fc2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

続々・音楽劇発表会に向けて

昨日、今日の2日間で予行練習を終えることができました。当日は、運動会と違い他のクラスの演技を見ることができないので、互いに見せ合う機会にもなります。
年少、年中、年長組とやはり学年があがるにつれて、劇への意識も変わります。特に年長になると他者を意識します。本来であれば、保護者の皆さんにも全ての学年を見ていただくことで、年齢による特性を知り、他者(他児)と比較する無意味さが理解しやすいのですが、手狭な会場でもあり、お許しください。
中にはどうしても舞台に立つことが苦手で、舞台裏で影絵を動かす役をお願いしました。舞台裏での様子を見守りましたが、喜々として一生懸命に取り組んでくれました。他児からも頑張ってお願いねと声をかけられたそうです。一人ひとりの思いに共感してあげることも大切です。
劇の練習も1月末から積みあげてきただけに、当日は全員での参加を願っています。

保育室での練習風景です。
DSC_3818_20240228194423c20.jpg

DSC_3853.jpg

DSC_3855_2024022819442619a.jpg

DSC_3856.jpg

DSC_3857_202402281944296fc.jpg

DSC_3860_20240228194430dfd.jpg

DSC_3861_20240228194433855.jpg


  1. 2024/02/28(水) 19:45:08|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

避難訓練

先日実施した避難訓練の様子です。
原則学期に1回、年に3回実施しますが、毎回場面を変えて行います。1学期は保育室、2学期は園庭での自由遊びの時に、今回は遊戯室に全園児で集合している時に非常ベルを鳴らしました。今回は園庭に避難しました。
火元は原則職員室奥の台所しかありませんが、万が一に備えています。
佐倉消防署員3名の方が立ち会い、見守ってくれました。
今回は子ども用の消火時の防護服を持参してくれたので、遊戯室で年長組で交互に見せてもらいながら、何人かの園児が消防士になりたいといった言葉が印象的でした。大人ですと衣服の重さは20キロぐらいあるそうです。それに時にはボンベを背負って消火活動をするのですから、改めて激務に敬意を表します。
冬場は空気が乾燥しますので、ご家庭でも火事には十分気をつけてお過ごしください。火事は全てを燃やします。

DSC_3970.jpg

DSC_3976.jpg

DSC_3978_20240213182823107.jpg

最初に12月、1月生まれの園児が代表で防護服を着せてもらいました。ふたりの若い男女の消防署員の方もやさしく教えてくれたり、着替えを手伝ってくださいました。どうもありがとうございました。
DSC_3987.jpg

DSC_3991.jpg

DSC_3994_202402131828284cd.jpg

DSC_4004.jpg

DSC_4002_2024021318283113b.jpg

DSC_4012.jpg

DSC_4007.jpg

DSC_4020_20240213182837a8f.jpg

DSC_4016.jpg

DSC_4026.jpg

  1. 2024/02/13(火) 18:53:43|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

組当番

先日から年長組で組当番が始まりました。年長組が6人が順番にひとりずつ各クラスに行き、先生に代わって朝の集まりや体操の時に前にたちます。体操終了後は各クラスの友達の前で友達からの色々な質問に答えます。小学校進級を前に人前で自分のことを話したりすることに慣れることをねらいにしています。
今年度ですと、ひとり2回組当番が回ってくるようです。

どのクラスにいくかは1回目は初めてという点も考慮し、担任が子どもの性格、園での様子、兄弟関係、地域又希望などを考慮しながら考えて、子ども達が登園してきたらわかるように、各自のロッカーに組当番バッチをあらかじめ置いておきます。
2回目からは子どもたちのグループ同士で話しあいをして、自分たちで決めるようにし、担任は見守ります。
間違ってもじゃんけんなどで決めないようにと話しています。
遊びの中での「じゃんけん」と子ども同士で何かを決める時に話し合いもせずに、安易にじゃんけんで決めないように、「じゃんけん」のする意味を区別することを知ることが大切です。
人間は対話ができる動物です。幼児期からそうしたことを体験を通して学んでもらいたいし、先生はそれを見守りどうしてもうまく話し合えない時に助言することが肝要です。

体操後は、各クラスから質疑応答があるようです。

・好きな食べ物は何ですか
・好きな飲み物(以下略)
・好きな遊び
・好きな動物
・好きな色
・好きな人

圧倒的に「好きな○○は何ですか」が多いようです。
様子を見ていると、皆、積極的に手を挙げて質問しているようです。
もっとも満3歳児や年少組ですと、手を挙げる子どもがいても「質問をどうぞ」といわれて、どうして良いかわからずに困ってしまう子どももちらほらいます。そんな光景も見ていて微笑ましいものです。

子ども達は組当番のバッチを胸につけると、誇らしげに張り切って当番をしてくれます。2回目が全員やり終えるまで、続きます。

DSC_3645.jpg

DSC_3607.jpg

DSC_3612.jpg

DSC_3608_2024013009274031a.jpg

DSC_3618.jpg

DSC_3628.jpg

DSC_3630.jpg
  1. 2024/01/29(月) 23:40:03|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤組(満3歳児)に新しいキッチンが入りました

藤組(満3歳児)も10名になり、来月新しく1名入園し、年少には11名で進級予定です。
昼食後、今日から新しく入ったキッチンや粘土遊びと思い思いに遊んでいる様子です。

DSC_3723_20240123234537d1d.jpg

DSC_3708_2024012323452641e.jpg

DSC_3711_20240123234529eb8.jpg

DSC_3707.jpg

DSC_3709.jpg

DSC_3713_202401232345322fd.jpg

DSC_3712.jpg


  1. 2024/01/24(水) 00:08:18|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続々・園庭で昼食を

今日もまた暖かな日ざしが差し込みました。年少・年中が園庭で昼食を楽しみました。1月とは思えない光景です。
工事も順調にすすんでいます。現場監督の方と話すと、とにかく人がいないとこぼしていました。建設や保育に限らす、どの業界も人材不足は顕著なようです。ロボットや人工知能(AI)も進化しているので、良い形で人材不足を補えると良いのですが、絵本読み聞かせロボットやロボット先生も遠からず登場するかもしれませんね。
人間の感情の機微をどこまで察知して、会話や気持ちに共感できる先生として活躍できるかがポイントかもしれませんね。

DSC_3687.jpg

DSC_3690.jpg

今日の献立「にくだんご・ツナじゃが・ごまあえ」
DSC_3698.jpg

*研修会のご案内
千葉県私学教育振興財団HPの研修案内にあるGoogleフォームから、どなたでも申し込みができます。

講師:松原 仁 先生 
   東京大学次世代知能科学研究センター教授
   東京大学大学院情報理工学研究科附属情報理工学教育研究センター教授

概要:人工知能研究の第一人者、松原 仁 先生による講演会
   演題 「われわれ人間は人工知能とどう付き合っていくべきか」
   〔近年、急速な進歩を遂げている人工知能と人間が共存する未来について語る〕

日時:令和6年3月9日(土)
   14:30~16:00〔受付 14:00~〕

会場:千葉経済大学 2号館 講義室
   〔〒263-0021 千葉市稲毛区轟町3-59-5〕

募集人数:300名〔応募者多数の場合は抽選〕

参加費:無料

申込締切:令和6年2月22日(木)


  1. 2024/01/19(金) 16:20:01|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ