FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

佐倉の秋祭り

一昨日12日(金曜日)から今日14日(日曜日)までの3日間、恒例の佐倉の秋祭りが始まっています。各町内から御神酒所や山車や神輿が練り歩き、佐倉囃子の音色にあわせて「えっさの こらさの えっさっさ」の掛け声が祭りを盛大に盛り上げます。今年は新しく再建した並木町の御神酒所もデビューし、昨日新町通りですれ違いました。沿道には露店も出て、祭りの風情を醸し出しています。日が暮れると提灯に明かりが入り、毎年のことながら風情溢れる夜の祭り風景もなかなかです。
一昨日午後からは園の前にも地元鏑木町の御神酒所が曳かれ、また麻賀多神社大神輿が練り歩き、教職員と「くまキッズ」(預かり保育)の園児達等で出迎えました。
私はその日はどうしても仕事の都合で午後から千葉市内に出張があり、祝儀と出迎えは副園長と主任のS先生に託しました。
昨日からは例年どおり地元鏑木町の御神酒所を手伝い、今日は子ども神輿です。子ども神輿は幼稚園を給与(食事場所)に開放しています。その準備で午前中は園に来ていました。
自宅は表町なので、自分の子ども達は高校生までは表町(停車場)の御神酒所でお囃子をさせてもらったり手踊りを楽しむなどしてお世話になり、家族で祭りを楽しんでいました。

1年に一度地域の中で老若男女が集まり皆で楽しめる祭りは、子ども達にとっても良き思い出になると思います。
宗教云々は別にして、人と人のつながりや地域のつながりが薄れる世相の中で、子ども達を中心とした祭りであれば、子ども達にとっても地域の中で様々な人と出会い、時には大人の世界をのぞけるこうした祭りも悪くないと思います。
小遣いを大事に持ち、露店で品定めしたりしながらする買い物も祭りならではの光景です。

写真撮影は出迎えを兼ねてS先生がしてくれました。
地元鏑木町の御神酒所です。金棒や綱を曳く中子ども達の中に卒園児もずいぶんいました。皆おおきくなりました。
「明神祭り さらば久しい」
DSC_0901 (1280x856)

DSC_0906 (856x1280)

DSC_0905 (800x535)

地元鏑木町青年会による麻賀多神社大神輿、白丁(はくちょう)を着こなす卒園児もすっかり凛々しい青年になりました。
DSC_0910 (1280x856)
  1. 2018/10/14(日) 12:04:01|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好奇心

ノーベル医学生理学賞を受賞された本庶氏の受賞した時の会見インタビューの中で、子どもたちに向けて話したことがとても印象的でした。「知りたい、不思議だと思うことを大切にすること」の言葉です。
日々園児と過ごす中で、職員室で仕事をしていると、「園長先生、これなんだろう」「何かな」「なあに」等それぞれ言い方は様々ですが、「何故」という気持ちを話してくれます。私は「本当だ、不思議だね」、「何だろう」と先ずはその気持ちに共感してあげるようにしています。
園児達と過ごす中で、先ほどの本庶氏の言葉ではありませんが、いつも園児達の言動から感じます。今は「いたずら」は負のイメージがありますが、本来は子どもたちの好奇心の裏返しだと思います。世の大人たちは、もちろん時には叱りながらも、どこか子どもたちがしたことだからと、良い意味で鷹揚に構える心の余裕がありました。今は世情でしょうか、そうした余裕が薄れ、大人が弱い立場の子どもたちを「いたずら」を理由に、厳しすぎる言動で諫める時があります。「三つ子の魂百まで」だからと、本来の言葉の意味をすり替えて、自己を正当化するように感じがします。
幼児期は色々なことに興味を持つ時期です。時には友達と相談したり考えたりします。自ら知りたいと思う気持ちは、とても楽しいことです。毎年3学期に行う音楽劇の年中組や年長組の取り組みを見ていると、学ぶ意欲には驚かされます。

もちろん私でも子どもの問いかけに即座に答えられる時もありますが、通常はあえて先生としてしたり顔ですぐに答えることはせず、「不思議だな、そうだね、しらべてみてわかったら教えてくれる」と先ずは子どもの気持ちに共感してあげるように心がけています。
そうすると、それぞれの子どもなりに、各クラスの備え付けの図鑑や本等で調べたりしてくれるようです。中には再度職員室に戻ってきて、答えを教えに来てくれる子どももいます。「ありがとう、良く調べたね」と感謝の気持ちを伝えると、得意げに嬉しそうに帰っていく子どもたちもいます。

ありがたいことに、四季折々に自然環境に恵まれた園庭で園児自らがそうした好奇心の芽を育てる自由な時間(自由に遊ぶ)がたくさん確保されているので、子どもの達の興味や関心は尽きることがありません。
これからもそうした子どもたちの知りたい気持ちや不思議に思う気持ちを育める空間と時間の環境を大切にしていきたいと思います。

全保育室に絵本とは別にNEOの図鑑シリーズを置いています。「なんだろう、不思議だな」と思った時に直ぐに調べられる環境を整えることが大切です。
DSC_0551 (800x535)

職員室前の廊下にも様々な図鑑等の図書棚があります。
DSC_0556 (800x535)

図鑑とは別に遊戯室や預かり保育の部屋には福音館の「かがくのとも」などの蔵書を置いています。
DSC_0558 (800x535)

DSC_0565 (800x535)

園庭で実をつけた果物です。子どもたちも興味津々で「この果物の名前は」「食べれるの」「いつ食べれるの」等好奇心はつきないようです。
お店売っている柑橘類に比べかなり大きく、普段目にすることも少ないようで余計不思議な果物かもしれません。
DSC_0593 (800x535)

DSC_0586 (800x565)
  1. 2018/10/07(日) 23:31:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・運動会に向けて

昨日、今日と2日間とも汗ばむほどの陽気の下、運動会の練習を行いました。
2日間とも最初は全学年によるかけっこ(徒競走)です。
スタートの合図は私がしました。運動会当日も園児達の競技の審判は全て私が行います。
園長として、運動会で審判が出来なくなったら引退しなくてはいけないと思う時もあります。かけっこはスタートが大事です。
特に年長になると「一等をとりたい」「勝ちたい」競争心が芽ばえ、スタートラインのところでもそうした気持ちが見え隠れする時があります。競争心も大事です。でもそれは他人と競うことよりも自分との戦いに転じていけるように、運動会をとおして学ぶ芽を育てることが大切です。最後まで走りぬく、靴が脱げても走る、転んでも最後まで独りで走る等色々な場面でありうることです。
ゴールのところでクラス担任が待っています。走り抜けて来た子どもたちひとり一人を受け止め、これからの行う種目への応援にもなります。
本園が運動会の一番最初の種目に「かけっこ(徒競走)」から始めるのは、そうした担任からの園児達へのエールも意識しています。
スタートからゴールまで約30メートルを駆け抜けます。

昨日1日のかけっこと年少組の表現(遊戯)の練習の様子の一部です。
DSC_0427 (2) (800x535)

DSC_0419 (2) (800x535)

DSC_0433 (2) (800x535)

DSC_0436 (2) (800x535)

DSC_0435 (2) (800x535)

DSC_0439 (2) (800x535)

DSC_0443 (2) (800x535)

DSC_0447 (2) (800x535)

DSC_0452 (2) (800x535)

DSC_0456 (2) (800x535)

  1. 2018/10/02(火) 23:03:06|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風24号について

今日はこれから夜半から明け方にかけて台風が接近または通過する予報です。くれぐれもご留意ください。不要な外出は避けましょう。川の水位や外の様子を見に行くこと等は、命の危険にさらされますので、やめましょう。
午後から園で書類整理をしていましたが、帰宅する前に台風の強風に備えて、園庭のベンチを片付けたりしていました。
公共交通機関も運休するようですが、賢明な判断だと思います。
何はともあれ、命の安全が一番優先だと思います。明日は現時点で通常通りの全日保育が出来そうですが、いずれにせよ変更する場合はメールによる緊急連絡網でお知らせします。

先週ぐらいから胡桃が落ちはじめ、園児達が金槌で胡桃を割る音が響きます。時折屋根に落ちる音や子どもたちの歓声も混じります。

DSC_0319 (800x535)

1日1個、爪楊枝で器用に食します。
DSC_0325 (800x535)
  1. 2018/09/30(日) 18:49:11|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寄贈「大型絵本」

今日は嬉しいお知らせがふたつあります。
ひとつは卒園生で7月の高校野球東千葉大会で活躍した東京学館野球部主将背番号5三塁手としてまた中軸打者として頑張った大塚瑠斗君が甥っ子の登園の際に顔を見せに来てくれたことです。
スタンドから見ていたグラウンドの姿以上に、側で見ていても、体幹を鍛えているだけにまぶしいくらいです。当時担任をしていたS先生も久しぶりの再会を喜んでいました。大学も内定したようで、大学でも野球部で頑張るとのことです。怪我には留意して、上を目指して欲しいと思います。頑張ってくださいね。嬉しさのあまり一緒に写真を撮影するのを忘れたのが唯一の心残りです。
ブログ7月15日付「第100回全国高等学校野球選手権記念大会東千葉大会」

もうひとつは写真でおわかりように、過日佐倉市城の辺地区の敬老会の慶祝遊戯に出演した際に、長年の出演に際し、金一封をいただきましたが、そのお金で大型絵本「ふしぎなタネやさん」を購入させていただき、届きました。そのお気持ちに報いるためにも、大事に読ませていただきたいと思います。記して感謝申し上げます。
ブログ9月17日付平成30年度「敬老の集い」慶祝遊戯出演(再掲)

DSC_0204 (800x523)
  1. 2018/09/25(火) 17:58:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ