fc2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

数える

澄み切った冬の青空が連日広がります。
園庭では北風に負けじと遊ぶ子ども達の声が響きます。先日のブログでご紹介したように友達同士で羽子板を楽しんだり、独楽廻しを教え合ったり、凧あげを一緒にあげたり、歌留多を読み手と取り手でお互いに分かれて楽しんだりと友達同士で正月遊びを楽しんでいます。
幼児教育では専門的な用語では「協同的遊び」と言われています。
大人から見ると一見何気ない子どもの遊びの風景と思われがちですが、こうした「協同的遊び」が幼児教育では大切です。
社会を生きていくうえで人間関係を学ぶ大事な学びです。
3学期は「郵便ごっこ」や「音楽劇」を予定していますが、こうした行事(遊び)をしながら、学びます。

「郵便ごっこ」といえば、皆でお財布を作り、お金をいれて年長組の「青組郵便局」と「緑組郵便局」に葉書を買いに行きます。
購入する時にお金を数えて出します。こうした遊びからも算数の基礎につながります。
但し今はだんだんお金(紙幣や貨幣)が見えにくい世の中になってきています。クレジットカードはもとより電子マネーやインターネット上での入金や振込等実物としての紙幣や貨幣のやり取りが必要ありません。

先日の報道でもありましたが、金融機関でも一定量を超えた硬貨の預け入れには、手数料が必要です。ゆうちょ銀行では今ままで無料でしたが、一定数を超えると手数料がとられるようになりました。またATMでは1枚から預入れをしても手数料がかかります。すでに一部の銀行では手数料を実施していますが、園でも時々近くの郵便局に硬貨を持ちこんで入金させてもらっていました。もちろん手間暇等うかがい知れない事情があると思うので、何とも言えません。
今は官民挙げてキャッシュレスの時代を推奨し加速化しているようで、今後益々紙幣や硬貨は縁遠くなると思います。時代の流れかもしれませんね。
あるお寺でお賽銭もスマホによる決済でできる光景を見かけました。確かにお賽銭も紙幣や硬貨ですと、後が大変かもしれません。

大人はともかく子ども時代にお金を貯めたり、小遣いを握りしめて買い物に行く時代は風前の灯かもしれません。
子ども達も電子マネーでお買い物かもしれませんね。自分が小学生の時は駄菓子屋があり、お金を負けてもらったり数えて買い物したりお釣りをもらうことで、算数の勉強になりました。
但し幼児は、大人と違い実物(紙幣や貨幣)を使い学びます。
今後そうした経験が少なくなることが心配ですし、「お金」という実態が分からなくなる杞憂はありますが、すべては時代の中で解決したりすることと信じています。


園では数の基本として先ずは「5」までを教えます。それが理解できるようになると「5+5=10」と教えます。
保育室内の椅子も片付ける時は5脚で重ねておきます。「5」までの数の構成分解を最初に理解させることが基本で大切です。
DSC_0503.jpg

  1. 2022/01/18(火) 19:33:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月誕生会

先週14日(金)に1月生まれの誕生会を行いました。
1月生まれ10名と12月生まれ2名(12月誕生会欠席)の誕生をお祝いしました。

年長、年中、年少と誕生を祝う子ども達が順番に入場し、壇上にあがります。
DSC_0504.jpg

DSC_0507.jpg

壇上で12人全員が揃いました。お祝いの壁面は今年の干支にちなんで「寅」題材に選びます。壁面は司会の先生が担当します。壁面はその月にちなんだ季節の飾りや行事を題材にする時があります。
DSC_0510_20220114141850b78.jpg

DSC_0510_20220114141850b78.jpg

お祝いの歌「たんじょうび」は感染予防を考慮して、司会の先生のみ歌い、園児や他のスタッフは拍手でお祝いしました。
DSC_0517_202201141418528f8.jpg

今月のプレゼントは緑組が作りました。
DSC_0518.jpg

DSC_0521.jpg

プレゼント名は「みどりくみ そらまで とぶ はごいた」です。1月のお正月遊びにふさわしいプレゼントですね。追羽根も可愛いですね。
DSC_0532.jpg

緑組のK先生が作り方や使い方を説明してくれます。
DSC_0528_20220114141856128.jpg

K先生と司会のT先生が早速実際に壇上でやってくれました。
DSC_0529_20220114141858e96.jpg

お楽しみは先生たちによるマジックショーです。
DSC_0536.jpg

DSC_0539.jpg

DSC_0543.jpg

DSC_0545.jpg

DSC_0550_20220114142103721.jpg

最後は移動するマジックでした。
DSC_0553_20220114142105385.jpg

DSC_0555_202201141421065f1.jpg

DSC_0557_2022011414210844d.jpg

DSC_0562_20220114142109073.jpg

DSC_0563_202201141421129fa.jpg

DSC_0568.jpg
  1. 2022/01/16(日) 22:54:49|
  2. 誕生会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正月遊び

今日は少し風がありましたが、雲ひとつないう真っ青に澄み切った冬空でした。
園庭ではこの時季ならではの遊びに興じる子ども達も見かけます。
凧あげや羽子板また独楽で遊ぶ子ども達もいたようです。こういう時世で外出できにくい世の中だけに、園庭で遊びこむことで心身を発散して欲しいと願っています。

正月遊びあれこれ
独楽を紐で回せるようになると、ヒーローです。
DSC_0492_20220113181419752.jpg

羽子板の追羽根の音が響きます。
DSC_0493_202201131814201f5.jpg

凧あげはなかなか難しい、走りながら風にのせておよがせます。
DSC_0496_202201131814220c3.jpg

DSC_0497.jpg

番外編
冬でもいつも水遊びは欠かせません。滝から流れる水の音から聞こえる子ども達の歓声が北風をはねのけるようです。
DSC_0486_202201131814166e1.jpg

DSC_0488_20220113181418ddf.jpg

  1. 2022/01/13(木) 18:38:04|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

身体測定

今日と明日の2日間で身長と体重を測定します。
以前私が測定している時に一人ひとりに「背が伸びたね」「体重が増えて大きくなったね」と話すと、嬉しそうな顔を見せてくれます。時には「たくさん遊んでいるからかな」「ご飯をたくさん食べているね亅と話す時もあります。
子ども達は大きくなることが嬉しく、身体測定のみならず誕生日が来てひとつ年を取ってお兄さんやお姉さんになることも嬉しいものです。

そこが大人と違うところかもしれません。大人になって誕生日が来ることを素直に喜べる人はあまり聞きませんし、中には永遠の若さで自分を封印しがちです。
子ども達はいつも今と未来を見ながら生きていきます。
コロナ禍の中で大人は後戻り出来ても、子ども達や若い人達は今この時が大事で、後戻りできない時間がむざむざと過ぎていきます。
一刻も早い終息が望まれます。

DSC_0492.jpg

DSC_0500_20220112183915b15.jpg
  1. 2022/01/12(水) 18:40:16|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第3学期始業の日

久しぶりに幼稚園に子どもたちの声が響きます。
あいにくの雨で園庭では遊べませんでしたが、友達と久しぶりの再会を楽しんだり正月遊びに興じている子ども達もいたようです。
正月遊びとして凧あげ、歌留多、双六また福笑いを用意しました。
オミクロン株の感染が気になりますが、感染予防に留意しながら、園生活を楽しんでいきたいと思います。

DSC_0486 (2)
  1. 2022/01/11(火) 23:41:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ