FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

知能検査

毎年、3学期になると4月に小学校に進級する年長組を対象に私がクラスに入り、財団法人田中教育研究所編「TK式幼児用田中B式知能検査」を使った知能検査を行います。
この検査は文字を使わないで解答できる検査です。ただ実際には年長児になるとひらがなを読んだり、自分の名前を書ける子どもがほとんどです。もちろん平仮名は小学校の国語の授業で筆順からきちんと丁寧に教えるので、幼稚園で教えること自体ナンセンスだと思います。幼稚園教諭になるカリキュラムには原則小学校の国語の教科は必要ありません。(大学によっては幼稚園教諭とシ小学校教諭がとれる学科もありますが)
むしろこの幼児期は絵本の読み聞かせや素話など耳から言葉を聞く体験をさせてあげることが大切です。そういう経験を通して文字に親しみを持つと思います。
全ての教科の基礎は国語なので、母国語の習得が基本大事です。

知能検査の話には戻りますが、この結果については今学期に予定している保護者対象に実施する財団法人田中教育研究所編「TK式幼児用親子関係検査」(親と子どもの関わりを客観的にデータにして見る)を受けた保護者の結果とあわせながら、該当の保護者にお伝えする予定です。
私が各教室に出向いて3人~7人のグループにわけて約40~50分ぐらいかけて検査をしていきます。
知能検査は知能を測定するということもさることながら、小学校教育の教科学習とは違う幼児期に学ぶ力をどの程度身に着けているかを調べ、あわせて本園の教育カリキュラムの見直しの資料としても活用しています。

検査は対象者が幼児ということで非言語式で読字力や書字力を必要とはしていません。ただ前述したように実際は年長になると文字を読んだり書くことはできますし、本園でも字や数のワークを使います。また2学期からは靴箱やロッカーの氏名は漢字表記にしています。但しあくまでも興味や関心を持たせることがねらいです。テストの内容は大きく学習場面と生活場面の2領域に分かれています。それは幼児知能の主要側面と考えられているからです。
また姿勢良く人の話を聞けるか、私(園長)が話す内容をきちんと理解しているか、また課題に対する取り組みの意識や態度についても観察します。
普段は保育室で園児たちとこうした機会はないので、子どもたちも幾分緊張気味ですが、後で感想を聞くと、楽しかった、面白かったと話をしてくれる子ども達もいます。さすがに誰も「園長ブタゴリラ」と話す子どももいません。

「頭が良いとはどういうことか」「知能指数が高い」「幼児期の勉強方法」といった親として当然関心が高いキーワードについて、毎年こうしたテストを行い、耳に入ってくる卒園生の進路を聞くと全く関連がないかというと、「ないと」といったらうそになりますが、全てではないと思います。
確かにこうしたテストの結果として、クラスで例年何人かは知能指数が高い子どもはいますし、幅があるのも事実です。でもそれとこれから生きていくうえで、それがどうかかわりがあるかといったことになると難しい問題です。
いくら知能指数が高くても、人の気持ちや他人とのかかわり方ができないと社会の中で社会人として生きていくのは難しい面があります。また良く誤解されがちですが、「頭が良い」ことと「学校の成績が良いこと」は別問題です。成績は頭(知能)よりもその子どもの勉強への努力次第だと思います。すなわち小学校、中学校までの勉強(成績)は勉強量によると断言しても良いと思います。もちろん個人により要領や記憶には個人差がありますが、それは努力次第でカバーできる範囲ではないでしょうか。高校ぐらいまではいかに勉強したかどうかだと思います。

また「非認知能力」という言葉で代表される人間が生活するうえで必要な自制心、生きる力、忍耐力、生活態度など勉強や知能検査では測れない別の能力も注目されています。特にこれから先の人工知能が進化していく中で、人工知能やコンピュターではできない人間にしかできない力が求められてきます。だからこそ幼児期に非認知能力を育める環境が大事だといわれています。
いくら知能指数が高くても、友達関係(人間関係)を築けなかったり集団生活ができないと、学校生活にも支障ができかねません。

そういう点からも幼稚園では家庭や習い事(塾等)ではできない学びを学べる環境が大切です。
「幼児期に必要な学力は何か」ご興味ある方は、常々お伝えするように下記の箇所を是非ご一読ください。
簡潔でわかりやすいと思います。
「幼稚園教育要領」の中の「幼稚園教育の基本」文部科学省HPから検索できます。本園HPのリンクにあります。

P1040275 (800x600)

P1040281 (800x600)
  1. 2019/01/18(金) 19:00:54|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幼稚園点描

ありがたいことに園は北側に丘陵を背負い、園庭は南に面しているために、北風を遮り、陽があたり暖かです。
園は子ども達が集団で生活していく場ですので、日々色々な出来事があります。
子ども達は毎日遊びを発見し、時には学んだことを継続しながら遊びをとおして学んでいきます。
子どもの生活はすべてが遊びであり学びです。
今の世の中、大人は自分が子ども時代があり、そこで学んだことを忘れがちです。

今日から年長組で組当番が始まりました。青組と緑組の子ども達が他のクラスに行って、先生の代わりに先生役として整列等をします。また体操後は、入ったクラスの子ど達から色々な質問に答えます。小学校進級を前に、人前で自分のことをきちんと話したりできる経験をするのがねらいです。

桃1組
DSC_0063 (800x533) (2)

桃2組
DSC_0069 (800x533)

黄組
DSC_0067 (800x533)

赤組
DSC_0068 (800x533) (2)

青組
DSC_0076 (800x533)

緑組
DSC_0072 (800x533)

玄関入り口脇のホールに設置してあるAEDのパッドの交換をしていたら、ブザーが鳴るのを聞いた年中組の男児の何人かが集まってきました。興味芯々です。わかりやすく説明したら、ひとしきり覗き込んでいました。
DSC_0087 (800x533)

DSC_0081 (800x533)

DSC_0086 (800x533)

今日から竹馬を出しました。早速挑戦する子ども達がいます。
DSC_0091 (800x533)

DSC_0104 (800x533)

冬でも砂場の滝の水が出ています。子ども達の遊びに寒暖は関係ないようです。
DSC_0089 (800x533)

山砂の遊びには今学期からショベルカー2台を出しました。ドイツ製で武骨ですが堅牢に作られていて、子ども達にも人気があります。
DSC_0095 (800x533)

DSC_0096 (800x533)

DSC_0101 (800x533)

畑の菜園にも防虫ネットを張りました。
DSC_0061 (800x533)


  1. 2019/01/16(水) 20:24:13|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

氷作り

昨日は氷雨のような厳しい凍えるような1日でしたが、今日は一転暖かな陽気でした。
連日園にいますが、冬枯れの園庭に野鳥の声だけが賑やかです。
先週金曜日の3連休前日に園児達が園庭の片隅に思い思いにカップ等に水を入れ、中に色々なものを入れて凍らせて楽しむ仕掛けをしていました。毎年この時期になると流行ります。
先ずは水から凍ることを十分楽しませた後は、置く場所(屋根があるかないか、日当たりの場所等)によって、同じ夜でもどう変わるかまた天気条件にどうなるか等を子ども達主体に考えせていくことが科学の学びにつながります。
「水が凍って氷になったし、きれいだな」は年少組(3歳児)でしたら、それで十分です。
でも年長組はもうひとつ先の学びを学ばせてあげたいものです。
そこに保育者の力量が問われますし、「遊びが学び」の本質があると思います。
明日は知人の市原市の認定こども園の園庭作りの研修に参加予定です。学べる機会に感謝です。

DSC_0068 (800x533)

DSC_0066 (800x533)
  1. 2019/01/13(日) 16:31:25|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひいらぎ

今日も冷え込みが厳しい冬日の様相です。
教室からは「もういくつ寝るとお正月・・」と歌が聞こえる時があります。私もついつい歌につられて、独りで「おしょうがつには 凧あげて こまをまわして 遊びましょう・・」と唱和しながら、楽しかった正月を回想しては悦にはいっています。

ところがそんな楽しい気分を打ち砕く情報が入ってきました。
今年もまた来月2月3日にある例の節分にかかわる情報です。毎年性懲りもなく、鬼ヶ島から鬼ヶ島太郎を筆頭に子分の鬼たちがやってくるらしいと風の噂がちらほらと聞こえてきました。
先日、今年も佐倉城南幼稚園乗っ取り大作戦のための鬼の募集を大々的に島では行ったようです。
早くも常連の鬼ダルとごん太また昨年デビューして1年目とは思えない働きをした2匹の鬼達も今年はリベンジしてやってくるらしいし、また今年デビューする新参の鬼もいるらしく、また鬼ヶ島高校の鬼も来園するかもしれません。早くも7匹の鬼が確定のようだが、太郎は20匹の鬼軍団を目標にリクルートに日々声掛け運動をしているとの噂です。
今年は2月3日が日曜日ということもあり、普段平日は仕事でなかなか参加できない鬼達も満を持して参加するかもしれません。

私は例年のごとく鬼が怖いので、節分の日当日は、お休みして布団からエールを贈りたいと思います。
でもさすがに気が引けるので、今年は新たに柊の鉢植えを2鉢用意しました。この葉をもって、私の分まで頑張って応戦してください。
節分まであと25日です。

従来からある森のウッドデッキ近くにあるヒイラギ
DSC_0014 (800x533)

新たに購入したヒイラギ
DSC_0003 (800x566)

昨年乗っ取りにきた鬼ヶ島太郎以下6匹の鬼達だ。今年も園児やスタッフの勇気で返り討ちにあうだろう。(笑)
DSC_0207 (800x535)
  1. 2019/01/10(木) 09:42:02|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

正月遊び

今日は昨日と違い北風が吹く寒い一日でしたが「子どもは風の子」の例えではありませんが、北風をものとせず、園庭で正月遊びを楽しんでいました。

追羽根の音が響きます。
DSC_0011 (800x565)

独楽遊び
独楽に紐を巻いて廻せたら、一躍ヒーローです。
私も子ども達に頼まれると、幾分緊張気味に真剣に廻します。
DSC_0023 (800x533)

DSC_0024 (800x565)

DSC_0027 (800x565)

DSC_0031 (800x533)
  1. 2019/01/09(水) 19:52:57|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ