FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

惜別

昨日は雪が降りしきる中、別れに立ちあいました。昨年5月につれあいをなくし、後を追うように旅立ったのも、夫婦の深い絆かもしれませんし、そう思いたいものです。羨ましい限りです。
十年以上生活を共にすると、家族同然です。夜遅く帰ってきても時には寝床から起きて迎えてくれたこともしばしばありました。
個人的にも動物が好きなので、実家にいる時から常に犬がいる生活でした。子ども達にとっても小学校低学年の頃に家族の仲間入りをしてから、いつも側にいただけに、より悲しみは深いかもしれません。
幸い家族皆で別れることができたのが、唯一の救いでした。
命あるものはいつかは別れがきます。
悲しみはつきませんが、前を向くことで、愛犬たちも安心してあの世とやらに行けることと思います。私もいつかは旅立つ身です。いつかはわかりませんが、再会を願っています。

DSC_0296 (800x533)

DSC_0307 (800x533)
  1. 2019/02/10(日) 14:25:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東総地方散策

今日は昼前から家人と一緒に年長組の園外保育の下見で東総地方のお寺を訪ねました。園から約1時間半ぐらいです。あわせて仮に行った場合に休憩を兼ねて遊べる公園を2か所見学しました。
幼児ですので、移動の時間と距離の問題また訪問先の安全性や食事場所や手洗いなど確認しておくことはたくさんあります。
行事もそうですが、準備(下見)が一番大事です。訪問候補地が決まると、クラス担任と再度訪問して、前述したことも含め細かいところまでチェックし、管轄している場所(公的機関等)とやり取りをします。またその後に再度私が独りで最終的に計画した時程度表に基づいてもう一度行くことがあります。
毎年テーマが変わるので、劇を創作していく中で、子ども達が学べたり深める意味で有益ならば行くことになります。これから子ども達と劇の話しを進めていく中で、クラス担任とも相談しながら、考えていきたいと思います。

夕方、訪問地を後にして、劇に必要な布を買いに津田沼にある手芸や生地等で有名なY店に行きました。たまにお供で行くのですが、楽しみは隣接する書店に立ち寄れることです。今日も故佐々木正美氏の著書と出会い、迷わず購入しました。

DSC_0020 (800x533)

DSC_0059 (800x533)

DSC_0002 (800x521)
  1. 2019/01/26(土) 23:52:53|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

保育参観

今日は保育参観でした。たくさんの保護者の皆さんが来園してくださり、ありがたいことです。来月2月3日(日)も節分保育参観があります。ご来園をお待ちしています。但し例の鬼ヶ島太郎の来園も予想されます。子分の鬼を7匹連れてくるらしいという噂です。わざわざ鬼ヶ島中学校まで行き、1年生2名をランチをだしにリクルートしたようです。但し鬼ヶ島高校の生徒にはランチは通じなかったようです。(笑)ご飯で純粋な学生さんを釣るなんて、実にいやらしい根性の持ち主です。是非存分に豆をぶつけてあげましょう。
申し訳ありませんが、豆は園児分しか用意がありませんので、投げたい方は豆持参でお願いします。
また鬼との戦いの混乱に紛れて、日頃からうらみつらみがある人に投げても大丈夫です。但し夫婦同士の豆の投げ合いについては何ら責任は持ちませんので、あらかじめご了解ください。「夫婦のけんかは犬も食わない」といいます。鬼ヶ島太郎は三下り半で脅され、家は冬景色との噂です。ちなみに太郎のカラオケの十八番は「津軽海峡冬景色」と「春一番」だそうです。冬からいつかは春へ、心境を歌に託しているとの噂です。
「鬼は外、福は内」今年も園内に園児達の元気な声が響くことを祈ります。

今日の保育参観の時に年長組全員で作成した歌留多を展示しました。歌留多の読み札は先日手紙で配布したとおりです。
毎年のことながら、絵札も楽しく、子どもらしい発想についつい笑みがこぼれてしまいます。2月3日も展示しますので、よろしければご覧ください。
DSC_0014 (800x533)

DSC_0010 (800x533)
  1. 2019/01/25(金) 15:11:46|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印旛沼近辺散策

今日の午後も昨日同様音楽劇の年長の園外学習のための候補地を調べに行きました。
テーマは決まりましたが、これから子どもたちと進めていく話し合いの中で、興味や関心に焦点をあてながら、劇作りに必要な資料や場をあらかじめいくつか考えておくことも大事です。
毎年のことながら、2月上旬までの週末はそうしたことに追われそうです。
家人は劇のエンディングのオリジナル曲の作曲に朝方までピアノと向き合いながら曲作りに取組んでいるようです。昼間は日常生活の音が聞こえるので、夜のほうが集中して曲作りに打ち込めるとのことです。
5クラス分(年少2クラスは同じ曲)あるので、はたから見ていても大変だと思いますが、音楽の才がない私はせいぜい邪魔にならないように息をひそめて、静寂な時間をみださないようにするだけです。また時間の許す限り食事の支度や差し入れをするぐらいです。(笑)
昔話や伝説にちなんだテーマを取り上げるために、神社仏閣も多いのですが、インターネットのお蔭で調べることに関しては重宝しています。

DSC_0128 (800x533)

黒糖プリンと珈琲で一息いれました。(古民家カフェにて)
DSC_0120 (800x533)

DSC_0131 (800x565)

DSC_0155 (800x533)
  1. 2019/01/20(日) 19:58:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1日入園

今日の午前中は来年度入園児の1日入園日でした。初めてご縁をいただいたか、兄弟姉妹に続いてまたご縁をいただけた方、初めての集団生活に本園を選んでくださった保護者の皆様の思いに感謝するとともに、2年後または3年後の卒園の際に入園させて良かったと思われるようにスタッフで微力を尽くしたいと思います。
3年保育の園児達は男女比は今年は圧倒的に女児が多く、1:2の割合いです。一昨年のように男児が多い時もありますが、例年女児のほうが多い傾向です。今年は転入園児を含めて同数です。

子どもたちが保護者と離れて2クラスに分かれて遊んでいる時間に保護者の皆さんに入園ガイダンスをさせていただきました。
冒頭園生活に慣れていくことが一番大事であり、生活リズムを作り、起床から就寝まで規則正しい生活を送ることで、疲れを残さないことが大切なことをお話させていただきました。「寝る子は育つ」の格言ではありませんが、今は夜更かしする子どもが増える傾向です。睡眠している間に分泌される成長ホルモンと身体の関係が科学的に証明されています。子どもたちにとっては早寝早起きの生活すなわち昼間外で身体を使って遊び、夕飯時にはこっくりしながら風呂も入らずに寝入ってしまうような生活が理想だと思います。
もちろん母親の就労もあり、慌ただしい中で育児や家事をこなす中で、頭では理解していても現実の生活とのギャップに悩む家庭もあると思います。そういう観点からも社会全体で産前産後や男女問わない育児休暇また男性が家事や育児への協力と理解が必要です。

さて子どもたちも今まで慈しんできた家庭から大勢の子どもたちがいる場所で生活する訳ですから、保護者の皆さんにとっても心配するのも当然だと思います。
でも「案ずるよりも産むが易し」の言葉ではありませんが、案外子どもさんはたくましいものです。
また園生活はご家庭の協力があってこそより有益ですので、ご心配なことや何か不明な点があれば、何なりとお問い合わせいただければ幸いです。
保護者の方が心配されると、子どもさんはそれを察知して心配になり、登園を渋りがちになる時もあります。

今日は午後からは年長組の音楽劇の園外学習の下見で某施設に下見を兼ねて見学に行きました。

デジタルの寒暖計はあるのですが、園児向けに以前から活用されている寒暖計を購入しました。赤い目盛りの上下を見て、温度を読み取ることが大切です。先日ご紹介した氷作りの学びにも活用できます。
DSC_0110 (800x533)
  1. 2019/01/19(土) 18:37:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ