FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

サンタクロース

間もなく12月、園内にもツリーが飾られ、我が家にもいつの頃からかサンタクロースがこなくなり、クリスマスの朝興奮した様子で「サンタクロースが来てくれたよ」とプレゼントを持って、寝ている私のところに見せにきた光景もずいぶん昔の出来事になりました。
でもいつの時代も子どもにとってはクリスマスは楽しみなイベントのようです。
幼稚園でも毎年プレゼントを持ってサンタクロースがやってくるようです。
今ごろはサンタの国で、クリスマスに向けて忙しい日々を過ごしていることと思います。
来園を心からお待ちしています。

叱咤激励の心のプレゼントも嬉しいが、時には形ある愛のプレゼントが欲しいと、仕事を終えて帰る前にお願いしています。
でもサンタさんのお顔を見ると、笑いながらも邪心を見抜かれているように思えてしまいます。(笑)
「形あるものはお金で買うことができるが、心のプレゼントはお金では買えないものだよ。それこそが貴方を思う価値ある愛のプレゼントだよ」
DSC_0341 (800x535)
  1. 2018/11/26(月) 23:41:52|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暖飯器3兄弟

今日は日中も寒く、そろそろ木枯らしが吹く時季かもしれません。昨日も打ち合わせ(単なる飲み会という噂も)を兼ねて居酒屋にいきましたが、献立も冬支度で煮こごり、牡蠣、白子やおでんがお目見えし、小鍋や煮込みも美味しい季節になりました。幼稚園は女性の多い職場ということもあり、忘年会などは一切なく、個人的にも県の幼稚園団体の役員をしている関連で、ひとつふたつあるだけです。
プライベートでは人と一緒に外に飲みに行くことはほとんどなく、どちらかというと街の片隅で独りでひっそりと静かに飲むので、繁華街の喧騒とはほとんど無縁です。

さて11月中旬になると園で活躍してくれる暖飯器を自己紹介を含めて、ご紹介したいと思います。これから3月の年度終了まで園児達が持参した弁当を温めてくれます。皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。

自己紹介
ブログを読んでくださっている皆さん、こんにちは。
暖飯器3兄弟です。寒くなるこの季節になると僕たちの出番になります。
3人(台)の内、2人(台)は同じ機種で、末の弟は違う機種ですが、用途は同じです。
名前から少し誤解を受けやすいのですが、一番の大きな目的は弁当箱の保温です。また一番下の弟(白い暖飯器)は保温・保冷機能があり、夏休みの長期預かり保育等にも食中毒を防ぐ意味でも保冷器としても使う時もあります。
通常の保温設定温度は60度~65度ぐらいに設定して保温しています。この設定温度は雑菌の繁殖が少なくお弁当が美味しい最適温度とされているからです。ちなみに保冷の場合は、通常温度は18℃くらいで、この温度はお弁当が美味しい最適温度になり、それ以下ですと冷たすぎて美味しく有りませんし、20℃以上は雑金の繁殖が盛んになるので注意が必要といわれています。
僕達の役割はあくまでもお弁当を雑菌の繁殖しにくい温度で美味しく食べる為のものです。時間も最長で4~5時間が目安といわれています。
また保温器から事務の先生が取り出すときは温める場所により、素手で持つには少し熱い時がありますが(もっとも火傷をするとかの熱さではありませんが)、取り出して教室で配るころには素手で触っても問題ない温かさです。
保護者の皆さんが幼稚園にお立ち寄りの際は、よろしければ僕達に会いに来てくれると嬉しいです。
昨年4月に日本テレビニュース番組「news every」の特集のコーナー「レトロ&新鮮人気 愛される昭和スタイル」の中で、アルミ弁当箱製造工場の取材がメインですが、途中園でアルミのお弁当箱を温めている光景の一場面の中にも僕たちが登場しました。ブタゴリラブログ2017年2月22日付「テレビロケ取材風景」にその時の取材風景が掲載されています。
これから3月まで子ども達に温かなお弁当を提供できるように頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

DSC_0212 (800x535)


  1. 2018/11/22(木) 13:19:12|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩秋

さすがに朝夕は冷え込みますが、日中は晩秋とは思えない暖かな日が続きます。
昨日17日(土)は平成31年度新入園児の面接と入園手続きをさせていただきました。子ども達は5、6人のグループごとに親とは離れて、別室でスタッフと一緒に遊びます。その間に私が保護者の方と子どもさんの入園に際し、ご心配なことや連絡事項等またご質問などあればお聞きしています。

また初めて子どもさんを入園させてくださる方には、たくさんある園の中で本園を選んでくださった理由を教えていただきました。
皆さんからお聞きする中で、それぞれのご家庭ごとに色々な志望理由がありましたが、皆さんどなたも園の教育方針をご理解してくださっている方ばかりで、とてもありがたいと思っています。
親(自分)の利便性も否定はしませんが、先ずは園の主役はあくまでも子どもさんが第一という思いをお聞きしながら感じました。
園の豊かな自然環境や園児達が子どもらしくのびのびとしている、明るい雰囲気、スタッフの雰囲気の良さ、たくさん遊べる環境、のびびすくすくが良かった等色々な理由を語ってくださいました。また何人かのかたから、我が子が複数の園見学をした中で、この幼稚園が一番気に入ったので、子どもに選ばせましたという嬉しい理由もありました。
我が子の初めて社会集団に本園を選んでくださったという思いを忘れることなく、このいただいたご縁を大事にさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

朝夕の冷え込みとともに園庭の木々もだいぶ紅葉が始まっています。来週ぐらいが佳境でしょうか。銀杏の花束作りで職員室も賑やかになることと思います。

DSC_0269 (800x535)

DSC_0291 (800x535)
  1. 2018/11/18(日) 12:13:52|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さつま芋

先週秋晴れのもと、芋ほり遠足が終わったのはすでにお知らせした通りです。まだ詳細な様子を掲載しておらず、申し訳ありません。
オータムフェスタに向けて準備に忙しく、この時期は運動会、遠足、ハロウィン、フェスタと行事が続きます。
また今日の午前中は佐倉消防署から署員3人が来園し、定期検査として消防法に基づく立ち入り検査がありました。もちろん消火設備や書類等不備はひとつもなく、改善事項等も皆無です。園児の生命の安全を預かる場所ですから、当たり前といえば当たり前の話です。また年に2回(原則6月と11月)防災会社に委託して、火災報知器や消火器の定期点検も欠かさず実施しています。また12月には避難訓練を予定しています。

さて今日は先日の芋ほりで掘った残りのさつま芋で昼食にさつま芋の味噌汁を全園児で食しました。芋ほり遠足の後、子ども達から、家庭でさつま芋の料理を食べたという話しを聞く時があります。さつま芋も色々なレシピがあるので、楽しみです。個人的にはさつま芋とリンゴのレモン煮が好きで、子ども達が小さい頃はよく作り、嬉しそうに食べる姿が可愛かったのですが、今は・・。いつのまにか大人になりました。「光陰矢の如し」を実感する今日この頃です。(笑)
幼児期は親子で触れ合える貴重な一時です。さつま芋クッキングも機会があれば、是非親子で楽しんでみてください。
このブログでも時々話しますが、子どもにとっては、好きな人(家族)と一緒に同じ時間を共有できることは一番嬉しい幸せなことです。お金と時間をかけて出かけることだけではないと思います。
秋日和の中、素敵な時間をお過ごしください。

DSC_0431 (800x535)

DSC_0488 (800x535)


  1. 2018/10/29(月) 22:13:53|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の園庭

今日は暖かな行楽日和でした。さすがに朝夕は肌寒くなり、陽の入りも早くなりました。来週からは11月、今年も残すところ2か月と日々の生活の中で時間だけが相変わらず早く感じます。
先週、佐倉市の菊花連合会の方が菊の鉢植えをふたつ届けてくださいました。毎年お願いしており、菊が届くと秋もいよいよ深まり、間もなく冬の季節の到来かと風物詩のように感じます。
今日も仕事の合間に園庭に佇んでいると、あちらこちらで深まりゆく秋の光景を見つけます。
子ども達にとっても四季折々の景色を知り、自然物を遊びに取り込みながら、楽しんでほしいと思います。落葉樹もだいぶ葉を落とし始めています。落ち葉を使った遊びも展開されていくことと思います。

菊の花の匂いを嗅いでごらんと、すすめています。
DSC_0402 (800x535)

DSC_0423 (800x535)

DSC_0422 (800x535)

子ども達に秋の味覚として楽しませてもらった胡桃の木もすっかり葉を落としました。
DSC_0419 (800x535)

DSC_0404 (800x535)

池の近くにあるピラカンサの実、ままごと遊びに人気があります。
DSC_0416 (800x535)
  1. 2018/10/28(日) 16:28:40|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ