ひとりが入園前にほとんど子ども同士で遊んでこなかったり兄弟がいないなど、集団生活を経験せずに入園します。そうした子どもさん達の特性を考慮して、きめ細かく手厚く園児を見守れる体制をすることが大事だと思います。こじんまりとした環境の中で、スタッフと子ども同士が顔がわかり会話を楽しめる家庭的な雰囲気を考えていきます。

また総定員を減らすことで、気軽に子ども達の興味関心に合わせて園外保育等に出かけられる機動性や融通性が発揮できます。
幼児教育はある意味生きていますし、子ども達の興味や関心にあわせる柔軟性が求められます。以前は一斉保育で集団としての教育を是非はともかく第一に求められましたが(鼓笛や体育指導等に代表される一斉指導の教え方)、今は「非認知能力」の言葉で代表されるように、脳科学等の進歩等もあり、エビデンス(科学的根拠)に基ずく幼児教育が問われる時代です。
また現在は幼稚園教諭採用もとても大変です。そのため質の高いスタッフをそろえるためにも採用に苦労しないこじんまりとした人数のほうが利点はあるかと思います。

質疑応答の中で定員を減らすことで、入園できないのではとご相談をいただきましたが、佐倉市内は子どもさんの数が減少傾向ですので、大丈夫だと思います。一番大事なことは教育方針で選んでくださることが、入園後の信頼関係を築いていくうえでも一番大切だと思います。
見学はいつでも原則いつでも自由ですので、子どもさんをお連れになり、思う存分心ゆくまで遊んで行ってもらえたら何より嬉しく思います。 お手数ですが、当日でもかまいませんので、事前に電話連絡(043-484-0551)をいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

私の拙いブログを何人もの方から読んでいますとお言葉をいただきました。この場を借りて深謝します。時には(毎回かな)長々とくどく、見ただけでうんざりするブログにかかわらず、温かなお言葉は励みになります。重ねて御礼申し上げます。

6月に年長組の子ども達が蒔いたツリーハウス脇の朝顔が9月に入っても残暑を惜しむかのように咲き誇っています。
DSC_0598 (800x535)
  1. 2019/09/07(土) 16:06:59|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・就職説明会

先日夕方から柏市内で私と旧知の40代のこれからを背負う園長先生5人が集まり、暑気払いがてら懇親会を開きました。
普段お互いに忙しいので、研修会等で顔をあわせる機会はあるのですが、ゆっくり話す機会はありません。
皆さんやはり夏休みも仕事三昧の日々を過ごしているようです。

話題はやはり「幼稚園教諭採用の困難さ」でした。特に8月11日にこのブログでも紹介した通りですが、採用する側(園)でもインターシップの充実や採用条件のより具体的な記述例えば年間休日日数。育児休暇や介護休暇の取得率、離職率、勤続年数また職場年齢構成等民間企業では当たりまえの情報公開がされていないのが実情です。
また奨学金を使う学生さんが多い中、いずれは看護師のように何年か勤務したら返済は免除といった制度もこれから益々クローズアップされると思います。現に保育園関係では大規模な福祉法人ではそうした制度を充実させています。

但し、過日某養成校の先生達との懇談会の席上某先生が、今は引く手あまたで売り手市場で学生にとっては良いのだが、単に自分にとって都合の良い条件だけで決めていきがちです。否定はしないが、一番大事な園はどういう教育方針で、自分がその園に就職した時にどういう形で子どもたちとかかわりともに成長していける園かどうかを考えることなく決めていくが、ある意味それは子どもたちや保育者本人はもとより幼児教育全体の質の低下につながるかもしれないので、今の状況を手放しで喜べないという話をされていました。
非常に含蓄のあるご意見で、私自身採用するときのひとつの戒めにしたいと思います。
明日から県外出張等でしばらくこのブログもお休みさせていただきます。まだまだ厳しい残暑が続くようです。どうかご自愛ください。

DSC_0547 (800x535)

オクラの花
DSC_0551 (800x535)

  1. 2019/08/18(日) 23:38:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

警察ふれあいフェスタ2019

厳しい残暑が続きます。午前中は園で仕事をして昼から都内にある菩提寺にお墓参りに行きましたが、アスファルトの照り返しもあり、うだるような暑さでした。駅から徒歩約20分ぐらいですが、普段でしたら往復とも歩くのですが、さすがに往路は徒歩でしたが、復路は都営バスを利用しました。
ついつい自分は大丈夫と過信しがちですが、炎天下での移動には留意が必要です。特に年配の方は気をつけて欲しいと思います。

帰途、千葉市内のデパートに買い物があり寄ったのですが、偶然表題の通り「警察ふれあいフェスタ2019」(千葉県警主催)が開催中で、仕事柄園児達の交通安全に何か参考になることはないかと立ち寄りました。
毎年開催しているそうですが、もちろん初めて見たのですが、思いのほか面白く、子どもを連れた家族連れで賑わう中、独りおじさん(私)は熱心に見てしまいました。
本物のパトカー、覆面パトカー、白バイや水上バイクなど展示され、その車両と一緒に記念撮影をしている子ども達も見かけました。ふれあいステージのショーも楽しめました。自転車交通安全ルールでのシュミレーションを使った体験試乗や鑑識体験等体験学習もあり、どのコーナーも賑わっていました。
千葉県警自らツイッター公式アカウントがあるのにも驚きました。場内のスタッフの現職警察官の人たちも子ども達相手に笑顔でやさしく応対され、家族連れで大盛況でした。小1時間思わず楽しんでしまいました。
明日(18日・日)まで開催中です。千葉県警察ホームページ「ポリスネット千葉」にタイムスケジュールが掲載されています。

DSC_0556.jpg

DSC_0557.jpg



  1. 2019/08/17(土) 22:58:15|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お盆

連日厳しい暑さが続きます。今週はお盆で園も休園、スタッフもお休みさせていただいています。今日の夕方に提灯を持って家族で先祖を見送る風景を何組か目にしました。
昨日14日午前中は佐倉市役所子育て支援課と来年度の移行についての打ち合わせをし、午後からは公私ともお世話になった市原市在住建具屋のKさん宅に家人と一緒に新盆見舞いにお伺いしました。葬儀に行けなかっただけに、仏壇の位牌にお線香をあげて、生前のお礼と冥福を祈らせていただきました。(7月14日付ブログに故人の記事を掲載)
ご家族としばし在り日の故人のお話しをしましたが、家でもよく幼稚園の話をされていたようです。
ご家族からも仕事への情熱とこだわりを持った職人魂を聞かせていただきました。今はただ冥福を祈るばかりです。

今週はスタッフに代わり私が日直です。プランターのマリーゴールド等は1日水やりを怠るだけでも枯れかかってしまいがちです。またウサギのチョコちゃんも日中は暑さを避けて、地中に掘った穴の中にいます。餌やりに扉を開けると穴から這い出てきます。水もよく飲みます。

職員室にはクワガタとカブトムシを飼育しているので、帰宅前に霧吹きで湿らせ、昆虫ゼリーを与えます。
クワガタやカブトムシを見ながら、我が家の子どもたちが幼稚園から小学生の頃によくカブトムシやクワガタ採りにつきあって出かけた日々を回想しました。
夜、何か所も水銀灯の明かりの下を見に行ったり、クヌギなどの樹液が出る木々を探しに行ったりしましたが、甲虫の生態に詳しい友人から物井にある里山の某場所を教えてもらい、昼間その場所のクヌギの木の周囲の地面を掘ると、必ずクワガタやカブトムシが出てきました。ただ清水も湧き出ているせいか蛇もいるといわれ、いささか恐る恐る訪ねた覚えがあります。
また当時「ムシキング」というゲームが流行っていたのも懐かしい思い出です。
昆虫採集は誰もが一度は経験するものかもしれません。飼育したりまた標本作製することで、昆虫の世界が身近に感じることができます。

夏休みも後半になりました。園児たちも思い思いに夏休みを過ごしていると思いますが、病気やけがに気を付けて素敵な夏日を過ごして欲しいと願っています。

蝉時雨も佳境のようです。園庭の木々の下にたつと、耳をふさぎたくなるほど蝉の声が賑やかです。
DSC_0578 (800x533)

DSC_0583 (800x533)

DSC_0589 (800x533)

  1. 2019/08/15(木) 17:20:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

就職説明会

昨日11日(日・山の日)は幕張メッセのホテルで一般社団法人全千葉県私立幼稚園連合会が主催した千葉県の私立幼稚園の求人に興味関心がある学生さんを対象にした説明会に参加しました。また午前中は常任理事として養成校の先生達をお招き会食しながら、就職事情や養成校からみた私立幼稚園求人の件で気づいたことなどを教示していただく会を担当しました。

年々ブースを出す園が増えており、今年は開催史上最高の80園が参加しました。それだけ自園を含め求人確保が大変な裏返しかもしれません。昨年求人募集を出したけれども問い合わせすらなかったと聞いています。
年々都心を中心に保育園も増えていて、足りない状況です。また民間企業の求人も増えていると聞いているので、今年は昨年度以上に幼稚園教諭の確保が困難かもしれません。
お蔭様で開始の午後2時から閉会の午後4時頃まで途切れることなく、ブースに学生さんが来て自園に興味関心を持っていただけたことにこの場をお借りして感謝いたします。

学生さん側から見れば、ある意味良いチャンスかもしれません。幼稚園や保育園の選択肢を広げるられることで、自分が学校で学んだ保育ができるような園を選ぶチャンスですし、個人的にはそれはそれで良いと思っています。もちろん仕事なので必ずしも100%理想通りになると限りませんが、学校でまなんだ本来あるべき幼児教育と乖離しすぎた教育方針の園に就職し、絶望して辞める先生達の悲劇は繰り返して欲しくありません。私はそうした事例はたくさん見聞しているので、学生さんには焦らずにじっくりと自分で選んでん欲しいと願っています。

園HPや今日各園で配布した資料を熟読するのももちろん良いのですが、一番お薦めするのは気になる園に見学に行くことが良いと思います。自分自身の目で園の雰囲気やスタッフと子どもとのやり取り等を五感で感じて欲しいと思います。
事前に連絡して見学する旨を伝えれば、どの園も学生さんの見学を歓迎してくれるはずですし、逆に言えば見学をさせてもらえない園はあまりお勧めできません。
また見学はあくまでも見学ですから、履歴書持参を強要したり試験のような意味合いで訪問を許可する園も留意したほうがよいかもしれません。
学生さんが素敵な園(縁)と出会って、ともに幼児教育に携わっていけたら、私も嬉しく思います。
最近は教育実習に行き、そのまま声をかけてもらい、その園に就職するパターンも聞きます。ただ自園は採用があった場合はあまねく公平に誰もがチャンスを選択できる機会になるように心掛けています。
その際は各養成校に求人票を送付させていただいています。

緊張気味に訪問してくださる学生さんにリラックスしていただけるように南国ムードの雰囲気の中、歓迎の謝意をこめてレイをかけさせていただきました。主に1年目のS先生を中心に4年目のI先生とO先生が対応させていただきました。
園長や副園長よりも現場で頑張っている若い先生達のほうが学生さんにとっても話しやすく、質疑応答も弾むのではと思っています。
終了後は、私と副園長とスタッフ3人の計5人で夕食を食べながら、今日の様子を振り返るとともに祝日にもかかわらず出勤してくれたスタッフの労をねぎらいました。

DSC_0559 (800x533)

DSC_0561 (800x533)

私もアロハでお出迎えをしたかったのですが、午前中養成校の先生達との会食があったので、断念しました。
寄贈してくださった卒園アルバムも活用させていただきました。
DSC_0571 (800x533)
  1. 2019/08/12(月) 23:23:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ