園長ブタゴリラ☆ブログ

佐倉の秋祭り

今日から明後日までの3日間、佐倉の秋祭りが始まりました。各町内から御神酒所や山車や神輿が練り歩き、佐倉囃子の音色にあわせて「えっさの こらさの えっさっさ」の掛け声が祭りを盛り上げます。あいにく3日間とも雨天との予報ですが、掛け声で雨雲を吹き飛ばしてほしいものです。新町通りの沿道には露店も出て、祭りの風情を醸し出すことと思います。
私も明日は地元鏑木町の御神酒所、日曜日は子ども神輿の手伝いをします。園庭も子ども神輿の休憩所として活用してもらいます。地域に園としてお手伝いをできる機会をいただけることはありがたいことです。

今日初日には園の前にも地元鏑木町の御神酒所が曳かれ、また麻賀多神社大神輿が練り歩き、教職員や実習に来ている学生、また「くまキッズ」(預かり保育)の園児達等で出迎えました。
1年に一度地域の中で老若男女が集まり皆で楽しめる祭りは、子ども達にとっても良き思い出になると思います。
宗教云々は別にして、人と人のつながりや地域のつながりが薄れる世相の中で、子ども達を中心とした祭りであれば、子ども達にとっても地域の中で様々な人と出会い、時には大人の世界をのぞけるこうした祭りも悪くないと思います。

毎年、私は鏑木町の御神酒所を手伝います。以前は息子は表町のお囃子、娘も手踊りと家族皆お祭りが好きなのですが、子ども達も大学生になり、実家を離れ下宿生活を送るようになると、それぞれの事情があるようで、いまでは私独りが参加しています。
一昨年は実母の喪中、昨年は直前に思わぬ足の肉離れと2年連続の不参加で、3年ぶりの参加です。運動会も近いので、年寄りの冷や水にならないようにお手伝いをしたいと思います。

地元鏑木町の御神酒所です。綱を曳く中に卒園児もずいぶんいました。皆おおきくなりました。
「明神祭り さらば久しい」
DSC_0007 (800x535)

DSC_0009 (800x535)

DSC_0014 (800x535) (2)

地元鏑木町青年会による麻賀多神社大神輿、白丁(はくちょう)を着こなす卒園児また在園や卒園のお父さんたちの姿もお見かけしました。卒園児達ももすっかり凛々しい青年になりました。
今日と明後日の2日間、あいにくの足元が悪い天気ですが、事故がないように頑張ってくださいね。
DSC_0018 (800x535) (2)

DSC_0025 (800x535) - コピー

DSC_0027 (800x535) - コピー

DSC_0029 (800x566) - コピー


  1. 2017/10/14(土) 02:17:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おやじの会同窓会

本園はPTA等の保護者の組織はありません。一番の大きな理由は保護者負担の軽減や子ども達の自立の観点から自分でできることは自分で挑戦する気持ちを大事にして欲しいと願っています。
また保護者の皆さんもそれぞれ家事や育児また仕事をされる方もいると思います。親の介護で切実な人もいるかもしれません。人それぞれ様々な事情があると思います。子どもさんが園に通園している間だけでも自分の時間を大事に有効に使える手助けになればと思います。
そうはいっても運動会やオータムフェスタ等はどうしても人手が足りなくなる時があります。そのために前述した二つの行事に限って、お父さんたちにボランティアをお願いしています。

昨晩は市内の居酒屋でおやじの会の創立当時のメンバーが集まりました。メンバーの一人が家庭の事情で佐倉を離れ、久しぶりにこちらに見えたので、急遽皆で集まり、喧々諤々しながら思い出話に花が咲きました。
今年の運動会にもすでにこのメンバーの何人かのOBが手伝いに参加してくださるとのお話です。
久しぶりの気心が知れた仲間の再会についつい杯もすすみます。
卒園児達の近況をお聞きしながら、懐かしい一時を楽しみました。社会人になり頑張っていたり、結婚したりした園児もいます。写真を見せてもらうと、すっかり大きくなり、園児の時の面影もほとんどありません、街ですれ違ってもわからないと思います。お互いに年をとるわけです。
おやじの会は現役のおとうさんのみならず子どもさんが卒園してくださったOBも遊びにこれます。組織としての実態があってないようなうな非常に緩やかな会です。反省会(飲み会)からの参加も歓迎です。
普段は自宅と会社の往復でお母さんたちと違い、なかなか地域の中で知己を得るのも大変だと思います。園(縁)を通してお父さん同士の交流を深めるのはいかがでしょうか。会社を退職した後に、地域で生きていく時に飲み友達(話し友達)がいるとまた違う世界が開けるかもしれません。いつでも参加お待ちしています。今日のおやじの会の集まりもおつれあいに話すと、どうぞどうぞと歓迎されて送り出される方もいるようです。中には老後に地域で前述したお友達ができて良かったねと言われる方もいるそうです。
さる方も快く許可を出してくれました。
このおやじの会は子どもさんが卒園生や在園生でなくても、子ども達のために一肌脱ぎたい方も大歓迎です。実際そういう方も何人もいらっしゃいます。地域の中で子どもたちのためにという見返りを求めず、むしろボランティアを経験できる機会をありがたく思える心意気の方なら、どなたでも大歓迎です。創立当時のメンバーも皆そうした気持ちのある人ばかりです。だから長続きもするし、こうして集まることができると思います。



CIMG3604 (800x600)
  1. 2017/10/03(火) 23:28:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木製おもちゃ

先週29日(金)昼過ぎから木製おもちゃの買い出しと9月にお願いして送付してもらったおもちゃの補修並びに新しいおもちゃの打ち合わせで昼頃の電車で出かけました。
毎月29日の醍醐寺の門前市に出店されています。雨天中止です。今年春に研修で行った翌日に帰りの電車まで時間があり、初めてそのお寺を訪れた時に偶然ご縁をいただきました。詳細は4月23日付ブログ「木製おもちゃとの出会い」をご参照ください。
9月に山砂の遊び用にとトラックを4台送付していただきましたが、4台とも本体の接着面と車輪に不具合が生じました。木製なので片付けの際は雨に濡れないようにしまいますが、やはり木材をあわせたところが剥離してきていて、実物を見てもらい、補修をお願いしました。乱暴に扱っているわけではないのですが、やはり子どもたちの遊びこむ力は普通の人が考えている以上にすごいものがあります。
そういう意味でも特に外遊びで使う「おもちゃ」は堅牢さ、安全性、教育的効果、使いやすさなど等色々とクリアすることが多く、購入にも色々な視点が必要とされる時があります。
砂遊びや山砂遊び用トラックで一番良いのは昔はよく見かけたブリキ製の製品が良いのですが、今は望めませんので、後は木製しかありません。当初はドイツ製の世界的にも有名なおもちゃメーカーのプラスチック製品も何台も購入しましたが、すぐに欠けたり壊れたりしてしまいました。多分室内で使う分には問題はないと思います。
今回は改良点を伝えたので、近いうちに届くと思います。子ども達のために良いおもちゃを創作してあげたいというとても意気に感じてくれる人なので、出来上がりが楽しみです。
また別に室内遊び用にも木のおもちゃを何点か購入しました。園に出入りしてくれるプロの建具屋さんにいわせると、電車賃を使っても安いよと話してくれますが、製品によっては建具屋さんの手でより丈夫に持ちが良いように補修をお願いしたこともあります。
また来月11月11日(土)のオ「ータムフェスタ2017」に備えて、ゴム鉄砲と的当ても購入しました。こちらも楽しみです。
初めての企画ですので、日本ゴム銃射撃協会佐倉市支部長のYさんの助力をいただけそうなので、安全面を含め、子どもたちに楽しんでもらえたらと思います。
夕方まで話し込み、帰途は同じ市で珈琲を出していたお店に立ち寄り、ゆっくりしました。自家焙煎でしたが、少し濃いめの美味しい珈琲でした。
翌日は帰りの電車まで時間があるので(格安チケットなので、限定列車になり、着くと終電ぎりぎりになります。)ひとつお寺を見て、午後は博物館を見て、なじみのお店に立ち寄り、帰途につきました。
今回は慌ただしい日程なので、さる方は同行せず、独り旅でした。そういえば先日、野獣から王子様にもどるには、相手(姫)が野獣を思い恋焦がれないと、一生王子に戻れない事実に気づきました。それを伝えると「あら残念ね。一生野獣のままね。私は何ひとつ思っていないし、恋や愛を感じたことすらないわ」と冷たく言い放ちました。
そのことを思い出すと、やはり佐倉の地よりも鴨川のほとりに住むことも考えなくてはいけません。
そういえば、京都には縁切りで有名な神社があるそうです。そこで野獣との縁を切り、野鳥になりたいと思う今日のこの頃です。

午後のひと時、ゆったりした時間が流れます。
CIMG3556 (800x600)

CIMG3565 (800x600)

CIMG3562 (800x600)

新しく購入した木のおもちゃ達。室内用です。
CIMG3559 (800x600)

自家焙煎珈琲のお店です。掲載許可済み
CIMG3567 (800x600)

CIMG3568 (800x565)

野獣から野鳥へと決意も新たに変身を誓う。いつかは王子になりたい。
CIMG3572 (800x600)

さる方もご案内したことがあり、安くて美味しい良心的な庶民のお店。
CIMG3599 (800x600)

バーマンのおじさん二人でやっているお店。さる方もご案内しました。
CIMG3602 (800x600)

一度は入ってみたいのですが、いまだにウィンドーショッピングのみで、入ることが叶わない漢方薬のお店。
CIMG3573 (800x600)

翌日はお寺をひとつだけ散策しました。
CIMG3588 (800x600)

CIMG3576 (800x600)

CIMG3585 (800x600)

ある方とお寺を行くと、こうした掲示板を読むように、いつも話されます。その習慣が抜けないせいか、立ち止まって黙読してしまいました。
CIMG3577 (800x600)

子ども向けのワークショップをしていると聞いていたので、訪れました。
CIMG3589 (800x600)

企画展示も面白かったです。
CIMG3593 (800x600)

CIMG3597 (800x600)
  1. 2017/10/02(月) 16:48:33|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お彼岸

昨日23日(土)は彼岸の中日秋分の日でした。昨日は中高の同級生が今年初春に急死し、彼岸にあわせて彼のお墓にお詣りしました。急な呼びかけにもかかわらず恩師を含め十数人が集まって友を偲び、その後会食をしました。以前は子育てや進学等子どもの教育の話題が多く、私への質問もちらほらとあったのですが、昨日などは健康、年金、親の介護等に話題が代わり医者や歯医者や薬剤師になった同級生に普通の関係を超えて同窓のよしみで日頃聞けないような質疑応答をしていたようです。こんな薬を飲んでいるとか年金はもらえるかとか誰もが明日は我が身だけに具体的な話で盛り上がります。幸い多種多様な職業人がおり、話題にも事欠きません。
また子育てが終わった途端、今度は親の介護ということも話題になりました。いつかは自分たちも介護される側になるのですが、介護に係る情報交換でも盛り上がりました。
もっともどういう施設が良いのか、素人ですとなかなかわかりません。でもこれはもしかしたら幼稚園選びにも同じ事がいえるかも知れません。幼稚園という仕事柄色々な園を見る機会も多く、プロから見た視点もあるので、園の良し悪しは別にして、かなり違いがあるのも事実です。でも園を選ぶときに一番大事なことは口コミに惑わされず、保護者自身が子どもさんと一緒に実際に足を運んで、園児たちが生活している園の雰囲気を見ることにつきると思います。雰囲気(空気感)だけは足を運んでみないとわからないと思います。また園は親が入園して生活するのではなく、我が子が学ぶ場ですので、親の都合だけで選ぶのはどうでしょうか。
親にとって良い幼稚園が必ずしも子どもにとって良い幼稚園かどうかはまた別問題です。そういう意味でも、園見学では子どもを連れて、園庭で十分遊び、子どもの気持ちを聞いて参考にするのも、ひとつの選択だと思います。
小園でも子どもが選んで決めたのもひとつの要因とお聞きする時がありますが、社会集団への第一歩にそうした子どもの考えを尊重し入園選びにすることは、子どもが大きくなってそうした考えを聞いたときに、おそらく親を誇らしく思い、自分が大事にされた証と嬉しく感激するのは間違いないと思います。

介護施設を選んだ時の選択はやはり実際に見学して、雰囲気やその施設の方針を聞いて選んだようです。
ネットは確かに便利ですし園もHPで情報を掲示していますが、学校に限らず飲食店や他のお店等人間が営む場を判断する最終的な決め手はやはり人間が醸し出す空気感が大事なように思います。それには園児と先生がともに園で生活している時間に見学することをお勧めします。

今日24日(日)は自分の菩提寺にお墓参に行きました。都内浅草の浅草寺の裏手の末寺になります。節目にはお墓に詣でるのですが、昔からの下町風情を残す面影もあり、散策も楽しみです。

CIMG3545 (800x600)

昭和30年代に祖父が建立したのですが、線香を立てるのに苦労します。不器用な私は線香をあげる度に、手にいつも灰がかかり熱さに顔をしかめると、嘲笑されます。
CIMG3542 (800x600)
  1. 2017/09/24(日) 13:50:02|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風一過

台風一過、秋晴れがひろがります。風は秋の風ですが、日差しは夏のようで、暑い一日になりました。関東地方は台風の進路からそれましたが、それでも昨夜の夜半は風雨が強かったようです。皆さんのご自宅等は大丈夫でしたか。
園は園庭に小枝が散乱していたぐらいで、今日も一通り確認しましたが、特に被害はありませんでした。
ウサギ小屋付近には強風により、少し早い秋の贈り物が届いていました。
いよいよ秋本番、運動会の準備も少しづつ始めています。また園児達の練習も、来週ぐらいからぼちぼち始める予定です。

何時もより早い秋の贈り物のひとつの胡桃の実です。園に胡桃を割る金槌の音が間もなく響きはじめることでしょう。
DSC_0318 (800x535)

DSC_0325 (800x535)

台風による大雨のために池の水が増水してあふれて、金魚やメダカが逃げ出さないように備えました。幸いあふれることはなかったようです。
DSC_0330 (800x535)
  1. 2017/09/18(月) 19:03:08|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ