fc2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

冬木立

なかなか先が見ない感染状況だからこそ、身近な自然風景で時には心のリフレッシュはいかがでしょうか。
陽も少しづつ伸びて、冬空に沈む夕陽もきれいです。
鹿島川沿いや印旛沼周辺の夕焼け風景も水面に映えて趣があります。
澄み切った冬空の下、遠く富士山が見れる時もあります。
親子で一緒に眺める心の余裕(時間)は子どもにとっても親と一緒に楽しめるひと時になると思います。

DSC_0604.jpg

DSC_0605_202201241936109ab.jpg
  1. 2022/01/25(火) 23:37:12|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

痕跡

今日は1月21日(土)の保育参観を実施した関係で1号(幼稚園部門)は代休、2号(保育園部門)園児のみ20数名が登園しました。
午前中は風もなく暖かな陽気の中、園庭の陽だまりで三々五々遊んでいる風景が見られました。
夕方、園庭を見回っていると、いつの間にかウサギのチョコさんの前にもごっこ遊びの道具が並べられ、一緒に遊んでいた痕跡が見られました。
一緒に料理でもしていたのかな。ついつい色々な情景が浮かびます。
微笑ましい光景に思わずにんまりしてしまいました。
休日の園庭にも時々そうした痕跡が見られる時があります。あれやこれやと想像できる楽しいひと時です。

DSC_0600.jpg

DSC_0608.jpg
  1. 2022/01/24(月) 19:36:30|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昼食

子ども達にとって昼食は園生活での楽しみのひとつです。
原則1号園児は週の水曜日のみ弁当持参で後の週4日は曜日で弁当か給食選択制、2号園児も週5日の内に曜日で弁当か給食か選べます。
例えば2号でも週5日弁当持参の園児もいれば、5日給食の園児さんもいますし、週3日は弁当後の2日は給食、1号も1日弁当で後の4日間は給食また週3日は弁当で後の2日間は給食とそれぞれご家庭により違います。
園としては正直一斉にしたほうが事務管理や給食代金請求するうえで手間費を考えると正直ありがたいのですが、子ども一人ひとり又それぞれの家庭のスタイルの中で考えて欲しいとという思いから実施しています。
学期ごとに給食か弁当持参かも変更可能ですので、学年や子どもさんの状況に合わせてかえる利点もあります。
保護者にも関心を持ってもらえます。
たまに保護者の方から「弁当と給食で同じではなくて、子ども同士でそうしたことでお互いにうらやんだりする心配や肩身が狭くなることはありませんか」とのご質問を受ける時がありますが、自分の昼食が一番ですし、またお互いに違うことを認めあえる気持ちを持つことが大切です。多様性というと大げさかもしれませんが、それぞれの立場での選択をお互いに尊重し合えることが大切と思っています。集団生活のルールはもちろん大切ですし否定はしませんが、幼児の食事まで一斉が全て同じが良いかどうかは疑問の余地があります。

食は人間が生活を営む上でとても大事だと思います。日頃の食生活が健康を維持するうえで大切なのは誰もがわかっているのですが、なかなか病気にならないと気に留めません。私も主治医の先生から昨今メタボと診断されて、食生活の改善を言われてから、完璧とまでは言いませんが、少し見直すようにしています。酒量はともかく多少お酒をたしなむ機会もあったのですが、このコロナ禍と相まってそうした機会もなくなり、数値もだいぶ良くなり、改めて薬に頼るのではなく毎日の食生活の大切さを身にしみて感じています。

幼児の食の基本はやはり食事が楽しいと思う雰囲気の中で食べることが大切です。今はアクリル板や黙食が励行されていますが、幼児は園生活の中で食事時以外にもすでに密の状態の中で一緒に遊んだりしているので、飛沫感染のリスクを差し引いてもどうかなと思います。
それよりも保育室内の空間除菌や空気清浄したほうが有効のように思います。

今は飲食店のリスクが話題になっていますが、グループでワイワイ飲食するのではなく、独り静かにカウンターなどで自分自身と語り酒肴を楽しみながらお酒を飲めば、リスクも下がると思いますが、楽しみ方は人それぞれなので致し方ない面もあるかもしれません。
助成金のことで色々な意見が飛び交い、時には妬みや嫉妬等人間の嫌な面が見えるのもコロナウイルスの功罪ですね。

近く千葉県内に「蔓延(まんえん)防止等重点措置」が1月21日~2月13日まで発令されますが、園は現時点では通常通りの運営をして、園児達が園でたくさん遊んで心身を開放して欲しいと願っています。
「よく遊んでよく食べてよく寝る」ことでウイルスへの抵抗力をつけて欲しいと思います。
こういう時世だからこそ、おひさまの下でたくさん遊べるような保育を心がけていきたいと思います。

今日の給食
DSC_0514.jpg

さかなのたつたあげ ホイコウロウ ツナサラダ
DSC_0512.jpg

再掲載
左側ふたつのの暖飯器は私が勤務する前からあります。先日、この暖飯器を一目見たいと遠路栃木県からご夫婦で来園されました。昭和時代のものが大好きで、「暖飯器」で検索した時に上位でヒットしたそうで、ご連絡をいただきました。
暖飯器の写真を撮影され、昼食用にと持参された金属製の弁当箱を温めていかれました。以前日本テレビの「news every.」で取材されたことがありますが、だんだん昭和生まれの貴重な物になるかもしれませんね。
DSC_2805.jpg

朝クラスの当番の人が保育室から暖飯器がある職員室まで弁当を運び、食べる時に職員室から保育室まで箱に入れて部屋まで運びます。4人で息を揃えて運搬しないと、傾いてしまいます。こうしたバランスをとりながら運ぶのも学びです。
DSC_0508_20220119190141707.jpg

[昼食]の続きを読む
  1. 2022/01/19(水) 19:11:22|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正月遊び

今日は少し風がありましたが、雲ひとつないう真っ青に澄み切った冬空でした。
園庭ではこの時季ならではの遊びに興じる子ども達も見かけます。
凧あげや羽子板また独楽で遊ぶ子ども達もいたようです。こういう時世で外出できにくい世の中だけに、園庭で遊びこむことで心身を発散して欲しいと願っています。

正月遊びあれこれ
独楽を紐で回せるようになると、ヒーローです。
DSC_0492_20220113181419752.jpg

羽子板の追羽根の音が響きます。
DSC_0493_202201131814201f5.jpg

凧あげはなかなか難しい、走りながら風にのせておよがせます。
DSC_0496_202201131814220c3.jpg

DSC_0497.jpg

番外編
冬でもいつも水遊びは欠かせません。滝から流れる水の音から聞こえる子ども達の歓声が北風をはねのけるようです。
DSC_0486_202201131814166e1.jpg

DSC_0488_20220113181418ddf.jpg

  1. 2022/01/13(木) 18:38:04|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご承知のように、午後から雪が降り始めました。今夜までかなり積雪があるようです。
今晩もさることながら、明日の朝は道路が凍結する可能性もあるので、運転される方はくれぐれもご注意ください。特に冬用タイヤ(スタッドレス)やチェーンを装着していないと、危ないかもしれませんので、くれぐれもご留意ください。

大人にとってはうんざりしがちな雪ですが、普段雪と縁がない千葉に住む子ども達にとっては嬉しいようで、公園で雪遊びや雪だるまを作っている風景を目撃しました。

登園している子ども達も少しの時間ですが、園庭に積もった雪でしばし遊びました。昨日の池の氷や今日の雪といい、自然を体感する中で、感覚を通して「冬」を知ることもあります。

明日は積雪で楽しむ子ども達の姿を想像するだけで、嬉しくなります。

いつの間に園庭も雪景色です。
DSC_0379.jpg

DSC_0386_20220106180410f6a.jpg

しばし雪が積もった園庭で遊びました。
DSC_0380_202201061804036ec.jpg

DSC_0382.jpg

DSC_0383_20220106180406dbc.jpg

DSC_0384_2022010618040857e.jpg

DSC_0389.jpg

DSC_0392_20220106180415ba4.jpg

DSC_0409_20220106180418387.jpg


  1. 2022/01/06(木) 18:08:59|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ