FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

ご厚意に深謝

ご報告が遅くなりましたが、先週12月1日(土)の音楽発表会終了後、卒園に際し園でお世話になった御礼に何か園で必要なものに役立ててくださいと卒園記念品代として、世話人の皆さんで年長組保護者の皆さんを代表してご丁重にお届けくださいました。心から感謝申しあげます。
何かと出費嵩むの中、ご厚意に深謝するとともに、ご多忙の中新札という細やかなお心遣いまでいただき、どうもありがとうございました。
スタッフと相談しながら、子どもたちの利益になるものに有用に使わせていただきたいと思います。
決まりましたら、改めてご報告させていただきたいと思います。

P1040108 (800x600)
  1. 2018/12/08(土) 13:12:52|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幼稚園教諭採用難について

今日は夕方から佐倉市私立幼稚園協会の忘年会が市内某所でありました。市内私立幼稚園10園のうちの9園が加盟し、教職員の研修や親子で楽しめる観劇また子育て支援として保護者向けに子育てに有益な講演会を企画する活動をしています。
保護者の皆さんが考えている以上に園同士は仲が良く横同士のつながりもあります。互いに切磋琢磨しながらも、共存共栄をしています。
原則学期に一度園長会を開催し、前述した講演会や研修会の話をしますが、それとは別に毎年忘年会と称して、この時期に情報交換会を行います。お酒の力もあり、お互いの悩みや相談また保護者の皆さんには他言できないようないささか愚痴めいた話まで、ざっくばらんに話しあいます。お互いに同じような悩みはどの園でもあるので、こうした機会は大事かもしれません。そのため個室は不可欠です。

最近園長同士で話しあうと良く出る話題が、表題に掲載した「幼稚園教諭採用難」についてです。
今日も話題にのぼり、まだ求人を継続されている幼稚園もあるようです。保育士不足も顕著ですが、幼稚園は保育園のように所轄官庁が違うこともあり、厚生労働省管轄の保育園に比べると、処遇は天と地ほどです。やはり文部科学省は官公庁の中でも予算面を含め、力関係は弱いようです。来週10日(月)午後から県の役員として全国大会の集まりに行きますが、教諭の給与の低さは深刻な問題です。
やはりどの業界でもそうですが、給与が安いと質の低下は否めません。命を預かる仕事ですし休み時間もなく、朝から夕方まで気が抜けません。また保護者の幼稚園への意識の変化も若い先生にとっては時には対応しきれない場合があるようです。
今は圧倒的に保育園希望が多く、幼稚園は残念ながら不人気です。以前のように選ぶどころか求人を出しても見学どころか問い合わせすらない園もあるようです。やはり人気があるのも給与面等もさることながら、職場(園)の雰囲気や教育方針(自由遊びを主にしたのびのびとした方針)を重視するようです。

幼稚園が保育園と比べ人気がないといわれる点(学生さんの意見なので、誤解も多いと思いますが)
・幼稚園は保育園に比べて勉強するイメージが強く、子どもと一緒に遊べない
・給与面が保育園に比べると低い。
・ピアノの負担が大きい。弾く自信がない。*保育園の試験はピアノ実技がない園も多く、保育室にピアノがない園もある
・時間で帰れない、残業(夜遅くまで仕事がある)が多い。*保育園はシフト制なので、時間で帰れる
・独りでクラス担任をする自信がない。
・保護者が恐い。対応に自信がない
・子どものことで色々といわれるのではないかという不安感。

就職説明会や養成校の先生達との懇談やアンケート等から浮かびあがってきた主な点です。もちろん幼稚園業界として襟を正したり、改善しなくてはいけない面もあるのも事実です。但し保護者がこわいというのは多分誤解も多いと思います。私立幼稚園は保護者が選んでくるので、もちろん期待面もあるとは思いますが、教育方針に納得して入園されているだけに、ご理解や協力的な方が多いように思います。またピアノも学生さんにとっては重荷なる場合もあるようで、保育園のみならず最近は幼稚園の就職試験ですらピアノ実技を試験から外す園もあると聞いています。
先日の音楽発表会の席上でも私が少しお話しさせていただきましたが、ピアノという楽器は大勢で合唱したり合奏する時に一番優れている楽器だと思います。他の楽器がもちろん悪い訳ではなく、例えばギターがあれば持ち運び可能なので、園庭で歌うこともできるといった利点もあります。但し幼稚園という場を考えると、ピアノが一番だと思います。
全く初心者で養成校に入学してはじめてからでも幼稚園の先生として弾く分には本人の努力次第で十分習得できます。厳しいようですが、これぐらいの実技が学べないようでしたら、他のことも果たして習得できるか心配です。
どんな仕事でも技術面で学ぶことがあります。幼稚園の先生の場合はピアノを弾けるというのはその一つだと思います。
本園も数年前に気兼ねなく練習できるように、現在6保育室あるうちの桃2組の木製型のピアノ(猫足型)以外の5部屋のアップライトのピアノを全てヘッドホンをつかって練習できるサイレント型のピアノに入れ替えました。
スタッフも朝夕自主的に練習する姿を見かけることがあります。
養成校によってはピアノ実技を必修科目から選択科目にする学校もあると聞いていますが、教育現場におけるピアノの有用性も大事にして欲しいと願っています。
子ども達には音楽が好きになってもらいたいと願っていますが、それにはクラス担任の先生が常日頃から子ども達の前で楽しそうに曲を弾いたり歌ったりする環境も大事だと思います。

求人難の幼稚園業界ですが、ひとつの救いはクラス担任として子ども達と過ごし、ともに学びあいながら成長していきたいという意欲ある学生さんも少なからずいることです。
そうした学生さん達が初任者として先生となった時に、保育者として育つ職場環境をつくるのは理事長や園長また主任の役目です。いつも話すように園(園の雰囲気)の空気が大事と、今日の忘年会での話を聞きながら、改めて思っています。

今日は全園児で焼き芋で残った余りの芋をふかして、昼食後食べました。焚火の焼き芋に劣らず、甘みがあり美味しかったようです。
DSC_0657 (800x535)

DSC_0659 (800x535) (2)

DSC_0660 (800x535)
  1. 2018/12/05(水) 23:30:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽発表会を前に

いよいよ明日は音楽発表会です。今は午後6時過ぎ、会場設営も無事に終え、後は明日の本番を待つばかりです。スタッフも明日の本番を前に遊戯室のピアノで音楽講師のK先生の前で各自が弾く曲を弾き終えました。励まされたようです。
スタッフもぼちぼり帰り時支度をはじめています。
スタッフも大勢の保護者の前でピアノを弾くプレッシャーはないと言ったら嘘になると思います。こればかりは本人のメンタルなことも多少関係します。
私もはるか昔クラス担任の時に合唱や合奏の曲を弾いたことがありますが、直前までドキドキしていました。当日もピッチが速くなったように思います。練習してきても、本番はやはり雰囲気が違います。でも誰もがそれを乗り越えていかなければなりません。

明日は遊戯室が会場ですが、手狭のため、手紙でお知らせした通り、カーペット席は入れ替え制になりますが、ご賢察ください。園児達にとっては幼稚園という常日頃の生活し練習している場で合唱や合奏を披露できることが、一番力を発揮できますし、そうした環境があることはとてもありがたいことです。特に3歳児にとっては平常心でできることは、何よりの応援であり援護です。
確かにホールや公民館を借りて行うことも可能かもしれませんし、ご覧になられる保護者からみれば、我が子が良く見えるし入れ替え等もないしありがたいと思う方もいるかもしれませんし、否定は致しません。
但し子ども達のことを考えると、躊躇します。子ども達が出番のあいだの待ち時間をどこでどう過ごすのか。またそうそう何度も練習できる場所ではありません。予行練習の時ぐらいでしょうか。
また舞台と観客の近さがあるから、子ども達の息遣いや気持ちも伝わってきますし、一体感もあります。マイクも基本的に使わなくて、生の音を聞かせることもできます。でも舞台と客席が離れすぎるのが、本当に良いのかどうか。様々な課題も見えてきます。誰のための行事なのかと考えると、やはり園でできる環境を大事にしていきたいと思います。
改めて保護者の皆様のご理解とご協力に感謝申し上げます。

僭越ながら、一つだけお願いしたいことがあります。ビデオやカメラの撮影は従来から自由で各個人の裁量にお任せしていますが、せめて子どもさんの演技が終わった時に温かな拍手をしていただけると、子どもさんにとっても大きな自信と親からの何よりの嬉しい温かな祝福と応援と感じると思います。どうかよろしくお願いいたします。
またカーペット席でのビデオ撮影は座る場所にもよりますが、だいぶ条件が厳しいと思います。特に年長の合奏の前列(2列)は鍵盤ハーモニカがきますが、舞台の下に座り、カーペットとほぼ同じ高さの位置でかなり難しいように思います。
できましたら肉眼で見ることをお薦めします。
ビデオ撮影の場合でしたら、椅子席後方の立見席からの方が撮影にはよろしいかと思います。
明日は今日と同じような暖かな小春日和との予報です。
暖かな陽気と保護者の皆様の温かな応援で、子ども達があたたかな心につつまれることを祈っています。
明日はどうぞよろしくお願いいたします。

DSC_0557 (800x522)

DSC_0559 (800x535)
  1. 2018/11/30(金) 18:03:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二ャオ!バンビーニ2018

昨日は昨年に続いて日帰りで一般社団法人松本市芸術文化振興財団が主催し、まつもと市民芸術館が企画制作した「子どもの庭~二ャオ!バンビーニ」に遊びに行きました。ちなみにこちらは昨年の様子です。「チャオ!バンビー二」.htmlhttp://jhonan.blog102.fc2.com/blog-entry-3323.html

前回楽しかったこともあり、今年の「ネコ」をテーマにしたコンセプトにも魅かれ、遊びにいきました。またスタッフの皆さんが、遊びに来た子ども同様というか、むしろそれ以上に遊び心があるのが見ていて、気持ちよかったです。
今年はネコのテーマにちなんでスタッフの皆さんがネコに仮装していました。ある意味良い大人が時には完全にネコに成りきって子どもたちとかかわっている姿が嬉しいですね。
遊び心がある大人たちの姿は傍から見ていても気持ちが良いものです。
テーマにちなんだネコにかかわるワークショップや劇、絵本等また昨年に続いてバロンとニャオバンドライブが歌で盛り上げてくれました。

P1000984 (800x600)

今回は日帰りということもあり、帰りは会場となったまつもと市民芸術館から駅まで歩いて戻る途中、個人経営による自家焙煎の喫茶店で余韻を楽しみ、パン好きな方のお土産に昭和の匂いが感じられる天然酵母を使ったパン屋でパンを買い求めました。

松本には千葉駅始発午前6時38分南小谷行「あずさ3号」で行きました。1日1本しかありませんが、松本駅には午前10時23分に到着し、しかも途中の新宿駅での乗り換えがない千葉から松本まで直通で行く優れものです。車窓からは紅葉に染まった木々の景色を楽しめました。また八王子を過ぎて山梨県に入り、甲府を過ぎて進行方向右手に八ヶ岳が見えるころから、信州の山々の景色が鮮明に感じられます。風景をゆっくり見れるのは鉄道ならではの旅の楽しみです。約4時間弱の鉄道の旅を楽しみました。

P1000960 (800x600)

松本駅構内にリゾートビュー「ふるさと」が停車中で、初めて見ました。
P1000966 (800x600)

P1000965 (800x565)

会場のまつもと市民芸術館
P1000967 (800x600)

P1000969 (800x600)

色々な催し物が開かれました。
まつもとジャッグリングクラブのワークショップに参加させてもらいました。
クラウン・トッチのパフォーマンス
P1000975 (800x600)

P1000976 (800x600)

P1000977 (800x600)

P1000979 (800x600)

P1000980 (800x600)

P1000997 (800x600)

P1000994 (800x600) (2)

P1000993 (800x600)

P1040004 (800x600)

P1040005 (800x600)

演劇「ねこはしる」の開演前の舞台 KAKUTA とびだす童話「ねこはしる」より。素敵な劇でした。
P1000986 (800x600)

復路は松本駅17時18分発千葉行「あずさ30号」で一路帰りました。
車中のおともは地元のワインと地元産チーズ2種それにしめは信州名物おやき2個です。お蔭様で一人旅を堪能し、リフレッシュした1日になりました。
P1040007 (800x600)
  1. 2018/11/24(土) 23:15:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文化の日に思う

昨日1月3日は「文化の日」でした。園児達に祝日について朝の集まりの時に園庭で話したり、教室でクラス担任から幼稚園児にわかりやすいように話す時がありますが、「文化の日」は毎年のことながら、他の祝祭日にくらべて説明が難しく感じる時があります。
辞書(三省堂国語辞典)で文化の日を調べると「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」と書いてあります。
「文化」という言葉自体抽象的ですが、人間と関わっていることは誰もが、なんとなくわかっていると思います。私は学生時代文化人類学を専攻し、沖縄をはじめ南島諸島(離島)に行き、時には有形無形の文化財報告書を調査する機会がありました。要は人間の生活にかかわること全てであり、具体的には生業(農業・漁業・林業・職人の仕事等)、冠婚葬祭、墓地や葬式、民謡や踊り、、神社仏閣、仏像や絵画等といった文化財等また子どもの遊びの歴史や玩具もありじつに広範囲でした。
では幼稚園で「文化」とは何かと問われた時に、やはり園児達の音楽や絵画など芸術を呼ばれるものが当たると思います。もちろん園児達の遊びも文化であり、絵本やおもちゃ(玩具)も入ります。

文化は人間が生きていくうえでとても大事ものだと思います。音楽、映画、劇、書物また美術と出会うことで、希望と勇気をもらったり心の栄養になることがあります。でもそうした文化を感じる感性はやはり幼児期からの感性を育むことが大事だと思います。
園では音楽や絵を描いたり、工作をして楽しむ時間も大事にしています。もちろん歌い方や楽器の基本的なことまた絵を描くうえで筆の使い方や筆洗の洗い方又様々な描き方や材料があることを具体的に教えてあげることも大事です。

ただ描いた絵を大人の視点だけで評価するのは危険です。絵は子どもの心の表現といわれています。そこには上手下手はありません。本園は色々な展覧会への出品を誘われる時がありますが、全園児ならともかく、大体は園であらかじめ何点か選ぶことが条件になります。心の表現に上手下手はありませんし、選ぶのは難しいので、全てお断わりしています。展覧会が悪いのではなく、幼児の絵についてはそうした賞で評価するのはいかがなものでしょうか。絵に限らず音楽もそうですが、前述した感性を持つには、先ずは楽しむことを子どもたちに知ってもらいたいと思います。
初めての出会いを大事にしたいと思います。

先週、スタッフで来月の音楽発表会で演奏する合奏の曲を、園児達が実際に使う楽器をもちいて披露しました。
年少組
DSC_0706 (800x535)

年中組
DSC_0710 (800x535)

年長組
DSC_0718 (800x535)


子どもたちの絵に上手下手はありません。先ずはのびのびと楽しむ気持ちで描かせてあげたいものです。
DSC_0753 (800x535)

DSC_0754 (800x535)
  1. 2018/11/04(日) 14:13:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ