FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

園外保育~年長組でコスモス畑で秋を楽しみました~

このところ肌寒い日が続きます。いよいよ今週20日(土)は第54回大運動会です。気温の変化で体調を崩しやすい時季なので、健康管理に気をつけてください。運動会当日はひとりの欠席者もなく、全員で運動会を迎えられることを願っています。
すでにメール配信でもお伝えしたように明日と明後日の2日間は予行練習が予定されています。ご都合のつく方はご覧にいらしてもかまいません。年中や年長になると、子どもさんによっては本番を楽しみにして欲しいので、家族は見に来ないで欲しいと話す子どもさんもいるようです。それはそれで成長の証として尊重してあげても良いかもしれません。各ご家庭で子どもさんとご相談されながら、ご思案いただければと思います。
予行練習の見学可とした大きな理由のひとつには、運動会当日土曜日でも仕事の都合で来られないおとうさんが必ずいるので、平日で都合つけられたらどうぞ予行ですが見に来て欲しいというのも理由のひとつです。家族で見れる機会があれば、それに越したことはありません。子どもさんの成長はできる限り、家族で楽しみたいものです。

さて先週10月10日(水)に年長組で佐倉市のふるさと広場のコスモスフェスタに行き、「秋」を楽しんできました。運動会前なのにと思われるかもしれませんが、過日のブログでも話しましたが、運動会の練習一色では秋の季節がもったいないと思います。これぐらいの余裕がある方が嬉しいですね。クラス担任からコスモスを見に行く話があった時に、「喜んで」と某チェーン店の居酒屋のうたい文句ではありませんが、喜んでお供しました。

過日のふたつの台風の影響で、コスモスが強風でなぎ倒されてしまい、天気の回復とともにようやく真っ直ぐ伸びて立ち上がってきたとのお話でした。そのためか背丈が例年に比べ低く、いつもは背丈が園児の背を超える時もあり、まるでコスモスの迷路に迷い込んでいるように感じる時もありますが、今年は、園児たちの視線から畑が見渡せたようです。
秋の暖かな日差しを浴びて、風車を背に色とりどりのコスモスが咲き始め、園児達も思い思いにコスモスの花に見入っていたようです。

DSC_0695 (800x535)

DSC_0699 (800x535)

DSC_0701 (800x535)

DSC_0697 (800x535)

DSC_0708 (800x535)

DSC_0704 (800x535)

DSC_0709 (800x535)

DSC_0707 (800x535)

DSC_0703 (800x535)

DSC_0714 (800x535)

DSC_0718 (800x535)

DSC_0765 (800x535)

DSC_0767 (800x565)

クラスごとに皆で観察した後は、次の約束を子ども達に話して、それぞれ自由にコスモスを観察する時間を作りました。
・通路のみ歩いて、花畑には入らない
・匂いをかぐのは良いが、花に触ったり折ったりしないように気をつける
・他のお客さんもいるので、大声を出さず静かに観察し、走らずに歩いて移動する。
DSC_0737 (800x535)

DSC_0738 (800x535)

DSC_0741 (800x535)

DSC_0746 (800x535)

DSC_0743 (800x535)

DSC_0747 (800x535)

DSC_0748 (800x535)

DSC_0749 (800x535)

DSC_0754 (800x535)

DSC_0755 (800x535)

DSC_0756 (800x535)

DSC_0751 (800x535)

DSC_0758 (800x535)

DSC_0763 (800x535)

DSC_0716 (800x535)

DSC_0759 (800x535)

最後に子ども達も興味があった風車小屋の一階のみですが、立ち寄りました。時間があれば2階にあがりたかったのですが、残念です。今度は良かったら家族で来てみてねと伝えました。
DSC_0776 (800x535)

DSC_0770 (800x535)

DSC_0771 (800x535)

DSC_0773 (800x535)

クラスごとにコスモス畑を背景に記念撮影をしました。
青組
DSC_0728 (1280x856)

緑組
DSC_0730 (1280x856)
  1. 2018/10/15(月) 19:18:43|
  2. 園外保育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昆虫採集

昨日、今日の2日間で身体測定を行いました。
子ども達は大きくなることが大好きで、大人のように体重の増減で一喜一憂することなく、身長が伸びたといっては喜び、体重が増えたといっては嬉しそうな顔をします。メタボの私から見れば羨ましい限りです。自業自得といってしまえばそれまでですが、結婚前の今より体重が30キロ近く痩せていた体型に戻りたいとおもいつつ、幸せ太りと体重計で測定するたびに、無理に納得している自分がいます。
園児測定用の体重計はデジタルではなく、ばね式の針が上下に揺れる体重計に限ります。針の動きと数値が一致する様子を見るのも学びです。
DSC_0833 (800x535)

DSC_0836 (800x535)

心なしか幾分日ざしが、7月8月の真夏日に比べてやわらいでいるように感じます。園庭では補虫網を持って虫採りに勤しむ子ども達の姿も見かけます。
友達同士で三々五々園庭を走り回り、虫の居場所の情報交換をしている会話を見かける時があります。
堆肥場近くの茂みから聞こえてくる虫の音、池付近に飛来するトンボ、草地で見かけるバッタやカマキリを探します。
以前にもこのブログでお伝えしましたが、子ども達は虫採りの時はとることに夢中で虫の姿を見ていません。補虫したら、虫籠等に入れてしばらく、観察させてあげるとより昆虫に興味関心を持つと思います。
虫メガネ等で拡大してみると、昆虫の緻密な様子がよりわかると思います。
図鑑も手元にあると嬉しいですね。バッタや蝉で終わらせるのではなく、それぞれの特徴から名前を調べていくと良いと思います。
また虫の持ち方、例えばトンボの羽には翅脈(しみゃく)と呼ばれる脈が流れ、その翅脈には脈血管が流れていて、羽をつかむと血管が折れて飛べなくなってしまうなど、それぞれの昆虫の特徴を図鑑を通して学ぶこともできます。
補虫したら、その後は飼育するなり放すなり、家庭で飼育できるかどうかを含めて、子どもと相談しながら考えると良いと思います。

ひとつ気をつけていただきたいのは、保護者(特に女性)の方の中には虫が苦手で、子どもが持ってきただけで、悲鳴をあげたり嫌な態度をされることは避けた方が良いと思います。子どもは父母が大好きです。自分が好きな人が嫌がることはしたくありません。特に気持ちの優しい子どもほど、そうしたことを敏感に感じます。苦手なお気持ちはわかりますが、そうした態度をとると、子どもは昆虫に興味や関心をだんだんなくしがちです。子どもにとっては宝物を見つけた気分ですので、まずは気持ちを汲んでいただけるとありがたい
です。
また補虫は大人が考えている以上に、子どもたちにとってはなかなか難しいものです。捕まえた時の苦労等、是非子どもの気持ちに共感してあげてください。
しばらくは木々の緑の合間から、白い補虫網が見え隠れする日々が続きます。

DSC_0839 (800x535)

DSC_0841 (800x535)

DSC_0845 (800x535)

DSC_0846 (800x535)

堆肥場の枯れ草を積みあげているところから、虫の音が聞こえてきます。
DSC_0849 (800x535)

DSC_0850 (800x535) (2)

コオロギを捕まえたようです。
DSC_0852 (800x535) (2)

DSC_0856 (800x535)

土から這い出してきたたくさんの幼虫に皆興味津津です。
DSC_0853 (800x535)

DSC_0861 (800x535) (2)

DSC_0864 (800x565)


  1. 2018/09/06(木) 18:54:11|
  2. 園外保育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宿泊保育③~2日目の様子~起床からDL(ミニ鉄道)まで

2日目の様子です
朝食前に、皆で朝の体操「猿飛忍者ヒーロー」をしました。身体も目覚めたかな?
朝食を食べ、DL(ミニ鉄道)に乗車し、予定ではその後小1時間屋外のアスレチックで遊ぶ予定でしたが、熱中症を考慮して、早めに園に戻りました。
例年に比べて異常とも思える真夏日が続く中での宿泊保育の実施で、真昼の屋外遊びの中止など予定変更はありましたが、一番の大きな目的である「親と離れて、友達や先生と一緒に過ごして、自立心を育み、自分でできるという自信を持つ」ということがそれぞれの子どもさんなりに達成できたと思います。
長い夏休みが始まりましたが、今度は「サマーフェスタ2018」(自由参加)や「夏期保育」(自由参加)また第2学期始業の日に元気な姿で会うのを楽しみにしています。

起床後は友達と協力して、シーツをたたんだりして皆で片付けをしました。
DSC_0436 (800x535) - コピー

DSC_0437 (800x535) - コピー

DSC_0440 (800x535) - コピー - コピー
DSC_0444 (800x535) - コピー - コピー

朝の体操風景
DSC_0450 (800x535) - コピー

DSC_0447 (800x535) - コピー

DSC_0452 (800x535)

朝食風景
DSC_0454 (800x535)

DSC_0457 (800x535) (2)

DSC_0458 (800x535)

DSC_0459 (800x535)

DSC_0460 (800x535)

DSC_0463 (800x535)

お世話になりました。
DSC_0465 (800x535)

DSC_0469 (800x535)

DSC_0471 (800x535)


皆でDL(ミニ鉄道)を楽しみました。
DSC_0474 (800x535)

DSC_0495 (800x535)

DSC_0505 (800x535)

乗車を待っている間、ミニ鉄道の前の広場で遊びました。シャボン玉お兄さんが子ども達を楽しませてくれました。
DSC_0492 (800x535)

DSC_0476 (800x535)

DSC_0481 (800x535)

DSC_0478 (800x535)

DSC_0480 (800x535)

DSC_0483 (800x535)

DSC_0489 (800x535)

くさぶえの丘ともお別れです。それぞれの子どもさんなりに思い出ができたことと思います。
DSC_0510 (800x535)

DSC_0511 (800x535)
  1. 2018/07/25(水) 23:43:44|
  2. 園外保育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宿泊保育②~スタンプラリーからキャンプファイヤーまで

おやつにかき氷を食べた後は、部屋でしばらく涼み、子どもたちも楽しみにしているスタンプラリーを7、8人のグループに分かれてチームを作り、各チームに先生もはいります。
園舎内におかれたスタンプのある場所を見つけ、最後に全部押印したらゴールします。
スタンプラリーを楽しんだ後は、待ちに待った夕食です。
夕食を食べた後は、メインイベントのキャンプファイヤーです。火の神からクラスごとに火をもらい、やぐらに火がともり始まります。
皆で踊ったり歌ったりして楽しみ、やぐらの火も消えて、夜の暗闇が戻る頃、楽しかったキャンプファイヤーも終わります。
クラスごとに担任と一緒にお風呂に入り、パジャマに着替えて就寝します。
こうして1日目は過ぎていきました。

かき氷を食べ終えて、部屋に戻る途中に陳列しているたくさんの動物や鳥の剥製を見学しました。
DSC_0319 (800x535)

DSC_0320 (800x535)

スタンプラリーのひとこまです。私はその時にキャンプファイヤーの準備のために様子は見れませんでしたが、後日掲載するフォトクリエイト社カメラマンによる写真で様子をご覧ください。
DSC_0324 (800x535)

DSC_0326 (800x535)

DSC_0327 (800x535)

これから夕食にむかいます。
DSC_0333 (800x535)

夕食風景です。
DSC_0337 (800x535)

DSC_0335 (800x535)

DSC_0341 (800x535)

DSC_0339 (800x535)

お風呂です。皆で入浴しました。
DSC_0342 (800x535)

キャンプファイヤーの様子です。
くさぶえの丘に住む火の神が青組と緑組の火をもらう代表の子どもを従えて、姿を現します。
DSC_0345 (800x535) (2)


DSC_0352 (800x535)

DSC_0359 (800x535)

青組
DSC_0354 (800x535)

DSC_0360 (800x535)

DSC_0362 (800x535)

緑組
DSC_0355 (800x535)

DSC_0364 (800x535)

DSC_0365 (800x535)

それぞれのクラスの松明に火の神からいただいた火がともり、火の神と一緒に火のついた松明でやぐらに火をつけます。
DSC_0366 (800x535)

DSC_0369 (800x535) (2)

DSC_0374 (800x535)

DSC_0377 (800x535)

DSC_0378 (800x535) - コピー - コピー

火がキャンプファイヤーの場を明るくします。チクサクコールの掛け声とともにキャンプファイヤーの幕開けです。
DSC_0373 (800x535)

DSC_0380 (800x535)

DSC_0383 (800x535)

先生たちによるスタンツです。
DSC_0393 (800x535)

DSC_0395 (800x535)

DSC_0409 (800x535)

DSC_0397 (800x535)

DSC_0404 (800x535)

歌って踊って約1時間近く楽しみました。
音源はCDとアコーデイオンです。音色がキャンプファイヤー場に響きます。
DSC_0391 (800x535)
DSC_0413 (800x535)

DSC_0389 (800x535)

DSC_0388 (800x535) - コピー

DSC_0414 (800x535)

DSC_0422 (800x535)

DSC_0420 (800x535)

DSC_0424 (800x535)

DSC_0417 (800x535) - コピー

DSC_0418 (800x535)

本園のキャンファイヤーの特長は火の神を登場させ、火をメインに火が消えてキャンプファイヤーもお終いです。
動物でも人間だけが使うことができる「火」の特性、暗い場所でも明るくする火、夜の闇を明るくして人間を襲う動物達から命を守り、料理に使って温かなものを食べたり焼いたりと、私たちの祖先は「火」を使い、生活に役立ててきました。今は昔はあたり前にあった日常生活の中での「火」の存在が遠ざかり、見えなくなってきています。家のオール電化システムもそうした傾向に拍車をかけます。(もちろん火事予防といったメリット面もたくさんありますが)
だからこそ、子どもたちに本物の「火」を見せてあげたいと思います。
そのために花火などはあえて一切行わず、「火」の特性を子どもたちに知ってもらえるようなねらい(教育的価値)を取りいれています。先生たちのスタンツが見えるように、投光器を使う時はあります。
  1. 2018/07/24(火) 21:44:40|
  2. 園外保育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宿泊保育①~1日目出発から陶芸・おやつのかき氷まで

年長2クラスで7月21日(土)、22日(日)とくさぶえの丘で宿泊保育を実施しました。
今年は例年にもまして真夏日が続く異常とも思える天候状態の中で実施したため、熱中症対策のために当初の予定を大幅に変更して日中の外遊びは中止し、出発時刻の変更や2日目もDL(ミ二鉄道)乗車後は、屋外のアスレチックで遊ぶ予定でしたが、割愛して予定を早めて、お知らせした解散時刻まで園で過ごすように計画を変更しました。
園に着くと保護者の方が解散時刻よりも早めにお迎えに来てくださってる方も多く、順次解散していく形をとらせていただきました。
発熱等で途中でお迎えに来てもらった園児がいましたが、幸い熱中症にかかり体調を崩した子どもさんはいなかったようです。
厳しい暑さが続くだけに、宿泊保育を無事に終えたことに安堵しています。特に今回はめったにないことですが、無事に子どもさんをお渡しした後は、心身ともぐったりしてしまいました。特に私自身格別に何かした訳ではないのですが、期間中は子どもたちの命を預かる仕事の重みと責任感の重さを改めて痛感しています。手前味噌ですが、スタッフも暑い中、頑張ってくれました。
当初の予定とは違う急な変更にも拘わらず、ご理解とご協力をいただいた保護者の皆様にもこの場をお借りして感謝申し上げます。何かお気づきのことなどありましたら、ご教示ただければ幸いです。

チクサクコールをしてこれから出発です。
DSC_0157 (800x535)

昼食風景
DSC_0159 (800x535) (2)

DSC_0166 (800x535)

DSC_0170 (800x535)

DSC_0175 (800x535)

DSC_0173 (800x535)

食事後は園児達に食器の片づけをお願いしています。昼食、夕食明日の朝食と片付け食器を増やしていきます。
先ずは自分で使ったスプーンとフォークから片づけました。
DSC_0179 (800x535)

DSC_0182 (800x535)

涼しい部屋で大型絵本で一息入れます。
DSC_0185 (800x535)

くさぶえの丘の所長さんからご挨拶をしていただきました。
DSC_0187 (800x535)

手伝ってくれる学生ボランティアの皆さんのご紹介をしました。学生さんも良く動いてくれました。
DSC_0193 (800x533)

DSC_0196 (800x533)

DSC_0197 (800x533)

外ではハワイアンミュージックの企画を行っていました。色々なバンドが出演されていたようです。
DSC_0202 (800x533)

DSC_0201 (800x533)

DSC_0281 (800x533)

松林を通って陶芸舎へ、さすがに林の中は涼しく、別世界のようでした。
DSC_0203 (800x533)

DSC_0204 (800x533)

陶芸舎で思い出に世界で唯一の自分だけのオリジナルのお皿を作りました。乾燥して焼いて、出来上がりは9月末でしょうか。
陶芸を教えてくれるOさんも実は卒園生です。毎年丁寧にわかりやすく教えてくださいます。
DSC_0231 (800x533)

DSC_0255 (800x533)

DSC_0256 (800x533)

DSC_0257 (800x533)

DSC_0258 (800x533)

DSC_0259 (800x533)

DSC_0262 (800x533)

DSC_0267 (800x533)

DSC_0269 (800x533)

陶芸を終えた後は、熱中症対策として、持参した水筒とは別に、園で用意をした少し薄めたスポーツドリンクを必ずコップ一杯飲むようにしました。
DSC_0274 (800x533)

やり終えた子ども達から三々五々松林を通って戻ります。
お楽しみのおやつとして、かき氷が待っています。
DSC_0278 (800x533)

暑い日には冷たいかき氷が何よりです。自分の好きなシロップを選んで満喫したようです。
隣ではハワイアンバンドの演奏が聞こえてきましたが、子どもたちの視線はかき氷器一直線のようでした。
DSC_0280 (800x533)

DSC_0289 (800x535)

DSC_0304 (800x566)

DSC_0293 (800x535)

DSC_0282 (800x533)

DSC_0297 (800x535)

DSC_0313 (800x535)

DSC_0311 (800x535)

DSC_0317 (800x535)
  1. 2018/07/23(月) 23:46:38|
  2. 園外保育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ