FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

くわがた

園庭には様々な昆虫が生息しています。
園児達は園庭で虫捕りをするのも楽しみです。身近なところではあり、ダンゴ虫やミミズが人気です。蝶、かまきり、毛虫も見かけます。
自由遊びの時に山付近で青組の子ども達がクワガタを見つけたようです。
大喜びで早速クラスで飼い始めました。私が午後から早速近くのホームセンターで昆虫マットやゼリ―等を買ってきて、一緒に準備したら喜んでくれたようです。
普段は「ブタゴリラ」と呼ばれることが多いのですが、「園長先生、ありがとう」の言葉に、ついつい苦笑いしてしまいます。
カブトムシやクワガタは毎年夏になると何匹か園庭で見かけますが、今も昔も甲虫類はやはり子ども達の憧れです。私もよく山に採りに行ったり、子ども達が幼少の頃は夏休みになると早朝や夜に一緒に採りに出かけたものです。そういえば昔流行ったムシキングを思い出します。今もゲームセンターにあるのかな。
虫捕りや飼育は、大人も幼少時代に戻れる楽しい時間です。

DSC_0791 (800x533)

DSC_0792 (800x533)

DSC_0801 (800x533)

DSC_0798 (800x533)
  1. 2020/06/24(水) 20:33:27|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めての昼食

6月1日から分散登園や自由登園という形でしたが、今日から通常保育になりました。
新入園時にとっては初めて幼稚園での昼食です。
今年は新型コロナウイルス感染予防を考慮して全組とも昼食時の机の配置を変えました。
そんな様子の一コマです。
年長組さんは時間に余裕がなく、訪問できずごめんなさい。

桃2組
DSC_0716 (800x533) (2)

DSC_0717 (800x533)

DSC_0718 (800x533) (2)

DSC_0719 (800x533) (2)

DSC_0721 (800x533)

桃1組
DSC_0724 (800x533)

DSC_0725 (800x533)

DSC_0726 (800x533)

DSC_0727 (800x533)

DSC_0728 (800x533)

黄組
DSC_0733 (800x533)

DSC_0734 (800x533)

DSC_0735 (800x533)

DSC_0732 (800x533)

赤組
DSC_0737 (800x533)

DSC_0736 (800x533)

DSC_0738 (800x533)

DSC_0739 (800x533)

今日の給食
感染予防を考慮して、園ではとりわけず、最初からパックで詰めています。また使い捨て容器を使用しています。献立
ご飯、かぼちゃとひきにくのかさねやき、ごもくきんぴら、にんじんサラダ
DSC_0740 (800x533)


DSC_0742 (800x533)
  1. 2020/06/22(月) 19:07:16|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏野菜

大篠塚で借りている畑を管理してくれているUさんから連絡があり、ジャガイモの収穫が可能ですよと連絡がありました。
園の菜園でも夏野菜がすくすく育ち始めています。
いつのまにか暦は夏、明日は夏至と季節はいつの間に春から夏へと変わっています。
例年園で収穫した無農薬の夏野菜を子ども達と食しています。
今年は日照時間も長く、育ちは良いようです。

DSC_0718 (800x533)

DSC_0723 (800x533) (2)

DSC_0735 (800x533)

DSC_0726 (800x533)
  1. 2020/06/20(土) 17:39:08|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごっこ遊び

年中組4歳児の何人かの女児で「先生ごっこ」を楽しんでいたようです。
新入園児が入園し、遊具指導などで当初は先生が手を引いて電車ごっこのように移動していく光景を覚えていたようです。
先頭の子どもが先生役で、後の子どもたちが幼稚園児役だと思います。
幼児の世界では「先生(学校)ごっこ」に限らず、色々なごっこ遊びがみられます。ままごと遊びをしながら、家庭でのおとうさん役やお母さん役、又犬や猫のペットの役になりきる子ども達もいます。
また何かのヒーローになったり、冒険ごっこと称して秘密基地を作ったりする時もあります。

実はこうした「ごっこ遊び」は子ども達の心身の発達をするうえでとても大切な時間として幼児教育では認めらています。
自分と他者との存在の違いを知ること、相手の気持ち(心)を読み取る力、新しい世界を広げていく力等とても大切な遊びです。
大人から見れば時には奇異に感じたりするかもしれませんが、こうした自由な発想の世界を温かく見守ってあげたいものです。
自由遊びがなぜ大事かというと、「ごっこ遊び」は自由遊びの中から生まれます。それは子ども達自らが創っていく遊びだからです。
私たち教師も実は子ども達からその一挙一動まで観察され、言葉遣いや仕草までまねされることがあります。
ある意味子ども達の観察力はこわいものです。(苦笑)

DSC_0710 (800x566)

DSC_0714 (800x533)
  1. 2020/06/18(木) 22:37:52|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

線路は続くよ どこまでも

連日暑い日が続きます。
お蔭様で新入園児の園庭での遊具指導も今日で終えることができ、明日は遊戯室指導を行います。明日からは年長組も園庭で遊べます。どうしても一緒に遊ぶと混み合ったり、新入園児にとって圧倒されがちになるので、遊具指導期間中は年長組は園庭での遊びを控えていました。
明日以降は一緒に遊ぶ中で、約束事を忘れたら、やさしく教えてあげてくださいね。よろしくお願いします。

先週、年長緑組から線路がどんどん建設され、延伸されていきました。
私も鉄道は好きで、小学生の文集に将来の夢は電車の運転士と書いたのですが、何故か幼稚園の先生になりました。(苦笑)
それでも夢を捨てきれず、大宮市や京都市の鉄道博物館に行きジオラマを楽しんだり、運転士用の体験シュミレーションを眺めたことがあります。さすがにおじさんがするのは気恥ずかしいので、子ども達の体験している様子を眺めるだけですが。

新型コロナウイルス感染のために研修や会合もすべて中止または延期となり3月末から先日まで鉄道も全く利用しませんでした。
立場上、感染リスクはできるだけ避けざるを得ません。先週12日(金)にどうしても出席せざる得ない会合が幕張メッセであり、約3か月ぶりに乗車しましたが、予想以上に車内も通常と変わらない様子に正直びっくりしました。
感染状況が落ち着いたら、以前のように列車に乗車しながら、何も考えずにぼんやりと車窓風景を眺めながら地酒と肴を友に、あてどもなくふらふらと流れるままに旅をしたいと思う今日この頃です。
出かける時は、「この日に帰ってくるからと」の言葉一つで、送る側も「どこに、だれと」すら聞かず、何かあれば携帯に連絡するからとの言葉だけで送られます。とどめは「なんなら、このまま、一生帰ってこなくても良いから」のお言葉が旅立ちへの何よりの餞別です。
でも旅が楽しいのはある意味帰れる場所があるから楽しいと思います。憎まれ口を浴びながらも、帰れる場所があることは幸せですし、ありがたいことです。
以前露店を営む香具師(的屋)の人たちを調査したことがありますが、各地のお祭り(市)を追いかけながら、1年を旅していくのですが、生業となると旅行ではないので、大変なことも多々あると話してくれたことがありました。特に子ども達の教育に悩むそうです。
昔(江戸時代以前)は定住しない漂泊の民がたくさんいたのですが、明治時代以降国の関与もあり、定住を余儀なくされていく歴史があります。

園児達も電車に限らす、乗り物は好きなようです。毎年園庭で電車ごっごを楽しむ時があります。また木製のトラックや車は大人気です。
これからも子ども達の夢を乗せて走って欲しいですね。

DSC_0582 (800x533)

DSC_0581 (800x533)

DSC_0583 (800x533)

DSC_0588 (800x533)
  1. 2020/06/16(火) 23:07:35|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ