fc2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

避難訓練

今日は避難訓練を実施しました。
本来ですと、佐倉消防署に依頼して、署員の方の立会いの下に実施するのですが、こういう状況下ですので、教職員と園児で行いました。
前回は保育室にいる時に非常ベルを鳴らしましたが、今回は園庭で自由遊びの時に実施しました。
非常ベルの合図で先生が先導して、隣接している麦田公園まで避難しました。
それと同時に園の安全計画に従って、職員室にいる事務職員等がそれぞれ分かれて保育室や手洗いまた遊戯室などすべての部屋を目視して、逃げ遅れた園児がいなかいどうかを確認して、私(園長)に園舎内にひとりも子どもが残っていないことを報告します。
私はその後、麦田公園に行き、先に避難していた職員から今日在籍している園児の人数を数えて全員避難している旨の報告を受けました。
その後、子ども達に「命はお金で買うことはできない世の中で一番大切な大事なもので、物はお店で買うことはできても命は売っていない」という話をしました。
また避難する時は「お・か・し・も」の合言葉で避難するように伝え、皆で合言葉を唱和し、あらためて言葉の意味を話しました。「備えあれば憂いなし」の言葉ではありませんが、定期的にすることで、万が一何かあった時に教職員にも園児にとっても役立つと思います。
幸い園の規模がこじんまりしていること、隣接して公園があることや建物が平屋建てで全保育室がそれぞれ園庭に面していて直ぐに避難できる建物の特性はありがたいのですが、それに甘んじることなく、毎年見直しながら策定している安全計画に基づきながら、これからも園児の安全に留意していきたいと思います。

  おさない
 かけない
 しゃべらない
 もどらない

慌てずに公園に避難するように誘導します。
DSC_0524_202201211751139b5.jpg

DSC_0526.jpg

避難した麦田公園
DSC_0528_202201211751169cf.jpg

DSC_0529_20220121175118c3a.jpg

  1. 2022/01/21(金) 17:52:26|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドッチボール

この時季になるとボール遊びが始まり、園庭でサッカーやドッジボールを楽しむ光景が見られます。
年長組はドッジボールが人気です。今年は知人のスポーツ店にお願いして、色々な種類があるボールの中から、幼児がするドッジボールにふさわしいボールを選んでもらい、今日、納品されました。
近く出す予定です。楽しんでくれることと願っています。

DSC_0521_20220120174427892.jpg
  1. 2022/01/20(木) 17:44:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昼食

子ども達にとって昼食は園生活での楽しみのひとつです。
原則1号園児は週の水曜日のみ弁当持参で後の週4日は曜日で弁当か給食選択制、2号園児も週5日の内に曜日で弁当か給食か選べます。
例えば2号でも週5日弁当持参の園児もいれば、5日給食の園児さんもいますし、週3日は弁当後の2日は給食、1号も1日弁当で後の4日間は給食また週3日は弁当で後の2日間は給食とそれぞれご家庭により違います。
園としては正直一斉にしたほうが事務管理や給食代金請求するうえで手間費を考えると正直ありがたいのですが、子ども一人ひとり又それぞれの家庭のスタイルの中で考えて欲しいとという思いから実施しています。
学期ごとに給食か弁当持参かも変更可能ですので、学年や子どもさんの状況に合わせてかえる利点もあります。
保護者にも関心を持ってもらえます。
たまに保護者の方から「弁当と給食で同じではなくて、子ども同士でそうしたことでお互いにうらやんだりする心配や肩身が狭くなることはありませんか」とのご質問を受ける時がありますが、自分の昼食が一番ですし、またお互いに違うことを認めあえる気持ちを持つことが大切です。多様性というと大げさかもしれませんが、それぞれの立場での選択をお互いに尊重し合えることが大切と思っています。集団生活のルールはもちろん大切ですし否定はしませんが、幼児の食事まで一斉が全て同じが良いかどうかは疑問の余地があります。

食は人間が生活を営む上でとても大事だと思います。日頃の食生活が健康を維持するうえで大切なのは誰もがわかっているのですが、なかなか病気にならないと気に留めません。私も主治医の先生から昨今メタボと診断されて、食生活の改善を言われてから、完璧とまでは言いませんが、少し見直すようにしています。酒量はともかく多少お酒をたしなむ機会もあったのですが、このコロナ禍と相まってそうした機会もなくなり、数値もだいぶ良くなり、改めて薬に頼るのではなく毎日の食生活の大切さを身にしみて感じています。

幼児の食の基本はやはり食事が楽しいと思う雰囲気の中で食べることが大切です。今はアクリル板や黙食が励行されていますが、幼児は園生活の中で食事時以外にもすでに密の状態の中で一緒に遊んだりしているので、飛沫感染のリスクを差し引いてもどうかなと思います。
それよりも保育室内の空間除菌や空気清浄したほうが有効のように思います。

今は飲食店のリスクが話題になっていますが、グループでワイワイ飲食するのではなく、独り静かにカウンターなどで自分自身と語り酒肴を楽しみながらお酒を飲めば、リスクも下がると思いますが、楽しみ方は人それぞれなので致し方ない面もあるかもしれません。
助成金のことで色々な意見が飛び交い、時には妬みや嫉妬等人間の嫌な面が見えるのもコロナウイルスの功罪ですね。

近く千葉県内に「蔓延(まんえん)防止等重点措置」が1月21日~2月13日まで発令されますが、園は現時点では通常通りの運営をして、園児達が園でたくさん遊んで心身を開放して欲しいと願っています。
「よく遊んでよく食べてよく寝る」ことでウイルスへの抵抗力をつけて欲しいと思います。
こういう時世だからこそ、おひさまの下でたくさん遊べるような保育を心がけていきたいと思います。

今日の給食
DSC_0514.jpg

さかなのたつたあげ ホイコウロウ ツナサラダ
DSC_0512.jpg

再掲載
左側ふたつのの暖飯器は私が勤務する前からあります。先日、この暖飯器を一目見たいと遠路栃木県からご夫婦で来園されました。昭和時代のものが大好きで、「暖飯器」で検索した時に上位でヒットしたそうで、ご連絡をいただきました。
暖飯器の写真を撮影され、昼食用にと持参された金属製の弁当箱を温めていかれました。以前日本テレビの「news every.」で取材されたことがありますが、だんだん昭和生まれの貴重な物になるかもしれませんね。
DSC_2805.jpg

朝クラスの当番の人が保育室から暖飯器がある職員室まで弁当を運び、食べる時に職員室から保育室まで箱に入れて部屋まで運びます。4人で息を揃えて運搬しないと、傾いてしまいます。こうしたバランスをとりながら運ぶのも学びです。
DSC_0508_20220119190141707.jpg

[昼食]の続きを読む
  1. 2022/01/19(水) 19:11:22|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

数える

澄み切った冬の青空が連日広がります。
園庭では北風に負けじと遊ぶ子ども達の声が響きます。先日のブログでご紹介したように友達同士で羽子板を楽しんだり、独楽廻しを教え合ったり、凧あげを一緒にあげたり、歌留多を読み手と取り手でお互いに分かれて楽しんだりと友達同士で正月遊びを楽しんでいます。
幼児教育では専門的な用語では「協同的遊び」と言われています。
大人から見ると一見何気ない子どもの遊びの風景と思われがちですが、こうした「協同的遊び」が幼児教育では大切です。
社会を生きていくうえで人間関係を学ぶ大事な学びです。
3学期は「郵便ごっこ」や「音楽劇」を予定していますが、こうした行事(遊び)をしながら、学びます。

「郵便ごっこ」といえば、皆でお財布を作り、お金をいれて年長組の「青組郵便局」と「緑組郵便局」に葉書を買いに行きます。
購入する時にお金を数えて出します。こうした遊びからも算数の基礎につながります。
但し今はだんだんお金(紙幣や貨幣)が見えにくい世の中になってきています。クレジットカードはもとより電子マネーやインターネット上での入金や振込等実物としての紙幣や貨幣のやり取りが必要ありません。

先日の報道でもありましたが、金融機関でも一定量を超えた硬貨の預け入れには、手数料が必要です。ゆうちょ銀行では今ままで無料でしたが、一定数を超えると手数料がとられるようになりました。またATMでは1枚から預入れをしても手数料がかかります。すでに一部の銀行では手数料を実施していますが、園でも時々近くの郵便局に硬貨を持ちこんで入金させてもらっていました。もちろん手間暇等うかがい知れない事情があると思うので、何とも言えません。
今は官民挙げてキャッシュレスの時代を推奨し加速化しているようで、今後益々紙幣や硬貨は縁遠くなると思います。時代の流れかもしれませんね。
あるお寺でお賽銭もスマホによる決済でできる光景を見かけました。確かにお賽銭も紙幣や硬貨ですと、後が大変かもしれません。

大人はともかく子ども時代にお金を貯めたり、小遣いを握りしめて買い物に行く時代は風前の灯かもしれません。
子ども達も電子マネーでお買い物かもしれませんね。自分が小学生の時は駄菓子屋があり、お金を負けてもらったり数えて買い物したりお釣りをもらうことで、算数の勉強になりました。
但し幼児は、大人と違い実物(紙幣や貨幣)を使い学びます。
今後そうした経験が少なくなることが心配ですし、「お金」という実態が分からなくなる杞憂はありますが、すべては時代の中で解決したりすることと信じています。


園では数の基本として先ずは「5」までを教えます。それが理解できるようになると「5+5=10」と教えます。
保育室内の椅子も片付ける時は5脚で重ねておきます。「5」までの数の構成分解を最初に理解させることが基本で大切です。
DSC_0503.jpg

  1. 2022/01/18(火) 19:33:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月誕生会

先週14日(金)に1月生まれの誕生会を行いました。
1月生まれ10名と12月生まれ2名(12月誕生会欠席)の誕生をお祝いしました。

年長、年中、年少と誕生を祝う子ども達が順番に入場し、壇上にあがります。
DSC_0504.jpg

DSC_0507.jpg

壇上で12人全員が揃いました。お祝いの壁面は今年の干支にちなんで「寅」題材に選びます。壁面は司会の先生が担当します。壁面はその月にちなんだ季節の飾りや行事を題材にする時があります。
DSC_0510_20220114141850b78.jpg

DSC_0510_20220114141850b78.jpg

お祝いの歌「たんじょうび」は感染予防を考慮して、司会の先生のみ歌い、園児や他のスタッフは拍手でお祝いしました。
DSC_0517_202201141418528f8.jpg

今月のプレゼントは緑組が作りました。
DSC_0518.jpg

DSC_0521.jpg

プレゼント名は「みどりくみ そらまで とぶ はごいた」です。1月のお正月遊びにふさわしいプレゼントですね。追羽根も可愛いですね。
DSC_0532.jpg

緑組のK先生が作り方や使い方を説明してくれます。
DSC_0528_20220114141856128.jpg

K先生と司会のT先生が早速実際に壇上でやってくれました。
DSC_0529_20220114141858e96.jpg

お楽しみは先生たちによるマジックショーです。
DSC_0536.jpg

DSC_0539.jpg

DSC_0543.jpg

DSC_0545.jpg

DSC_0550_20220114142103721.jpg

最後は移動するマジックでした。
DSC_0553_20220114142105385.jpg

DSC_0555_202201141421065f1.jpg

DSC_0557_2022011414210844d.jpg

DSC_0562_20220114142109073.jpg

DSC_0563_202201141421129fa.jpg

DSC_0568.jpg
  1. 2022/01/16(日) 22:54:49|
  2. 誕生会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ