FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

じゃが芋

今日で全園児がじゃが芋掘りを終えることができました。7月8日に園として行きましたが、当日欠席した子どもさんも複数いて、登園してきたら、天気や行事などを勘案しながら時々職員と畑に行き、じゃが芋を掘りました。こうした自由が利くのが自前で畑がある良さかもしれません。
今年は天気の関係もあり、幾分小ぶりですがそれなりに収穫でき、今日は芋をふかして昼食時に各クラスごとに出しました。
味付けはアレルギーの子どもさんもいるので、マーがリン、マヨネーズ、塩の3種類から選んだようです。
料理にも応用範囲が広い食材ですが、気をつけていただきたいのはじゃが芋の食中毒です。
すでにご承知の方も多いと思いますが、農林水産省HPから引用しましたので、ご参考にしてください。特に自宅や学校内で収穫した際に誤って食べて発症する場合が多くあるようです。
本園は佐倉市人材シルバーセンターを通してプロの農家の方に委託しています。長年お願いして園や子ども達のことも良く知っており、さつま芋の苗植えやじゃが芋の種芋植えの時なども畑の先生として子ども達に教えてもらっています。
園の菜園も夏野菜が収穫の佳境を迎えています。
来週ぐらいには梅雨が明けるかもしれないとの予報です。夏野菜を食べてしっかり睡眠をとり、暑い夏をお互いに乗り切りたいものです。

DSC_0275 (800x535) (3)

DSC_0278 (800x535) (2)

DSC_0282 (800x535)

じゃが芋の中毒を防ぐ(農林水産省HPから引用)
・ジャガイモの芽(芽とその芽の根元)や、皮(特に光が当たって緑色になった部分)には、天然毒素であるソラニンやチャコニンが多く含まれているので、これらの部分を十分取り除くこと。
・家庭菜園などで作られた未熟で小さいジャガイモは、ソラニンやチャコニンを多く含んでいることもあるので、注意が必要。
・芽が出ていたり、皮に緑色の部分があるジャガイモは買わないようにする。
・家庭での長期間の保存を避け、ジャガイモはその都度必要な量を購入する。
・ジャガイモの保存する際はかごや通気性が良くなるように穴をあけたポリ袋に入れて、暗くて、涼しく、通気性の良い場所で保存。20℃以上になると発芽、腐敗しやすくなりますので、10℃くらいの涼しい場所が好ましい。但し冷蔵庫に入れる必要はない。
ジャガイモを冷蔵すると、糖の濃度が高くなり、揚げたり炒めたりしたときにアクリルアミドという有害物質のできる量が増える可能性がある。
・苦みを感じたら、食べない。
詳細は「じゃが芋の食中毒」で検索すると、色々な情報が入手できます。


  1. 2019/07/17(水) 15:49:24|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カブトムシ&クワガタ

園バスのS先生が自宅近くで見つけたカブトムシ2匹とノコギリクワガタ1匹を持ってきてくれました。
職員室前の机に置いておくと、職員室隣の黄組の子どもたちを中心に触ったり見たりと賑やかでした。
やはり「カブトムシ」や「クワガタ」は人気があるようです。
以前は園の照明灯に背後の山から飛来し、朝になるとよく見かけましたが、最近はご無沙汰です。
何歳になっても、昆虫観察は楽しいものです。

DSC_0275 (800x535) (2)

DSC_0278 (800x535)

DSC_0284 (800x535) (2)

DSC_0287 (800x535)


  1. 2019/07/16(火) 18:25:03|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風鈴

梅雨空が続きます。
風鈴も梅雨明けの夏空のもとで飾りたいところですが、来週17日(木)が終業式の日を迎え、夏休みに入ります。
風鈴を知ってもらいたく飾りました。夏の風物詩としても有名ですが、住宅の密集地では生活騒音としてもとらえられがちで、留意が必要です。
ありがたいことに園庭があるので、軒先や室内に吊るして、色々な種類の風鈴の音と風景を楽しめます。
蝉時雨に代わる雨音と風鈴の音のコラボも一興かもしれません。

園で飾ってる風鈴あれこれ
DSC_0275 (800x535)

私が好きな風鈴のひとつ
沖縄産で琉球ガラスに舌(ぜつ)は砂浜のサンゴを使っています。沖縄の海を思い出します。
DSC_0015 (800x533)

駿河竹千筋細工の風鈴
駿河竹千筋細工は、江戸時代初期に、主として武士の内職として始まりました。真竹と孟宗竹を主に用い、細く丸く削られた竹ひごをしなやかに曲げ、輪に組み込んでいく技法
DSC_0018 (800x533)

有名な南部鉄器を使った風鈴
DSC_0026 (800x533)

江戸風鈴 絵柄も様々で、西瓜の形をした江戸風鈴も飾っています。鳴り口がギザギザになっているのが特徴です。
DSC_0041 (800x533)

漆で絵付けした風鈴
DSC_0025 (800x533)

陶器できた風鈴
DSC_0031 (800x533)
  1. 2019/07/13(土) 16:20:28|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思い思いに楽しむ

雨の1日、夕方から夜にかけてかなりまとまって降るようです。帰宅時とも重なるかもしれません。ご留意ください。夕方から幕張メッセで全千葉私立幼稚園連合会(県内の私立幼稚園の集まり)主催の若手後継者の研修会があり、これから取材に行きますが、以前自分も若い頃はこの会で勉強させてもらっただけに懐かしい思いです。
当時一緒に勉強した2世や3世と呼ばれる後継者と知己を得て、今は常任理事として一緒に仕事をしたり、個人的に勉強会を開いたりしてきました。理事長や園長の立場上、スタッフには言えない悩みや愚痴もお互いに忌憚なく話す中で、トップとしての孤独感に共感しつつ、向上心や勉強への意欲を励ましあう中で持ち続けてきたように思います。

さて園では雨の日はクラスワークとは別に自由遊びの時間は園庭で遊ぶ代わりに遊戯室や各保育室で遊んだり、職員室前の廊下に造形遊びのコーナーを出して自由に楽しむこともします。
また今日の午前中、年長組がお祭りごっこをして、年少組や年中組がお客さんとなって楽しんでいました。
毎年のことながら、年長組の子ども達が作った食べ物を見ると、よく細かいところまで工夫しているなと感心します。
青組の男児から「園長先生もどうぞ」とリンゴ飴の券をもらいました。じゃんけんにも勝ったので、もう1本ご褒美としてもらいました。
「友達とのごっこ遊び」は幼児教育の醍醐味のひとつです。

今日の造形コーナーは「けんだま」です。保護者皆さんの廃材協力に感謝です。
DSC_0241 (800x535)

DSC_0267 (800x535)

DSC_0247 (800x535)

DSC_0264 (800x535)

保育室での遊びでやはり人気があるのはカプラやキュボロです。実に奥深いおもちゃといつもながら感心します。
DSC_0256 (800x535)

DSC_0249 (800x535)

DSC_0260 (800x535)

  1. 2019/07/04(木) 14:30:23|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏野菜

一昨日、本日と午前保育に日課変更をして、希望者を対象とした個人面談を行うことができました。ご協力に感謝いたします。12月には全員との面談を予定していますので、よろしくお願いいたします。
また何か子どもさんことでご心配なことがありましたら、ご遠慮なく担任とご相談いただければ幸いです。
プール遊びやじゃが芋掘りは天気のタイミングが悪く実施できませんが、畑やプールは逃げませんので、日々天気予報に注視しながら、機会を見て行いたいと思います。
しばらく梅雨が続くようです。自然災害には十分ご留意ください。

天気とは裏腹に園の菜園の夏野菜も豊作のようです。
露地物の無農薬です。スタッフにも園児達に菜園で、実際の野菜を前に、生育や新鮮な野菜ならではの特徴などを伝えるように話しています。
「花から実へ」「繊毛」「蔓」「とげ」などお店では実物のみを販売しているだけなので、畑での生育状況を見ることが一番の学びです。
「何故だろう」、「不思議だな」、「どうして」こうした子どもの思いが知的好奇心を育み、小学校以降への学習に繋がります。

DSC_0218 (800x566)

DSC_0226 (800x535)

DSC_0238 (800x535)

DSC_0241 (800x565)

DSC_0230 (800x535)

DSC_0228 (800x535)

番外編
園児達が蒔いてくれた向日葵もすくすく育っています。夏もまもなくです。
DSC_0216 (800x535)
  1. 2019/07/03(水) 18:43:53|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ