FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

続・乙女心

本園はご承知のようにこじんまりとした園なので、私を含め全スタッフは全園児の顔を知っています。家族的な雰囲気です。
また園児同士もクラスの枠を超えて、お互いに知っている子ども同士もいるようです。特に同じ学年同士だと保育室も隣同士ということもあります。
また自由遊びの時間も多いので、遊びを通して関わる時間も多いと思います。

ホールの片隅に毎年入園式当日に全スタッフで撮影した写真を飾っていて、意外と子ども達は見ています。
時には写真の顔を指さしながら、「○○先生」と子ども同士で楽しそうに会話している様子を見かける時があります。
私もたまに一緒に見るので、「この先生の名前は」と尋ねると「〇〇先生」と答えたり、「う~ん」と首を傾げたりしている様子が愛おしいですね。私の顔を指さすと「ブタゴリラ先生」と話してくれます。

過日、年長組の女の子たちと写真を見ながらそうした会話を楽しんでいて、私が自分の顔写真をさして「これは誰かな」と聞いたら、「ブタゴリラ」と言いつつ「キャー」と声をあげながら雲の子を散らすように逃げていきました。
後には、ひとり取り残された私が写真の前で呆然と立ちすくみ、「乙女心と秋の空」と何度もつぶやいてしまいました。
天国から地獄へ、いつものドラマが繰り返されます。(苦笑)

DSC_0825 (800x535)

DSC_0833 (800x535)
  1. 2020/07/16(木) 23:36:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乙女心

梅雨明け宣言は来週でしょうか。プール遊びも先の予定がたたず、来週もどうかなと危惧しています。
通常でしたら、今週土日に年長組が宿泊保育を実施し来週からは夏休みですが、新型コロナウイルスによる臨時休園等で計画変更を余儀なくされました。
このところ緊急事態宣言後の再度の感染者数の増加等園運営をするうえで色々と考えることも多く、ブログにもなかなか手が回らず、官公庁に提出する書類もたまる一方です。行事等全てを中止にしてしまえば、ある意味簡単で楽で杞憂すること等もないのですが、子ども達の思いと心身の健康面と安全面を勘案しながら、責任者として最大限情報を注視しながら保育することが責務と考えています。
また前述したことを踏まえ、本当なら現場よりも書類作成に勤しむべきでしょうが、悲しいかな園児達の声を聞くとついつい園舎内をうろうろしたり、今日の午前中のように青、桃2、赤組のリトミックを見学し、短時間一緒に参加してしまいました。

年少組も入園して早1カ月が過ぎ、だいぶ慣れてきたようで、最近は「園長ブタゴリラさん、遊ぼう」とデートのお誘いがあり、普段女性に縁がないので、喜んでハンカチ遊びで一緒に遊んでもらっています。
年長になると、「キャー」と化け物に出会ったように奇声をあげて逃げていきながら、わざわざまた近寄ってきては逃げていくという、いつもながら「乙女心と秋の空」に悩む日々です。

そんな中、年中赤組の女児が粘土で私の顔を作ってくれて、わざわざ担任の先生と一緒に見せに来てくれました。鼻のほくろといい、ふっくらとした顔と雰囲気があまりにも上手に表現されていて、思わず嬉しくて撮影しました。
心の励みにしたいと思います。どうもありがとう。こういうドラマがあるので、やはり幼稚園は3日やったらやめられません。(笑)

DSC_0906 (800x565)
  1. 2020/07/15(水) 21:34:10|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七夕

今日(日付は過ぎてしまいましたが)は七夕でしたが、あいにくの天気でしたが、それでも午後11時過ぎには雲の切れ間からいくつかの星が見え始めていました。
園庭で眺めているといつの間にか雲に隠れてしまいましたが、天の川では織姫と彦星の1年に一度の再会を喜ぶ姿を夢想しながら帰宅しました。
笹飾りの短冊に書かれた願いを見ると、毎年のことながら子どもらしい願い事が見られます。
「〇〇になりたい」という将来の職業、」「●●を食べたい」という食べ物、「△△をやりたい」という希望や夢を書いてくれた園児もいたようです。
中には「コロナウイルスがなくなるように」と何名かの園児が書いてくれていました。またここ数年は「ユーチュ-バ―」になりたいと最近の世相を反映した職業も目にします。
個人的な願いとしては、やはり子ども達の世界を大人がもっと柔軟な思考で大事にして欲しいと思います。
・子どもが自由に遊ぶ時間
・子どもの遊びの大切さ
・友達とのかかわり
・子どもの人格の尊重

後日園で笹送りをして、、飾りを燃やす予定です。

DSC_0891 (800x535)

DSC_0887 (800x535)

  1. 2020/07/08(水) 00:00:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は朝から昼過ぎまで雨が降り、職員室で独り仕事をしながら、時折雨脚が強まる音に手を休め、梅雨空を見上げた1日でした。
一昨日園バスの運転手さん達で、今週から予定している七夕飾りで使う竹を2本を竹林からとってきてもらいました。
例年ですと、クラスごとに飾るのですが、今年は誕生会やじゃが芋掘りもあり、例年と同じようにできず、各クラスが飾りを持ち寄ったり自由遊びの時に作った飾りを飾ることになりました。それでも園児たちの願い事を記した短冊だけは、クラスで作り飾るようです。
子ども達の一人ひとりの願い事も、毎年のことながら微笑ましく楽しみです。

DSC_0839 (800x533)

  1. 2020/06/28(日) 22:22:23|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蚊取り線香~城南の夏~

夏至も過ぎ、間もなく7月いよいよ夏本番です。
夏の風物詩といえば「蚊取り線香」、でもすでに昭和の思い出になりつつあるようです。
平成生まれのスタッフの中には初めて見る人も多く、以前屋外プールのために準備をお願いしたら、えらく煙が出るので、見ると、2本合わせたうちの1本を外さずに、2本合わせたまま着火したためでした。
それからは、蚊取り線香を使用したことがあるか、必ず確認しています。

個人的に結構好きで色々な種類を購入して、職員室で炊いては顰蹙をかっています。
蚊取り線香のあの渦巻きが煙とともに灰になって落ちていく様子を見ているうちに、いつのまにか夏の闇が訪れる今日この頃です。

DSC_0845 (800x533)
  1. 2020/06/27(土) 17:57:06|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ