FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

桜満開

久しぶりのブログとなりました。
春休みとはいえ、預かり保育や新年度に向けての準備また書類提出等どうしても時間に追われがちです。
新型コロナウイルスによる感染の気配もおさまるどころか、感染者も増える一方でえす。
特に東京オリンピックが延期になってから、何故か感染者の数が急激に増えたと感じるのは私だけでしょうか。
数字のトリックを考えて見たくもなりますが、何はともあれこれ以上の感染拡大は人間の英知で避けたいものです。

4月からの新学期や入園式などを控え、日々できる限りの情報収集を行っています。佐倉市内でも2名の感染者が確認されたとのことですが、小中高校の臨時休校を含めそうした話は一切出ていないようです。
今日も何人かの園長先生と今後の情報交換をしましたが、先月の臨時休校要請同様に、不安や迷いがあるようです。
幼児でも罹患したり子どもでも不幸にも亡くなるケースもあるだけに油断はできません。
園も明日から本務教員は全員出勤しますが、再度予防と対応について全員で周知したいと思います。

桜も満開になりましたが、こういう状況ですので、集まっての花見や宴会は自粛するとして、ゆっくりと眺めるのも一興かもしれません。桜も遠景や近景によっても表情が変わります。こういう時だからこそ、桜をゆっくり眺めながら、未来への展望を考えたいものです。

園から徒歩約5、6分ほどのところにある高崎川沿いの桜が満開です。遊歩道もあり、桜並木のトンネルを愛でながら歩くのも良いかもしれません。
川沿いの菜の花も満開です。春ののどかな景色が味わえます。

P1050212 (800x600)

P1050210 (800x600)

P1050213 (800x600)

P1050218 (800x600)



  1. 2020/03/31(火) 23:36:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・新型コロナウイルスに思う

昨日、今日と2日間続けて、春の冷たい雨が降っています。降る雨の音が間もなくやってくる春の足音の前触れかもしれません。
職員室の窓越しに雨に濡れた園庭を眺めながら、日々報道される新型コロナウイルスの終息と罹患した方の一刻も早いご回復を祈るばかりです。毎日インターネットや報道でコロナウイルスの感染状況を聞くのが日課です。

一昨日6日(金)午後から我孫子市のW幼稚園の理事会があり、理事をしているために出かけて行きました。理事会終了後、ふたりで園庭の片隅にある満開のカワヅサクラを眺めながら、よもや話をしました。30年来の付き合があり、忌憚なく話ができます。やはり話題は新型コロナウイルスです。彼の幼稚園は自由登園で預かり保育も実施しています。千葉県の幼稚園でのコロナウイルスの初めての感染者は出したくないというのが、園長の偽ざる気持ちです。
感染者が出れば、多分マスコミは園に取材に来るだろうし、時には憶測で報道されたりワイドショーに取り上げられるかもしれません。
私は自身を含め教職員や園児の感染者が出たら、園名を公表するつもりです。そうしないと佐倉市内の幼稚園とだけでは、皆さん疑心暗鬼になり不安が増えますし、他の幼稚園に迷惑がかかります。
ただ自由登園にしたことで世間から叩かれることはまちがないと思います。完全休園にしないから、濃厚接触者を増やしていると、結果論で言われかねません。本園に限らず、私立幼稚園はどの園も悩んでいると思います。

特に最近の一部のマスコミの報道を見ると、新型コロナウイルスより怖いと思う時があります。中世の魔女狩りではありませんが、不幸にも感染した人が悪いという一部の報道とはいえ、やりきれない気持ちです。誰もがすきこんで罹患するわけではありませんし、良くわからないこともあるウイルスだけでに、不幸にもかかってしまった人を非難することは、誰もできないはずです。
「早く完治して欲しい」とエールを送るのが筋だと思います。またマスクの使い方もその効用をきちんと知って使えば、やみくもに24時間いつでもどこでもつけていれば良いものではないように思います。
そうしたこともマスク不足に拍車をかけます。

私も浅学なことは自覚していますが、改めてSNSをはじめとする情報が今は昔と違い早く流れる時代だからこそ、余計物事の本質を知る学びや見方を知らないと、風評や噂が先行し、そのことがいつの間にか正義の声になりがちになる危うい時代と感じる時があります。
改めて冷静沈着に、でも必要な時は素早く臨機応変にしたいと思います。武田信玄公が唱えたとされる「風林火山」の心境でしょうか。

我孫子市を後に、船橋市内で友人の園長先生と待ち合わせて久しぶりに談笑しました。
週末の金曜日ということもあり、大衆居酒屋は満席で待っている人がいるぐらいです。誰かこの中にひとりでも感染者がいたら、皆濃厚接触者になるぐらい隣同士触れあうような状態で盛況です。、園長のくせにこういう時に出かけて、感染でもしたらまたマスコミ等から叩かれるかもねといいながら、よもや話に興じました。
こういうことをブログに書かずに止めておけば良いのに「本当におバカさんね」と某人から怒られそうですが。(笑)
ちなみに、友人の園は完全休園にしているそうで、やはりだいぶ悩んだようです。同じ立場なので、その気持ちは良くわかります。
居酒屋の後に訪れたバーのマスターが言うには、売り上げがかなり減り、特に3月は送別会のシーズンで団体客のキャンセルが続いているそうです。一部の店を除いては本当に客足が途絶え、お金が回らず大変ですと嘆いていました。
東日本大震災の時もやはり一時客足が途絶えたそうですが、今回は全く先が見えないだけに飲食業界やサービス業は本当に大変でこのまま続くと辞める店が出てくるかもしれないと話していました。

イベントや花見もこういう状況なので自粛するのも仕方ありませんが、私としては来週予定しているお別れ遠足や卒園式をどういう形にしようかと思案中ですが、園児達を第一に色々な情報を見ながら考えていきたいと思います。
昨日7日(土)に嘱託医の先生を訪問して、現在の自由登園のやり方と今後のことについて相談させてもらいましたが、見解はほぼ同じでした。
人間の英知を集めて、皆でなんとかこの状況を乗り切っていきましょう。

W幼稚園の園庭のカワズサクラが満開でした。しばし見とれていました。
P1050187 (800x600)




  1. 2020/03/08(日) 14:27:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「歩行者を 守る気づかい 思いやり」~交通安全年間スローガン~

今日は園には行かず、出張で千葉市中央区千葉寺にある千葉市男女共同参画センター(ハーモニープラザ内)で開催された安全運転管理者講習に1日受講していました。
この講習会は千葉県公安員会が主催し、車を所有する事業所で保有する台数により、法令に基づいて安全運転管理者を選任し、管理者は道路交通法により年1回の講習が義務付けられています。5月から講習は何度か県内の色々な場所で実施されているのですが、園の行事等もあり、なかなか講習を受けることができず、今日ようやく受講することができました。
毎年、交通安全についての情報や車の運転技術や事業所としての安全運転の取り組みのやり方等最新の情報を知ることで色々と勉強になります。

またいまだに後を絶たない飲酒運転による事故情報を聞くと、被害者はもちろんですが、運転した本人はもとより、仕事を失うリスクや場合により交通刑務所に服役したりするなど家族がどれだけ大変なことになるかを自覚してもらいたいと思います。飲酒運転は確信犯ですし卑劣な犯罪です。本園も園児達に交通安全を教えている以上、飲酒運転については厳しい懲戒になると伝えています。(皆無)

千葉県は平成30年度の交通人身事故による死者数(186人)は全国2位で前年度の+32人です。また負傷数は21,160人です。
全国では平成30年度で3,532人の方が亡くなられています。負傷者数も524,695人です。

交通事故は被害者本人はもちろん、被害者や加害者の家族も悲惨な状況に巻き込むことがあります。かけがえのない命だからこそ安全運転が何より大切です。
間もなく師走、年末の気忙しい時期を迎えますが、お互いに慎重な無理のない運転を心がけたいものです。

「Happy Day」 ARTIST 山本 信
P1040877 (800x600)

P1040875 (800x600)

講習を終え、帰宅する頃には陽が落ち始めていました。
P1040881 (800x600)


  1. 2019/11/19(火) 22:38:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風15号顛末記③~伐採見学と切り株で遊ぶ~

顛末記も今日で最後になります。
11日(水)に園バス運転手2名と運転手さんの以前木材会社に勤務していた知人の3名で幹を伐採しました。
園児達にも良い機会なので、危なくないところから見学しました。なかなかこうした機会はありません。チェーンソーが木の粉を舞い上げるたびにあたり一面木の香が漂います。

皆熱心に眺めていました。
DSC_0716 (800x535)

DSC_0707 (800x535)

DSC_0709 (800x535)

DSC_0708 (800x535)

休憩時にエールを送っていました。
DSC_0699 (800x535)

DSC_0697 (800x535)

ポプラの遺産(木)をいかした遊び場を思案していきたいと思います。
DSC_0719 (800x535)

翌日は切り取った幹やポプラの根を残した幹などを遊び場として開放しました。
幹に乗って遊んだり根っこと綱引きをしたり、土を掘ったり等思い思いに楽しんだようです。
しばらくは遊び場として開放します。
「木育」ではありませんが、ポプラの木の大きさを体感して欲しいと願っています。
DSC_0760 (800x535)

DSC_0725 (800x535)

DSC_0728 (800x535)

DSC_0729 (800x535)

DSC_0735 (800x535)

DSC_0734 (800x535)

DSC_0738 (800x535)

DSC_0740 (800x535)

DSC_0741 (800x535)

DSC_0744 (800x535)

DSC_0762 (800x535)

DSC_0748 (800x535)
  1. 2019/09/17(火) 22:32:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風15号顛末記①~台風襲来当日~

先ずは台風15号のよる被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。
佐倉市内も断水や停電等インフラが完全に戻らない中でクーラーや扇風機が使えず、乳幼児や妊娠されている方は暑さの中、さぞ大変だったことと思います。また県内でいまだにライフラインが復旧していない地域もたくさんあります。一刻も早い回復を祈るばかりです。

園は台風が直撃した当日(9日・月)は臨時休園、10日(火)、11日(水)は自由登園にさせていただきました。
停電のために交差点の信号機が使えないために園バスを運行するわけにはいきません。大事な子どもさんの命を預かっており、また園がいくら安全運行を心がけていても相手の車もいるので、万が一のことを考慮しました。
警察の方も対応に追われて交差点で手信号までできる状況ではなかった思います。
私も所用で市内を運転することがありましたが、信号機がつかない交差点でもほとんどの方がお互い譲り合いながら運転していますが、中には先を急いでいる車もあり、信号が使えない状態で運転する怖さを感じました。
自由登園での運営への保護者の皆様のご賢察にこの場をお借りして改めて感謝いたします。
「これぐらいは大丈夫だろう」という慢心と気の緩みの怖さを戒めなくては思っています。
これからもリスクとハザードの違いを認識しながら、子どもさんの安全を第一に園運営を行っていきたいと思います。

すでにご承知の方も多いと思いますが、園庭の樹齢40年以上のポプラの木が倒木してしまいました。
そのためにブランコの一本の支柱にあたり倒壊し、また付近の木製テーブルと椅子が散乱し、もう一本の木もやはりポプラの木があたり倒木しました。
今まで幾多の台風にもびくともせず、何年かに一度枝を詰めて、高くしないように強風に備えていたのですが、今回の台風は予想を超えていました。少し台風を甘く見ていたかもしれません。
台風が上陸する前日8日(日)も報道等で上陸するかもしれないと予報は出ていましたが、明け方には抜け、もしかしたら9日(月)は台風一過秋晴れの下で園も通常通りの保育ができるかもしれないと考えていたぐらいです。そのため緊急連絡網も前日から何度かお伝えしましたが、最終決定は9日朝で大丈夫ぐらいに正直思っていました。
ところが夜半から急に強風が吹き荒れ、夜明け前にはこれは臨時休園せざる得ないと思い、急遽園から緊急連絡網で臨時休園のメールを配信しようと思い午前5時過ぎに自宅から園まで車を運転しましたが、丁度暴風雨の真っただ中で、豪雨で視界が悪く飛散物は飛び散り、車が強風で横揺れして、本当に命の危険を感じました。
園にようやくたどり着き、メール配信をしましたが、凄まじい強風でした。こんな時にいくら仕事ととはいえ、何かあったら普段から園児達に「命の大切さ」を伝えているのに、しゃれにもならないと運転しながら幾分後悔の念もありました。恥ずかしい限りです。
前日日曜日に台風に備えて園庭の机やテーブル等飛散しないように準備はしていました、また園舎等に被害はありませんでしたが。

朝になり風が収まり、園庭に出てみると青組と緑組の前に大きな森ができ、一瞬良くわからなかったのですが、よく見るとブランコから園舎方向に木が倒れていました。
直ぐに傍までいくと横倒しのポプラの木が目前にありました。
午後から本務教員や園バス運転手の皆に声をかけ、翌日からの開園に備えて撤去作業を行いました。私も午前中電動チェーンソーと刃先の長いのこぎりを購入し、午後に備えました。
また普段から付き合いのある工務店や建設会社、造園業の方に連絡しましたが、皆さん忙しい中、当日又は翌日に現場を見に来てくれました。日頃のお付き合いの大切さと人の情けのありがたさを改めて感じました。
DSC_0623 (800x535)

DSC_0612 (800x535)

DSC_0611 (800x535)

DSC_0633 (800x535)

DSC_0620 (800x535)

DSC_0619 (800x535)

DSC_0614 (800x535)

午後から来れるスタッフで作業しました。また中にはスタッフの家族も一緒に手伝ってくれました。その気持ちが嬉しかったです。
DSC_0634 (800x535)

DSC_0639 (800x535)

幸い園舎にはぎりぎりかからず。一部雨樋が外れただけです。撤去作業もだいぶ終えて、天気が良ければ今週土日に知人の造園屋さんが重機で倒木を片付け、園庭整備を実施する予定です。
倒木した木も全て撤去するのではなく、一部は子どもたちが遊べるように考えていきたいと思案中です。長く園庭で園児たちの成長を見守ってきてくれましたが、今度は違う形で園児たちと一緒に過ごしてもらいたいと思います。
何かご提案や知恵を貸していただける方は園までご連絡いただければありがたいです。今週末に重機が入る予定ですので、それまでにご連絡をいただければありがたいです。

  1. 2019/09/14(土) 18:04:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ