FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

続・桜満開

今日4月1日から新社会人として新生活を始めた人も多いかと思います。もっとも新型コロナウイルス感染予防を鑑みて、入社式を取りやめたりする会社も多かったようです。
一番気の毒なのは、ウイルス感染に伴う業績悪化等で、直前に内定を取り消された学生さん達だと思います。期待に胸を膨らませて頑張ろうという意欲満々の気概をもっていただけに、本当に胸中を察すると切ないだろうしし、自分の力ではどうにもならないだけに気の毒としか言いようがありません。私事ながら息子がやはりこの3月に大学を卒業して、今日からご縁をいただいたところで社会人として新生活を始めただけに、とても他人事とは思えません。なんとか次の就職先が見つかることを祈りるばかりです。

本園も新しく本務教員として4名の教員が今日から仲間になりました。4名のうちの2名は大学を出たばかりの新卒です。後の2名はいずれも幼稚園や保育園でクラス担任としての経験がありますが、新しい職場での着任は新卒者同様に新鮮な気持ちで迎えたようです。他にも兼務教職員(パート)が複数内定しています。
園児数は昨年より若干少なくなりましたが、スタッフは前年度より増えています。
皆さん、求人条件もさることながら、園の教育方針も理解してくださっていることはとてもありがたいことです。
常々話すように、これも保護者の皆さんのご理解とご協力があってこそ、できることです。
そうした思いを裏切ることなく、新しいスタッフで子ども達の最善の利益を第一に「子どもとともに」を合言葉に新年度のスタートを始めたいと思います。
今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

P1050197 (800x600)
  1. 2020/04/01(水) 20:27:35|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日からブログも春休みをいただきます。

昨日は令和2年度入園児の1日入園を予定していましたが、新型コロナウイルスの感染を考慮して中止しました。保護者の方には園服や帽子などの用品をお渡ししましたが、春の陽ざしが降りそそぐ園庭で遊ばれていかれた親子連れもいらしたようです。
例年ですと約1時間ぐらい入園に際しガイダンスをさせていただく中で、私から新入園児の保護者の皆さんに園生活の留意点等をお話し申し上げるところですが、こればかりは残念ですが、致し方ありません。
今日から春休み中の預かり保育も始まりました。10人ほどの園児が利用してくれたようです。
私も少し休みをいただき、心身をリフレッシュして4月からの新しいスタートのための英気を養いたいと思います。
ブログも4月7日までの春休み期間中はお休みさせていただきます。時折不定期で掲載するかもしれません。
今年はこういう状況ですが、公園や自然のところで適度に身体を動かすことは心身の健康面からも良いようです。
子どもさんと思い思いに素敵な春休みをお過ごしください。

園にある園バス脇の山桜と遊戯室側のヨメイヨシノも咲き始めました。例年よりも早い開花です。入園式の頃は葉桜かもしれません。
時には満開の桜を愛でながら、厳しい冬を乗り越えて花を咲かせる桜の心情を思う心の余裕を持って、未来に希望を託したいものです。

DSC_0292 (800x533)

DSC_0295 (800x533)

DSC_0302 (800x533)
  1. 2020/03/25(水) 23:33:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

送別会

先日21日(土)、卒園式を終えた夕方から市内の料理店で3月で退職する教職員の送別会を行いました。
今は集まること自体を自粛する傾向ですが、幸い貸し切りという本園だけのスタッフしかいないという大きな理由もあり、送別会を催しました。
それでもお店側も、例年と違う形で机の配置や換気など最大限考慮してくれていました。お店の人が話すには、送別会はほぼキャンセルだそうです。
改めて飲食業界の方の心労をお察しします。毎年送別会をさせていただいているお店だけに、こういう時だからこそ、お店の同意があれば利用してエールを送りたい思いもありました。もちろんスタッフはこういう状況なので自由参加ですが、高齢で園の菜園を管理してくれているKさん以外は全員出席して新しい旅立ちをお祝いしました。

以前ブログでも話しましたが、新型コロナウイルスに罹ったら、その人の行いが悪いという風潮はどうかなと感じる時があります。誰も好きこのんでかかる人はいません。私も外出して罹っただけで、きっと責められるだろうなと自嘲しています。感染が終息するまでは自宅と園の往復のみで、後はどこにも行かないで修行僧のように籠ってこそ、園と園児を考えている立派な園長と言われるでしょうし、私のように外出して感染したら、ああやっぱりあの園長はと言われるのは間違いありません。さすがに私も感染場所として危ないといわれているところへの立ち入りは控え、不用な外出は避けています。
今回の送別会も送別される人は、こういう時だから無理に開催してもらわなくても気持ちだけで十分ですと話していましたが、前述した理由もあり、送別会をしました。

「一期一会」の言葉ではありませんが、仲間になったのも何かの縁、これから先も「縁」を大事にして、新しい素敵な人生を送って欲しいと願っています。また元保護者の皆さんや保護者の皆さんからも、退職を公表してから、別れを惜しむお気遣いをいただき、ありがたいことと思っています。
桜も咲き始めました。新しい旅立ちにふさわしい季節です。末長い幸せを祈ります。

DSC_0272 (800x533)

  1. 2020/03/25(水) 18:38:47|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卒園式に向けて

久しぶりのブログとなりました。明後日は第55回卒園式です。
今日まで自由登園ということもあり、園児たちによっては一度も登園していないためぶっつけ本番です。
そのため、例年と違った形での式典運営になりますが、一番の目的は園児たちに保育証書を手渡し、園を卒園して小学校に進学することをスタッフと保護者でお祝いすることです。
式典のご案内はすでに保護者の皆様に郵送でご案内した通りです。約1時間ぐらいを予定しています。
感染のことも考え、保護者は大人2名までで、兄弟などは別室で同時中継で画面でお祝いする形になりますが、室内の混雑回避を考慮しています。また保護者用の椅子も通常よりも間隔を離しているので、通常でも全員着席が難しいのですが、より椅子席は少なくなり、ご不便をおかけしますが、ご寛容ください。

2月下旬の音楽劇発表会から明後日の卒園式まで通常とは違う形での園運営になりましたが、保護者の皆様のご理解とご協力の中で運営することができ、改めて感謝いたします。
たくさんの保護者の方から有形無形の励ましや応援をくださり、深謝の気持ちいっぱいです。

今回のコロナウイルスについては色々な対応や見解もありますし、今の段階で何が正しいかは難しい面があります。
ただし、私見ですがいつもながら子ども不在で、ある意味インパクトのために子ども達を使った懸念がぬぐえません。
子ども達からみればつらい時期だったと思います。特にこの3月に卒園や卒業していく子どもたちの悲しくなる気持ちはある意味当然です。
そのためどういう形であれ、私は保育証書だけは卒園児に手渡ししたい気持ちでいっぱいでした。園で何かの事情でどうしも開催できない時は、クラス担任と一緒に家庭訪問してでも、手渡しするつもりでいました。
今日も遅くまでスタッフとともに最後の準備に余念がありませんでした。
後は当日の晴天を祈るだけです。

DSC_0230 (800x533) (2)

追伸
残念なお知らせがひとつあります。卒園式の紅白の祝い饅頭を毎年お願いしていた市内老舗の和菓子の大月堂さんがお店を閉店されました。何十年もお願いし、焼き印は園の園章で、双葉はこれから伸びゆく子ども達をイメージしていました。中味はぎっしりと餡が詰まっていました。そのため卒園式にはお祝い饅頭をご用意できませんが、ご了承ください。
DSC_0358 (800x527)

  1. 2020/03/19(木) 19:22:47|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬来たりなば春遠からじ

今日は昨日とはうって変わって初春の陽気でした。
園庭にも「春」がちらほらときているようです。
「明けない夜はない」その言葉をかみしめ、園児たちの心身の健康に留意しながら、先を見据えていきたいと思います。

DSC_0231 (800x533) (3)

DSC_0236 (800x533)
  1. 2020/03/15(日) 16:55:51|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ