FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

ツリーハウス

今日は梅雨の晴れ間、時折夏の日差しに汗ばむ陽気に、梅雨明けも近いのかという期待とは裏腹に、週間天気予報を見る限り、梅雨明けはまだまだ先のようです。
今年はツリーハウスにある青桐が例年以上に花を咲かせているようです。その花の蜜を求め蜂が集まってきます。
蜂はミツバチが主で、スズメバチは飛来していないようです。
そのため先日からツリーハウスは閉鎖しています。
園児達から使えない理由を問われると、蜂が花の蜜を求め飛来しているので、しばらくは休むことを伝えると、納得するようです。
花を切ってしまうのはある意味簡単ですが、その花から蜂や蜜を知るきっかけになります。また蜂と一口にいっても何種類もの蜂がいます。もちろんスズメバチなどが頻繁に飛来するようでしたら、対応も考えなくてはいけませんが、現時点では、蜂たちを驚かすことがないようにすれば人間に危害を加えることはありません。園児達はそうしたことも経験を通して学べます。
今は人間が本来立ち入る必要がない自然界にも色々な事情から人間が入り、様々な問題をひき起こしがちです。
ウイルスの問題も本来人間と接触する地域ではないところに生息する宿主である動物からの感染を疑われています

以前群馬県にある昆虫博物館の「ぐんま昆虫の森」で昆虫についての研修を受講した時に、昆虫世界の第一人者と呼ばれる館長の矢島稔先生の講義の質疑応答の中で「子ども達が虫除けに腕にはめるリングや虫よけスプレーをつけて虫探しに行くが、影響は大丈夫ですか」という質問に対して、氏が「人間が昆虫の世界に入っていく時にそうした化学物質の影響がないとも言えない、そういうことを考えると、半袖なら長袖に着替えるとか、人間が工夫すること昆虫たちにも優しくしてできる、自然の世界に入る以上人間が謙虚になることが大切」という趣旨の答えをされたことが今でも印象に残っています。

園庭にも色々な昆虫がいます。チャドクガやスズメバチのような昆虫も時には見かけます。リスクとハザードではありませんが、保育者はそれぞれの虫の生態と子ども達への対処も学ぶことも大切です。
一番困るのは昆虫を毛嫌いしたりしてしまうことです。子ども達の昆虫への共感を大事にしてあげたいものです。

DSC_0833 (800x535)

DSC_0844 (800x535)

DSC_0840 (800x535)



  1. 2020/07/12(日) 18:01:00|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宝物

園児たちは日々園生活の中で色々なものに出会います。
特に園庭では様々なものを見つけてきます。虫から石や花や木々の枝や葉までそれこそ自分の身の回りの物なら何でもありです。
そうしたものは子ども達にとっては宝物です。大人の感覚はとかなり違います。だから傍から見ていても、その発想や感覚が楽しそうで共感しながら、自宅に持ち帰って家族に見せたくなる気持ちもわかります。
そうした品々の中で、自宅に持ち帰ってよいもの(園で持ち帰って良いものの約束があります)は容器や袋に入れて持ち帰ります。
今はまだ新入園児がなれていないので休止していますが、慣れてきたら解禁します。

普段、容器や袋は職員室に置いてあるので、見つけるともらいに来ます。
中には容器にいっぱい入ったダンゴ虫やミミズなどを自宅に持ち帰る子どももいますが、お土産としておかあさんは喜ぶかなと杞憂する時もありますが、当の本人は意気揚々と嬉しそうに愛しそうに持ち帰るようです。
毎年のように、卒園児が小学校に入学して、校庭で何か見つけると、先生や職員室内で「持ち帰る袋をください」と話したことを聞くと、思わず微笑ましく思ってしまいます。

昆虫でもなかなかも見つけにくいクワガタやカブトムシ(違った意味での宝物)はクラスで飼育する約束です。
また時には保護者から園に寄贈されて飼育する時もあります。子ども達は大喜びです。
今年スタッフとして仲間になった某さんが、クワガタやカブトムシがたくさんいる佐倉市内の知る人ぞ知る秘密の林を知っているので、今度教えてもらい、採集に行こうかと思案している今日この頃です。

土日等園が休み日はウサギのチョコちゃん同様、私が餌やり当番です。
現在、青組でクワガタ、赤組でカブトムシを飼育しています。
今日は新しい土(マット)に替えました。何歳になってもこうした世話は少年時代に戻れる楽しいひと時です。
DSC_0833 (800x535)

DSC_0835 (800x535)

DSC_0836 (800x535)
  1. 2020/07/11(土) 22:35:04|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くわがた

園庭には様々な昆虫が生息しています。
園児達は園庭で虫捕りをするのも楽しみです。身近なところではあり、ダンゴ虫やミミズが人気です。蝶、かまきり、毛虫も見かけます。
自由遊びの時に山付近で青組の子ども達がクワガタを見つけたようです。
大喜びで早速クラスで飼い始めました。私が午後から早速近くのホームセンターで昆虫マットやゼリ―等を買ってきて、一緒に準備したら喜んでくれたようです。
普段は「ブタゴリラ」と呼ばれることが多いのですが、「園長先生、ありがとう」の言葉に、ついつい苦笑いしてしまいます。
カブトムシやクワガタは毎年夏になると何匹か園庭で見かけますが、今も昔も甲虫類はやはり子ども達の憧れです。私もよく山に採りに行ったり、子ども達が幼少の頃は夏休みになると早朝や夜に一緒に採りに出かけたものです。そういえば昔流行ったムシキングを思い出します。今もゲームセンターにあるのかな。
虫捕りや飼育は、大人も幼少時代に戻れる楽しい時間です。

DSC_0791 (800x533)

DSC_0792 (800x533)

DSC_0801 (800x533)

DSC_0798 (800x533)
  1. 2020/06/24(水) 20:33:27|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めての昼食

6月1日から分散登園や自由登園という形でしたが、今日から通常保育になりました。
新入園時にとっては初めて幼稚園での昼食です。
今年は新型コロナウイルス感染予防を考慮して全組とも昼食時の机の配置を変えました。
そんな様子の一コマです。
年長組さんは時間に余裕がなく、訪問できずごめんなさい。

桃2組
DSC_0716 (800x533) (2)

DSC_0717 (800x533)

DSC_0718 (800x533) (2)

DSC_0719 (800x533) (2)

DSC_0721 (800x533)

桃1組
DSC_0724 (800x533)

DSC_0725 (800x533)

DSC_0726 (800x533)

DSC_0727 (800x533)

DSC_0728 (800x533)

黄組
DSC_0733 (800x533)

DSC_0734 (800x533)

DSC_0735 (800x533)

DSC_0732 (800x533)

赤組
DSC_0737 (800x533)

DSC_0736 (800x533)

DSC_0738 (800x533)

DSC_0739 (800x533)

今日の給食
感染予防を考慮して、園ではとりわけず、最初からパックで詰めています。また使い捨て容器を使用しています。献立
ご飯、かぼちゃとひきにくのかさねやき、ごもくきんぴら、にんじんサラダ
DSC_0740 (800x533)


DSC_0742 (800x533)
  1. 2020/06/22(月) 19:07:16|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏野菜

大篠塚で借りている畑を管理してくれているUさんから連絡があり、ジャガイモの収穫が可能ですよと連絡がありました。
園の菜園でも夏野菜がすくすく育ち始めています。
いつのまにか暦は夏、明日は夏至と季節はいつの間に春から夏へと変わっています。
例年園で収穫した無農薬の夏野菜を子ども達と食しています。
今年は日照時間も長く、育ちは良いようです。

DSC_0718 (800x533)

DSC_0723 (800x533) (2)

DSC_0735 (800x533)

DSC_0726 (800x533)
  1. 2020/06/20(土) 17:39:08|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ