FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

記憶を受け継ぐ

25年前の昨日1月17日に阪神淡路大震災が発生しました。その日は、朝から遠方の親族の告別式のために車に同乗していましたが、車中のテレビに映し出されるニュースで神戸が震災で大変になっているらしいとの報道が繰り返し流され、ヘリコプターによる上空からの映像が強く印象に残っています。
以前研修で阪神淡路大震災記念「人と防災未来センター」を訪れたことがありますが、改めて当時の惨禍と防災教育の大切を学んだ記憶があります。

人間の記憶は忘れやすいものです。昨年は台風15号や19号また台風21号の影響による集中豪雨により、佐倉市内の鹿島川や高崎川の氾濫や市内の冠水もありました。でも日々の忙しい生活の中でとかく忘れがちになったり、しばらくはこないであろうと人間は自分に都合の良い方に考えがちです。また備えたから大丈夫と安心感を勝手に持ってしまいがちです。

大事な園児の命を預かる場所だからこそ、そうした考えは戒めなければなりません。長として決断する時に必要なスキルは常日頃の防災教育から身につけるしかありません。

また今後あってはならないことですが、震災の後の子ども達の心のケアについては記録としてまとめられています。その中で学校が子ども達のよりどころのひとつになる大切な場所になるようです。震災は二度とあってほしくありませんが、備えは必要です。
昨年春に保存期間(多くは5年間)を過ぎた飲料水や食料品を処分しましたが、これからも使わないようにと願うばかりです。

穏やかな年を祈ります。
DSC_0656 (800x565)
  1. 2020/01/18(土) 23:01:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼・大募集

ブログを読まれた皆さん、今晩は。鬼ヶ島に住む鬼ヶ島太郎です。
今はこのブログを園長ブタゴリラから乗っ取り、一言ご挨拶いたします。
表題のとおり、今年の2月3日(月)の節分の城南幼稚園乗っ取り計画に参加してくれる鬼を広く募集します。
少子化は人間のみならず鬼の世界にも影響しています。
鬼ヶ島も若者が減り、慢性的な人手不足で保育業界と同じです。平日の有給休暇がとりづらく、今年2月3日は平日ということもあり、日本国まで遠征する鬼がめっきり減ってしまいました。また「働き方改革」という言葉に代表されるように、公私をきちんと区別したいという鬼達が増え、人間界に遠征する時間よりも家族と一緒に過ごしたい鬼が増えているので、なり手がいないのも一因です。
現時点では節分での乗っ取り計画にもきたすことになりかねません。昨年は日曜日ということもあり、7匹で参加したのですが、それでも最後は園児達の勇気と頑張りに負けてしまったので、今年は私独りが出かけても厳しい状況なので、鬼の乗っ取り計画も断念することも考慮しています。これも時代の流れかもしれません。

鬼嫁は佐倉市の麻賀多神社の祭礼の事例を引き合いに、以前は10月14、15、16日の3日間の日で選んでいたのを、時代の変化にあわせて土日にして秋祭りという名目で祭礼日を変えたので、節分ももっと柔軟にして土日にすれば鬼達も参加しやすいのではと説諭しているが、2月3日にやってこそ節分であるという思いがなかなか変えられない。いつもこうしたことで夫婦喧嘩をしています。
私は時代を先取りしたり人や時代を見据えた人がたくさんいるので、この世の中に一人ぐらい時代に取り残されている酔狂な考え(人)がいても良いかなと思っています。

何はともあれ来る2月3日節分に子ども達を泣かせ、怖がらせ、鬼の力を見せつけたいと思う鬼たちを広く募集しています。
節分の主旨をご理解されている方なら、どなたでも歓迎します。身一つでいらしてください。準備等は全てこちらで用意します。
時間は午前9時頃から午後12時頃です。お昼に幼稚園乗っ取りを祝して会食して、解散します。
何かご質問等ありましたら、鬼ヶ島幼稚園・園長・鬼ヶ島太郎までお電話(043-484-0551)をお待ちしています。準備の都合上1月29日(水)までにお申し込みください。

過去の栄光の記録より
DSC_0208 (800x535)

DSC_0051 (800x533)

DSC_0195 (800x535)

DSC_0005 (800x533)
  1. 2020/01/16(木) 18:23:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝・成人式

今日は成人の日、市内でも成人式がおこなわれたようで、街中で何人か晴れ着を着た若い女性をみかけたりました。またこの3連休中に、ニュースの映像から全国でまばゆいばかりに晴れ着やスーツに身を包んだ若者達が会場内外で同級生たちと談笑している風景が映し出される光景を見ると、羨ましい限りです。

「おめでとうございます」一言お祝い申し上げます。
自分もはるか昔のことですが、成人式当日の写真屋さんからの一言は忘れない言葉です。これについては以前このブログでも成人式にちなんで話したことがあります。当時私は新しいスーツが新調できず、着古したスーツとぼろぼろの皮靴で友達と一緒に記念写真を撮影した時に、写真店の主人がこっそりと私に「写真代は特別に負けとくから、頑張るんだよ」と話してくれました。その時の優しい口調で上から目線でない憐れんだ物言いでもない言動が今も思い浮かびます。
当時は多少世間を斜めに見ているような若気の至りもあり、「ぼろは着てても心は錦」という思いもあったのですが、なぜかその温情を素直に嬉しく受け止めました。
でも今思えば、大学に行かせてもらえただけでもありがたいことです。
今は奨学金制度の充実等もあり、勉強する意欲がある学生さんにとっては進学がしやすい状況になったといわれていますが、社会人になってからの返済の負担は社会問題になっています。
保育料無償化はもちろんありがたいですが、社会保障費の中で教育費について興味深い記事があります。

『2016年の初等教育から高等教育の公的支出が国内総生産(GDP)に占める割合は、日本が2.9%と、35か国中最下位であることが、OECD(経済協力開発機構)が2019年9月10日に発表した調査結果より明らかになった。
 OECDの報告書「図表でみる教育2019年版」(Education at a Glance 2019)は、世界各国の教育の現状を測った比較可能な統計データを収録。OECD加盟36か国のほか、アルゼンチン、ブラジル、中国、コロンビア、コスタリカ、インド、インドネシア、ロシア、サウジアラビア、南アフリカの教育制度を分析している。
 2016年の初等教育から高等教育の公的支出が国内総生産(GDP)に占める割合は、「ノルウェー」が6.3%ともっとも高く、「フィンランド」5.4%、「ベルギー」5.3%、「スウェーデン」5.2%などが続いた。一方、「日本」は2.9%と比較可能な35か国中で最下位、OECD諸国平均は4.0%、EU23か国平均は3.9%だった。』

資源がない日本で大事なのは教育です。でも質の高い教育をするにはそれなりのコストがかかるのも事実です。
向学心のある若者が経済的事情で勉学を断念する状況だけは避けたいものです。
良くも悪くもこれからの社会を担うのは若者や子ども達です。私を含め今の大人達が若者が未来に向けて夢をもてるような社会をつくることが大事です。また自省を込めて立ち振る舞い等に留意して、模範となれるように気をつけなくてはと戒めています。

P1050032 (800x600)
*南天の花言葉
・私の愛は増すばかり
・機知に富む
・福をなす
・良い家庭

南天の花言葉は、縁起の良い花言葉ということで、成人された皆さんを祝す意味で贈ります。
  1. 2020/01/13(月) 23:58:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

干支を楽しむ

昨日は緑、黄、桃1組が畑に大根掘りにいきました。すでにご家庭で食されている方もいるかもしれません。
昨日の大根掘りの様子を掲載したいところですが、あいにく私が以前から先約でどうしても出席せざるえない会合があり、畑には同行できませんでした。畑の収穫は自然相手だけにある程度の時期は推察できますが、生育状況は確実に予測できません。当初は12月中の収穫も考慮していました。
ちなみに会合は幕張メッセのホテルで千葉県内の私学の幼稚園・小学校・中学校・高校・専門学校・大学の理事長、校長や園長が一堂に会し、千葉県知事をはじめ県内の選出の衆参議員や県議を招いて年賀を祝う政治的な要素もある会合です。県の私立幼稚園連合会の役員(常任理事)をしているため出席しました。
席上、母校の校長先生(もちろん代替わりしていますが、当時は役職がない普通の教員)に会い、昨年のオータムフェスタ2019で好評だった高校生のボランティアの件で相談したり、近隣の私立高校の校長先生にも募集依頼をお願いしました。幼児教育の世界を高校生や毎年お引き受けしている中学生の職場体験学習等の機会を通して、少しでも興味を持ってもらえるとありがたいです。

今年の冬休みは例年同様正月明けからに家人とお札を返しがてら、遅めの初詣をしました。子ども達からは年中喧嘩しているくせに、飽きもせず二人で一緒に旅行に出掛けるねとあきれられています。夫婦も長年連れ添うと、空気感のようなものかもしれません。
特にとりたててどこかに行くというよりも、街歩きを楽しみ買い物にお付き合いしたりと、お蔭様でゆったりとした3日間を過ごしました。

今年の正月も暖冬のようで、昨年の台風の発生といい、やはり地球温暖化の影響がささやかれていますが、こう気候が変動しているのを目の当たりにすると心配になります。

長年愛用している帆布の鞄屋さんで、行くたびに訪れます。
今回は修理をお願いに来店しました。持ち込んだ鞄は20年以上使っていて、これで3度目の修理依頼で、さすがに布も傷み厳しいかなと思いながら、愛着があるので捨てきれずに修理をお願いしました。店員さんが鞄を見ながら、ここまで使ってくれるとありがたいですが、修理担当に修理可能かどうか聞くので、後日連絡しますということで、愛おしそうに預かってくれました。(1週間後に連絡があり、布の切れた箇所は生地が弱り縫えないが、生地をあげるので、充てて手縫いして使って欲しいとの連絡有)
P1050043 (800x600)

毎年お札を返しに行く神社の附属幼稚園の年長児が干支にちなんだ貼り絵を製作して、神社の境内に飾っています。
今年は「子」年ですね。
P1050057 (800x600)

  1. 2020/01/11(土) 23:47:11|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・冬休み

今日も暖かな1日でした。昨日、今日と園で書類整理をしながら過ごしましたが、電話や来客もない静かな時間が過ぎていきました。
仕事の手を休めて園庭に出ると、相変わらず野鳥が賑やかに木々の枝を飛び交っています。
真っ青に澄み切った冬空を眺めながら、つかの間の静寂を楽しみました。
来週には園児たちの歓声に交じって羽子板の追羽根の音も聞こえることでしょう。
ブログも明日から3日間の冬休みをいただき、第3学期始業日の1月8日(水)から再開する予定です。
園児たちと元気な姿で再会することを楽しみにしています。残り少ない冬休みを楽しんでくださいね。

園バス駐車場脇の山茶花の開花が例年に比べ遅いようです。可憐な蕾のまま年を越したようです。
DSC_0580 (800x533)
  1. 2020/01/04(土) 23:55:16|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ